PR

【親必読】​​成人式欠席・不参加したい理由トップ6を紹介!

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

一生に一度の成人式なのに、娘が参加したくないと言っています。

母親としては、かなり不安で、なぜ娘が成人式に行きたくないのか理解できません。

娘に振袖を着せてあげたい気持ちはありますが、ど

うしたら良いかわからない状況です。

こうした疑問にお答えします。

 

自分の娘が成人式に参加することが当然だと思い、準備を進めていたら、娘が行きたくないと言われてしまい、どうすれば良いのか悩んでいる方もいるでしょう。

一生に一度の成人式で、娘に振袖を着せてあげたいと思っていても、状況は複雑ですよね?

しかし、現在では成人式に参加しない選択肢も一般的になっています。

 

親が思うほど、通過儀礼としての成人式に対する意識が高くないこともあるかもしれません。

この記事では、現代の10代が成人式に参加しない理由について解説します。

 

簡単に言えば、親が考えるほど成人式が重要視されていないことや、成人式に対するイメージの違いが一因かもしれません。

 

詳しく掘り下げて説明しますので、娘が成人式に参加したくない理由に興味がある方は、最後までお読みいただければと思います。

 

この記事を読んでほしいひと

  • 娘が成人式に参加したくない理由を知りたい方
  • 成人式に参加しない場合でも振袖を着せたい方
  • 急に参加が決まった場合の対処法を知りたい方

成人式に行かない・行きたくない理由6選

成人式に行かない理由は様々ですが、

最近よく聞かれる理由をまとめてみました。

学生時代の友達が少ない

成人式に出席したくない理由の一つに、

学生時代の友達が少ないというものがあります。

 

自分の成人式に友達がいない、会いたい友達がいないという場合、成人式に行く気が起きないことでしょう。

振袖を着ても褒めてもらえない、声をかけてもらえないという経験は楽しくないでしょう。

学生時代のトラウマ

学生時代にいじめやトラウマを経験した場合、成人式どころか、同級生と再会することを避けたいと思うことがあります。

いじめにあった経験が深刻なトラウマとなっている場合、

同窓会や成人式への参加は難しいことでしょう。

転勤族で地元がない

親が転勤族で地元を持たない場合、成人式に参加する動機が薄いことがあります。

地元と呼べる場所がないため、

成人式に出席する意義があまり感じられないことでしょう。

転勤が頻繁で地域に愛着がない場合、

どこの地域の成人式に参加すべきかも迷うことでしょう。

振袖を買ってもらえなかった

振袖の購入やレンタルにかかる費用や、

自分の希望通りの振袖を買ってもらえなかった場合、成人式に参加したくないという理由があります。

成人式には振袖姿で参加することが一般的ですが、

自分の希望通りの振袖を手に入れられない場合、スーツでの参加を嫌がることでしょう。

仕事が忙しい

成人式の時期は学生と社会人の境目であり、

仕事が忙しい人も多いです。

 

単純に仕事が忙しいために成人式に参加できない場合もあります。

成人式の日程が分かっていれば、

仕事の休みを取るように計画することができますが、

社会に出たばかりで休みを申請しにくい場合もあるでしょう。

親としてはアドバイスを提供し、

仕事が忙しいからという理由で成人式を逃すことがないようにサポートすることが大切です。

コロナの影響で人ごみを避ける

近年では新型コロナウイルスの影響で成人式に参加したくないという理由も増えています。

 

特に2023年1月時点では感染拡大が懸念され、

就職先や学校から成人式の出席自粛の要請がある場合もありました。

感染リスクを避けるため、成人式に参加しないという選択をする人が増えています。

成人式への出席は必要か?そのメリットは?

成人=大人という一般的な考え方から見ると、

成人式に出席することには多くのメリットがあります。

  1. 自身が大人になったことを実感できる。
  2. 家族が自分を成人として認めてくれる。
  3. 社会も自分を成人として受け入れてくれる。
スポンサーリンク

成人式に参加しない場合の対策方法

成人式に参加する女性のうち、約90%が振袖を着用しています。

振袖を持っていない状況で、成人式に出席しない場合には、以下の方法を考えてみてください。

ママ振りを活用して写真撮影

成人式に出席しない場合でも、

ママ振りを活用して娘さんの振袖姿を写真に収めることができます。

 

地元の写真館で撮影するのも一つの方法ですし、

専門のカメラマンを呼んで出張撮影を依頼することもできます。

ネットで格安振袖のレンタルと写真撮影を検討

ママ振りを用意できない場合、インターネットで格安で振袖をレンタルし、

写真撮影を検討することもおすすめです。

 

成人式のシーズン以外なら、2万円前後で振袖のレンタルが可能な場所もあります。

 

振袖のレンタルと写真撮影を組み合わせて、10万円以内で済ませることも可能です。

 

成人式に行かない・行きたくない理由6選|まとめ

さまざまな理由が存在しますが、

上記の5つの理由が比較的多く挙げられています。

 

自分の娘さんが成人式に参加したくないと言った場合、

これらの理由を考慮に入れてみてください。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました