PR

夜鳴きそばの発祥・由来・意味・歴史について徹底調査!

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

インホテルでの滞在者特典として「夜鳴きそばが無料で楽しめます」というオプションが増えてきていますが、何故このサービスが特別なのか、はたまた夜鳴きそばが何であるのか、その意義から解説します。

 

さらに、なぜそれが夜鳴きそばと名付けられたのか、その歴史とは何か、これらについても調査しましたので、興味がある方はぜひご覧ください。

 

それでは夜鳴きそばについて詳しく見ていきましょう。

 

夜鳴きそばとは何か?

 

初めに、何が夜鳴きそばなのかを理解するために、それが何であるかについて詳しく説明します。夜鳴きそばは、基本的に宿泊者限定で、大体夜の22時前後に提供されるラーメンのことを指すのです。

 

その目的は、深夜にちょっとだけお腹が空いた時に食べられるラーメンとなります。いろいろなホテルが予約客向けに夜鳴きそばを提供していますが、特に共立リゾートグループのホテルではこれが一つの魅力となっています。

共立リゾート(ドーミーイン)で夜鳴きそばが提供されるようになった背景

共立リゾートが運営するドーミーインなどのホテルでは、21時から23時までの間に、「夜鳴きそば」という名のラーメンを宿泊者に無料で提供しています。これはゲストが自分の部屋を離れて、スタッフや同じ場所にいる他の人々と少しだけでも交流を持てる機会を作るという思いから始まったサービスです。

 

具材は醤油ベースのスープに半分の麺と、ネギ、アオサ、メンマというまさにシンプルな内容ですが、それはすべてが深夜の軽食として考えられていて、翌日に影響を与えないよう配慮されています。

 

なぜ夜鳴きそばと呼ばれるのか?

 

次に、なぜ夜鳴きそばと呼ばれるのか、その起源について解説します。様々な理論が存在しますが、一つは、屋台のラーメンの定番音楽、チャルメラの憂鬱な音が由来だという説があります。 また、「夜泣き」ではなく「夜鳴き」であることから、夜鷹そばという常夜食の起源とする意見もあります。

 

遥か昔には実際に蕎麦だったとされていますが、今ではラーメンに置き換えられ、風鈴の音色が呼び物のチャルメラに変わったと言われています。

 

スポンサーリンク

夜鳴きそばのサービングサイズとは?

 

次に、夜鳴きそばのサービングサイズについて説明します。一般的には、夜10時くらいから提供されるので、夕飯後のレイトスナックとしてはちょうど良い量が提供されます。

 

個人的には、いつものラーメンの約3分の1から半分のサイズと思えばよいでしょう。

 

共立リゾートグループの夜鳴きそばのサービングサイズはこの程度ですが、もし物足りない場合は追加のオーダーも可能ですので、2杯目以降もゆっくりと楽しんでいただけます。

 

まとめ

今回説明したように、夜鳴きそばはその起源、発展、そしてサービングサイズ等、様々な興味深い特徴を持っている一品です。多くのホテルがこれを就寝前の無料サービスとして提供し、夜にちょっとお腹が空いた時に楽しむことができます。

 

こういった独自の名称が既に江戸時代からあったという事実から、その歴史の深さを感じることができます。

 

前述した夜鳴きそばに興味を持った方は、一度このサービスを提供しているホテルに滞在してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました