海津大崎の桜2018の開花予想と見頃|アクセスや駐車場・交通規制も調査

2018年3月4日

海津大橋は琵琶湖の近くにある高島市マキノ町にある桜の名所で「日本のさくら名所100選」にも選ばれています。

樹齢80年を超える老桜から若い木まであります。

遅咲きの桜が多いのが特徴です。

800本のソメヨシノが4キロにわたって桜並木が続きています。

そんな海津大崎の開花と見頃はいつでしょうか。

アクセスや駐車場も確認しておきましょう。

スポンサーリンク

海津大崎の桜の魅力

海津大崎の岬の先端の断崖には真言宗智山派の大崎寺があります。

また、海津大橋東口からは自然遊歩道「近江の辺の道」などあり散歩ができます。

滋賀県奥琵琶湖の自然を満喫できます。

大崎寺には千貫松や弁天松とよばれる老松に春は一面に桜が咲き、美しい景観をみることができます。

大崎寺には展望台からみえる景観は素晴らしく、滋賀県や海津大崎を代表する人気のオススメのスポットです。

奥琵琶湖桜ルート(海津大崎~奥琵琶湖パークウェイ)のルートは約23キロに約3800本の桜があり桜並木が続いています

そんな奥琵琶湖ルートは滋賀県を代表するオススメのスポットで琵琶湖の水の青と桜のピンク色のコントラストは美しく、琵琶湖でも随一の景色を見ることができます。

安土城の血天井は海津大橋の県道西浅井マキノ線第一トンネルの手前の石段を登ったところに大崎の朱塗りの本堂と阿弥陀堂がります。

その阿弥陀堂は安土城が落城の際に血がついた城材を利用していることから「安土城の血天井」として知られています。

これはぜひいってみたいスポットですね。歴史の重みを感じてみたいです。

以下海津大崎の桜をバイクで走った時の動画です。

こんな美しい桜並木をバイクで走るとさぞかし気持ちいいんでしょうね。

津大橋の桜の見頃と開花時期

今年は冬が寒く長いせいで多少前後するかもしれませんが例年の桜の見頃は4月中旬です。

海津大崎の桜の開花は京都市内の丸山公園付近の開花よりも1週間程度、彦根の開花より3日程度遅くなるといわれています。

去年の丸山公園の桜の開花時期は4月10日前後でした。

なので、4月17日前後が開花時期です。

スポンサーリンク

大津大橋へのアクセス方法と駐車場

公共交通機関(電車&バス)

JR湖西線「マキノ駅」下車後、湖国バス国境線に乗車し「海津1区」下車後、徒歩5分

JR湖西線 「マキノ駅」下車後、マキノタウンバス・マキノ高原線に乗車「海津大崎っ口」下車後、徒歩5分

北陸自動車道「木之本IC」下車後、161号を経由して約30分
名神高速「京都東IC」下車後、西大津バイパス、国道161号を経由して約1時間10分。

駐車場は海津大崎周辺には駐車場はありませんので、IRマキノ駅の駐車場もしくは駅周辺の臨時駐車場を利用してください。

2017年は土砂崩れがあって一部通行止め、交通規制がありました。

土砂崩れなどの天変地異はいつ起こるか分からないので、ガードマンの方が誘導してくれているのでその時はきちんと従いましょうね。

花見船桜クルーズ

咲き誇るピンク色の桜の花の三色のコントラストをみることができるのが海津大崎の一番の見どころだと思います。

予約が必要になりますが、桜の開花時期に合わせて観光遊覧船も運航しています。

湖上から眺める桜並木も地図とは違った趣があってインスタ映えすること間違いなしです。

大津大崎のお花見におすすめのホテル

大津大崎の桜を見るために遠方から来る人もいるとおもいます。

そんな時におすすめのホテルは↓↓です。

大津大崎周辺の湖西・高島・マキノ地区のおすすめのホテル

まとめ

ずっと桜の季節は実家の近くの桜くらいしか生で見たことないのですが動画を探していたときに綺麗な動画を何個も見て「実家の桜もきれいだけど他の桜並木もみてみたいな」と思いました。

今住んでいるところの近くにも桜はあるのですが「並木道」という訳ではないし少し遠出してお弁当付くを作っていってみようかな、と思いました。

関連記事:全国のおすすめのお花見スポットの情報もご覧ください。
日本全国の桜・お花見の開花予想・見頃、アクセス・駐車場まとめ