神谷明はドラゴンボールの何役?コナンを降板した理由とは?

2018年7月5日


キン肉マンや冴羽リョウ、ケンシロウ、毛利小五郎で有名な神谷明さんはいまでも大活躍ですよね。

そんな神谷明さんですが、ドラゴンボールにいつ何役ででていたのかということとコナンを降板した理由が気になっている人が多いようです。

神谷明さんとドラゴンボールとコナンを降板した理由について書いていきます。

スポンサーリンク

神谷明さんはドラゴンボールにいつ何役で出ていた?


神谷明さんはドラゴンボールZの最初で1989年に上映されたであるガーリックJr.役として出ていました。

この劇場版はドラゴンボールZでサブタイトルはないんですね。

ドラゴンボールZ劇場版1作目1989年

だから、ドラゴンボールZの劇場版1989年版とガーリックJrに出ていたということにしましょう。(笑)

ちなみにテレビ版でもガーリックJrは出てくるのですが、神谷明さんではなく千葉繁さんが演じられています。

神谷さんと千葉さんはライバル関係の役柄で共演することが多くて、うる星やつら(諸星あたる《古川》&面堂終太郎《神谷》)や北斗の拳(ケンシロウ《神谷》&シン《古川》)が有名ですよね。

キャスティングされたのは監督の西尾大介さんがうる星やつらのファンで「神谷のライバルは当然古川だろう」という理由だそうです。

テレビ版には神谷明さんはでていません。

理由はスケジュールの都合上です。

神谷さんも千葉繁さんも北斗の拳に出ていましたけど、今考えてみるとドラゴンボールの声優はすごすぎてヤバイですね。

どれだけお金がかかっていたんだろうと思いますよね。

当時はバブルだったからできたということなんでしょうかね。

次に神谷明さんがコナンを降板理由した理由についていきましょう。

スポンサーリンク

神谷明さんがコナンを降板した理由

神谷明さんがコナンの毛利小五郎を降板した理由は簡単にいえば契約のことで製作者ともめたということです。

そのため、553話から後任の小山力也さんへ変更になっています。

コナン553話を見るならこちら

小山さんはレギュラーになる前にも2000年に放送されたアニメの199、200話に出演されていたので、レギュラーになるまで9年かかったのですね。

この記事を書くまでコナンの毛利小五郎さんが神谷明さんから変わっていたことを恥ずかしながら知りませんでした。

いずれ誰かがやるんだろうとは思っていましたが、神谷明さん以外適役がいるのかと思っていました。

無事に小山さんという適役が見つかったよかったですね。(^^)

先程書いたように何が次の仕事につながるかわからないからできることは何でもやって露出を増やしておくことが大切だと思いました。

もしかすると、小山力也さんもゲストでコナンに出ていなかったら、2台目の毛利小五郎に選ばれてなかったでしょうし。

神谷明さんもうる星やつらに出ていなかったらガーリックJrとしてドラゴンボールに出ることもなかったでしょうしね。

好循環というのはまさにこういうことですね。

世の中には悪循環と好循環しかないので、どんどんやるひとは伸びていきやらない人はどんどん衰退していくということですね。

とにかくできることからやっていきましょう。

神谷明さんのようにはなれないけど、町内の運動会で優勝を競えるレベルに頑張ればいいのですから。(笑)

まとめ

神谷明さんについて書いていきましたが、世の中何が起こるか分かりませんね。

とにかく今できることを淡々とやっていき、未来の可能性を広げていきましょう。