2018年賀状お年玉の当選番号の発表日・時間はいつ?

2017年12月12日

新年の楽しみの一つである年賀状。

年賀状にはお年玉くじが付いているのを知っていますか?

もし当選していれば誰でも景品をもらうことができます。

今回は当選番号の発表や確認方法について詳しくまとめてみました。

 

スポンサーリンク

年賀状お年玉の当選番号の発表日・時間はいつどこで抽選するの?

年賀状のお年玉くじが当選したかどうかは、年賀はがきの住所を書く面の右下の番号を確認します。

当選番号は毎年1月の中旬に抽選会で決まります。

その結果は日本郵便のHPで当日確認できます。

当選番号速報の掲載は16時ごろの予定となっています。

または、翌日の新聞に当選番号一覧が掲載されるのでそちらでも確認できます。

2018年のお年玉くじの抽選は【1月14日13時ごろ】が予定されています。

抽選会場ですが、昨年2017年はJPタワー名古 ホール&カンファレンスで行われました。

毎年、この抽選会にはお笑い芸人やタレントも参加し、一大イベントとなっています。

この抽選会は一般の人も観覧することができます。

しかもなんと【入場無料】です。

今年の抽選会の詳しい情報はまだ出ていませんが、近々発表されると思いますので日本郵便のホームページをチェックしてみてください。

 

どのように当選番号が決まるのか

例年、抽選会は話題の芸能人やお笑い芸人をゲストに迎え盛り上がります。

昨年はブラックマヨネーズさん、岡田結実さん、登坂絵莉さんが登場しました。

ブラックマヨネーズによるお笑いライブもあったようです。

今年はどんなゲストが登場するのか、楽しみですね。

抽選は大きなルーレットを回して番号を決めます。

2017年は日本郵便の社長自ら抽選を行ったそうです。

今年もまた社長が参加するのでしょうか?

スポンサーリンク

当選番号の確認方法

当選番号の確認は当日HPからか、翌日の新聞で確認します。

番号の見方ですが、一等は6ケタすべて、二等は下4ケタ、三等は下2ケタが合っていれば当選となります。

届いた年賀状の数が多ければ多いほど確認作業は大変ですが、当選確率は上がります。

私は毎年当選番号を手作業で確認するアナログな感じがまたいいなと思っています。

1月の恒例のような感じで毎年楽しんでいます。

お年玉年賀はがきの商品ネタバレ

年賀状お年玉くじの当選番号の仕組みはわかりましたか?

さて、ここで気になるのは当選したら何がもらえるか、ですよね。

2018年の商品は

 

一等 セレクトギフト(1 万点以上の商品・旅行・体験プラン等からの選択可)

又は現金10万円

二等 ふるさと小包など

三等 記念切手シート

 

となっています。

現金10万円が当たったら嬉しいですよね。

まさにお年玉です。

そのほかセレクトギフトの内容も家電や旅行など充実しています。

お年玉くじの商品は世相を反映しているといわれています。

お年玉くじが始まった昭和24年の一等はミシン、二等は高級生地、三等は学童グローブでした。

日本郵政独自にマーケティングを行い、商品を決めているそうです。

ちなみに現金が登場したのは2014年のことです。

これも「お年玉のように現金が欲しい」という声が多く上がったことによるそうです。

まとめ

毎年お年玉くじの抽選会が近づくと、今年こそは一等をと願ってしまいます。

今年は一等が10万円なので、もし当たったら嬉しいですよね。

年賀状を出すことで、年始の挨拶だけでなくお年玉くじの楽しみも届けられるのは素敵なことだと思います。

景品の交換期間は半年間あるので、もし届いた年賀はがきが当選していた場合は忘れずに交換しに行ってくださいね。

お近くの郵便局の窓口で交換してもらえます。

今まで年賀状を出していない人も、今年はお世話になったひとへお年玉くじの楽しみと一緒に年賀状を送ってみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。