美容院での緊張してでる汗は迷惑?デリケートな悩みを解決する方法

2018年10月14日

美容院は、カットやカラーだけでなくシャンプーやブローなどをしてもらってとても気持ちよく過ごせる場所です。

 

そんな美容院でみんなが気になってしまうのが、自分の汗についての問題です。

 

 

夏場や汗っかきの人は、美容院に着く前や施術をしてもらっている最中にどうしても汗だくになってしまうこともありますよね。

 

汗をかいているとき、美容師さんにどう思われているのか気になってしまいます。

 

実際、美容院での汗は迷惑と思われているのでしょうか…。

 

その真相にせまってみました!

 

スポンサーリンク

美容院での汗をかいてると迷惑どころか全然気にしていない!?

 

本人からすれば、お客さんが汗をかいていたら美容師さんは嫌なのではないかと思ってしまいますよね。

 

しかし実際には、美容院に来たお客さんが汗をかいている状態でも、美容師さんからすればまったく気にしていません。

美容師さんに聞いてみました。

 

夏場であれば汗をかくのは当然ですし、汗っかきの人であれば汗をかいてしまうのは仕方のないことです。

 

 

美容院では、最初にどうせシャワーやシャンプーをすることがほとんどですので、お店に来たときに汗だくであろうと特に問題はないのです。

 

むしろ、夏であれば暑い日にわざわざお店に来てくれた感謝の気持ちの方が大きいようです。

 

美容師さんは毎日たくさんの人を相手にする仕事です。

 

 

汗をかいているお客さんや汗っかきのお客さんに対しても偏見はなく、さほど気にせず仕事に取り組んでいます。

 

お店によっては、汗をかいているお客さんであれば冷たいお茶を最初に提供したり、冷たいタオルで首元を冷やすサービスを行っているところもあるようです。

 

そういった気遣いが逆に恥ずかしくなってしまうというお客さんもいます。

 

 

しかし、そういった対応をしているお客さんはたくさんいますので、美容師さんはまったく気にしていません。

 

どうしても、こんなに汗をかいているのは、汗っかきなお客さんは自分だけなのではないかと思ってしまいがちです。

 

しかし、お客さん1人だけのために新しいサービスを導入するというのはなかなかできることではありません。

 

汗をかくお客さんがたくさんいるために、そういった涼しくなるようなサービスをお店は考えるのです。

 

スポンサーリンク

美容院で汗をかかないための簡単にできる対策

たとえばお店についたときの汗が気になる人であれば、席に案内してもらう前にお手洗いを借りるとよいです。

 

お手洗いで少し汗を落ち着かせたり、タオルや汗拭きシートで汗を拭くこともできます。

 

しかし、美容院ではケープを着せられたりドライヤーで髪の毛を乾かしたり、暑くなって汗をかきやすくなってしまう場面がたくさんあります。

 

 

なかなか完全に汗を抑えるというのはどうしても難しいのですが、少しでも汗をかかないようにするために美容院に行くときはなるべく薄着で行くという人もいます。

 

 

美容院は室内で空調も効いていますので、羽織は持っていって受付に預ければ、施術中は少しでも暑さを和らげることができるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

美容院でお客さんが汗をかいていても、美容師さんからすればまったく気にならないというのはとても安心できますね。

 

汗というものは生理現象で、直接不潔につながるものではありません。

 

暑いときには素直に暑いといえば、ドライヤーを冷風にしてくれたり、涼しくなるように美容師さんも対応してくれます。

 

 

恥ずかしくてなかなか言い出しにくいことですが、はっきり伝えることで、ずっと汗だくのまま過ごすということもなく、快適に過ごせるかもしれませんね。