PR

旧センター試験(共通テスト)の当日の服装は現役高校生は私服でもOK?

この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

 

センター試験では、会場には私服の人もいれば制服の人もいます。

 

そういう話を聞くと、実際に試験当日には私服で行けばいいのか、制服で行ったほうがいいのか迷ってしまいますよね。

 

周りと違った服装で行って、周りから浮いてしまわないか心配という学生さんもいると思います。

 

 

センター試験の当日では、現役の高校生の場合どういった服装で参加すればよいのでしょうか。

現役高校生の場合、センター試験はどんな服装で参加すべき?

 現役高校生の場合、実際には制服で参加する学生がほとんどです。

 

会場には私服の人もいますが、多くは現役生ではないことがほとんどです。

 

現役生の場合、私服で行くか迷ったり、私服で何を着ていくかを考えるよりは、その分の時間を少しでも勉強にまわし、試験当日は制服で参加するのがおすすめです。

 

 

私服で参加するとなると、この服装では浮いてしまわないかなど気を遣うことも多くなってしまいがちです。

 

現役の学生の場合、制服の人が多いのでそちらの方が無難とも言えます。

 

また、これまで長い間ずっと制服で勉強をしてきたので、いつもと同じ服装で参加するようにしたいという人や、気を引き締めるために制服で参加するという人も多いです。

 

慣れ親しんだ格好で、なるべく普段と同じ服装で挑むことも、緊張する試験を成功させるコツになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

防寒対策が大事

センター試験の日に気になるのが、会場での防寒対策です。

 

女子の場合、制服だとスカートになってしまうので、会場で寒くないかと心配という人も多いと思います。

 

試験当日はコートやマフラーでしっかり防寒対策をしていくことがおすすめです。

 

また、会場ではコートやマフラーは脱いでしまうので、足元はタイツや靴下などでしっかり温かくしていくようにしましょう。

 

貼るカイロなどを使用して体を温めるのもおすすめです。

 

会場は室内になりますが、部屋が広いことも多く、しっかり暖房が部屋全体に効いてくれない可能性も大いにあります。

 

寒さで集中が妨げられたり、体調を悪くしてしまうのは絶対に避けたいですよね。

 

私服でも制服でも、防寒対策をしっかり忘れないようにしましょう。

 

まとめ

センター試験当日の服装は、現役高校生の場合制服で参加する人が多いです。

 

試験当日は、学校の先生が応援に来てくれることも多いと思いますので、制服のほうが先生も会場で生徒を見つけやすく、応援の言葉を逃さずもらえるかもしれませんね。

 

制服でも、カーディガンやタイツなどでしっかり着込めば防寒対策もできます。

3年間の思い出が詰まった制服で参加するのも、とても素敵ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました