PR

ウーバーイーツのアイス配達で溶けることある?返金対応はどうなる?

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

最近、街並みではウーバーイーツの配達スタッフを度々目にすることが増えましたね。

皆さんの中にも一度は利用したことがある、という人も多いかもしれません。

ウーバーイーツは、食事だけでなくデザートの注文も可能です。

そのため、アイスクリームを頼みたいと思う人もいることでしょう。

しかし、一つ気になるのが“配達中のアイスが溶けてしまうのでは?”という問題です。

ウーバーイーツを利用した際、アイスが溶けることは多いのでしょうか?

また、アイスが溶けてしまった場合、返金は可能なのでしょうか?

以下で、これらの疑問について掘り下げていきます。

 

ウーバーイーツでアイスを頼むと、溶けてしまうことはよくある?

暑い日や暖かい部屋で過ごしているとき、思わずアイスが食べたくなることありますよね。

寒い季節でもアイスが好き、という方もいます。

「アイスが食べたくても、自分で買いに行くのは面倒だな・・・」
「ちょっと本格的なアイスが食べたいけど・・・」

そんな時、ウーバーイーツが役立ちます。

しかし、ウーバーイーツでアイスを頼むとなると、ちょっと心配なことがあります。

それは、“配達途中でアイスが溶けてしまうのでは?”ということ。

ウーバーイーツでアイスを頼んだとき、実際には溶けてしまうことは多いのでしょうか?

「ウーバーイーツで頼んだアイスが溶けていた」という話は時々耳にします。

しかし、完全に溶けてしまっていたというケースは少なく、一部が溶けていたというのが大部分のようです。

アイスをテイクアウトも可能なお店では、溶けにくいように工夫していることが大半で、保冷剤やドライアイスを入れてくれます。

アイスが溶けてしまう原因

それでもアイスが溶けてしまう原因としては、

 

・配達先までの距離が長い、などの理由で配達時間が長引いた
・保冷剤やドライアイスの量が足りなかった

 

などが考えられます。

また、配達スタッフの中には自身で保冷バッグを準備している人もいます。

その場合、アイスが溶けにくくなる可能性は高まります。しかし、これは運にも左右されます。

ウーバーイーツでアイスを注文する際は、ある程度溶けることを覚悟しておいた方が良さそうですね。

 

ウーバーイーツでの溶けたアイス、返金は可能!

ウーバーイーツでアイスを注文してみたものの、手元に届いたアイスがすでに溶けてしまっていたら、それは大変なガッカリ感ですよね。特に、アイスが本来の形状を保つことができず、食べるのが難しいほど溶けていた場合、返金を希望する人も少なくないでしょう。そこで、ウーバーイーツで溶けたアイスについて返金は可能なのか、調査してみました。

申請により返金可能

ウーバーイーツの規約によれば、商品が破損していた場合には返金を受けることができます。溶けたアイスは商品が破損したと認識されるため、返金申請を行うことで返金を受けられる可能性が高いです。

写真が重要

返金を希望する場合は、ウーバーイーツのサポートに連絡をし、返金申請を行う手続きが必要となります。その際、商品の状態を示すために、溶けたアイスの写真を用意しておくと良いでしょう。

不自然であまりにも返金申請が多いと垢バンの可能性も

ただし、ここで重要な注意点があります。ウーバーイーツでは、返金申請が過度に多いと、システムを悪用していると判断されることがあります。この場合、返金はもちろん、サポートも受けられなくなり、最終的にはアカウントが停止される(“BAN”)恐れがあります。

具体的な基準は明らかにされていませんが、返金申請の回数や合計金額などが考慮されると考えられています。そのため、返金申請は十分に慎重に行うことが推奨されます。

 

返金申請は常識の範囲で行うようにしましょう。

ただ、お金を払っているのに、ちゃんとした商品が届かない時は遠慮せずに申請するといいですよ。

日本人らしく遠慮する人もいるとは思いますが。

 

 

スポンサーリンク

アイス以外の商品も対象になるのか?

ウーバーイーツのサービスポリシーでは、商品が破損している場合は返金対象となります。これにはアイスだけでなく、他の食品や飲み物も含まれます。

ただし、その程度や状況によりますので、具体的な事例や状況に応じてウーバーイーツのカスタマーサポートに問い合わせることをおすすめします。

また、返金申請を行う際には、破損した商品の写真を撮影し、それを証拠として提出することが一般的です。

とにかく写真が重要です。写真を撮影して、問い合わせてみましょう。

配達員がアイスを溶かさないための工夫

配達員がアイスを溶かさないためにできる工夫はいくつかあります。

1. 保冷バッグの使用:

これは最も一般的な方法で、アイスを冷たい状態で保つことができます。保冷バッグは様々なサイズや形状があり、配達員のニーズに合わせて選ぶことができます。

2. 保冷材の使用:

アイスクリームを包むために保冷材を使用することも一つの方法です。これは、アイスクリームが直接暖かい空気に触れるのを防ぎ、溶けるのを遅らせることができます。

3. 最短ルートの選択:

配達員は最短かつ最も効率的なルートを選択することで、配達時間を最小限に抑えることができます。これにより、アイスクリームが溶ける時間を短縮することができます。

4. アイスクリーム専用の保冷バッグ:

一部の配達員は、アイスクリーム専用の保冷バッグを使用しています。これらのバッグは通常の保冷バッグよりも保冷力が高く、アイスクリームを長時間冷たい状態に保つことができます。

これらの工夫は、配達員がアイスクリームを溶けずに顧客に届けるための方法として考えられています。

ただし、これらすべてが溶けるのを完全に防ぐわけではないため、ある程度の溶け方は覚悟する必要があります。

 

まとめ

ウーバーイーツでアイスを提供しているほとんどの店舗は、アイスの保冷対策を行っています。保冷剤やドライアイスを使用しているため、アイスがすぐに溶けることは少ないです。

しかし、それでもアイスが溶けてしまうケースがあります。その原因としては、保冷剤の不足や配送時間の遅延などが考えられます。

溶けたアイスは商品破損とみなされるため、返金を受けられる可能性があります。ただし、返金申請が過度になると、システムの悪用と見なされ、サービスの利用が制限される可能性があります。ちょっと溶けているくらいなら、返金申請は控えることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました