PR

スカイツリーでのベビーカーのレンタルやお預かりはできる?

99:雑記・その他
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ベビーカーは赤ちゃんの昼寝や荷物の収納に重宝します。

一方で、雨の日には傘がさせにくい、駅や階段の移動が大変などのマイナス面もあります。

ところが、スカイツリーではそのようなデメリットを感じることはほとんどありません。

スカイツリーに到着したら、ベビーカーのレンタルを希望する方もいるでしょう。

スカイツリーでベビーカーのレンタルは可能なのでしょうか?

また、スカイツリーではベビーカーを使いたくないと考える方もいるかもしれません。

スカイツリーではベビーカーの預かりはできるのでしょうか?

今回は、これらについて詳しく調査しましたので、ご覧ください。

スカイツリーは何歳から入れる?

東京スカイツリーの展望台への入場については、基本的に年齢制限はありません。

乳幼児から高齢者まで、どの年齢層の方でも入場することができます。

しかし、子供や高齢者の方が一人で訪れる場合などは、安全上の理由から、付き添いの大人が必要となる場合があります。また、混雑時などはエレベーターの利用に制限があることもあります。

 

スカイツリーでベビーカーのレンタルは可能?

スカイツリーを訪れる際に、赤ちゃんを乗せるベビーカーを利用する方も多いと思います。

しかし、移動中の駅や階段でのベビーカーの運搬はなかなか大変です。

レンタルサービスがあれば、スカイツリーに到着してからベビーカーを借りることができます。

では、スカイツリーでベビーカーのレンタルは可能なのでしょうか?

結論から言いますと、スカイツリー自体ではベビーカーのレンタルサービスは提供されていないようです。

近くにコイン式のレンタルベビーカー

しかし、スカイツリーの隣にある東京スカイツリータウン・ソラマチには、コイン式のレンタルベビーカーがあります。

これは、ショッピングセンターでよく見かけるシンプルなベビーカーで、生後2ヶ月~3歳まで、体重15kgまでの赤ちゃんが使用できます。

3段階のリクライニング調整が可能で、使用開始時には100円硬貨が必要ですが、これは使用後に返却されます。

ベビーカーを押しての移動は、スカイツリータウン・ソラマチの通路は比較的広いため、それほど困難ではありません。

ベビーカー優先のエレベーター

また、スカイツリーにはベビーカーを優先して乗せることができるエレベーターもあり、移動に困ることは少ないでしょう。

ただ、混雑時にはベビーカー利用者が多くなり、待ち時間が発生することもあります。

 

まとめると、スカイツリー自体ではベビーカーのレンタルは行っていませんが、隣のスカイツリータウン・ソラマチでベビーカーのレンタルが可能です。

 

スカイツリーにベビーカーを持って行くときの預け入れ先は?

スカイツリーへお出かけの際、ベビーカーを持参すると移動が大変と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。そうした時、ベビーカーをどこかに預けられないかと思うこともあるでしょう。

スカイツリーそのものでは、ベビーカーを預かるサービスは提供していないようです。

ソラマチ

ですが、スカイツリーの近くにあるソラマチではベビーカーの預け入れができます。

コインロッカー

利用できる方法の一つはコインロッカーです。

ソラマチ内にはいくつかの場所にコインロッカーがあり、特大サイズなら1,000円、大サイズなら800円、中サイズなら600円、小サイズなら500円で利用できます。

ベビーカーの大きさによっては特大サイズのロッカーに預けることも可能です。

コインロッカーの使用状況はオンラインで確認することができるので、利用前にチェックしてみるとスムーズです。

手荷物預かり所

もう一つの方法は、手荷物一時預かり所を利用することです。

これは佐川急便が運営しており、料金は500円、大型の場合(101㎝以上)は700円となっています。ベビーカーを預けたい時は、どちらかのサービスを利用すると便利です。

スポンサーリンク

スカイツリーから見える景色

東京スカイツリーの展望台からは、東京の都市景観を一望することができます。ただし、私の知識は2021年9月までのもので、最新の情報については直接スカイツリーのウェブサイトなどでご確認ください。

東京タワー

東京のランドマークである東京タワーは、スカイツリーから見ると新たな視点を提供します。特に夜景は美しく、ライトアップされた東京タワーを眺めることができます。

隅田川

隅田川はスカイツリーのすぐそばを流れており、川沿いの風景や橋を見下ろすことができます。

浅草

浅草とその周辺のエリア、特に雷門や浅草寺も見ることができます。

スカイライン

東京のビル群が一望でき、晴れた日には富士山を見ることも可能です。

東京湾

遠くには東京湾やレインボーブリッジも見えます。

これらは一部の例で、天候や時間帯によって見える景色は変わります。また、スカイツリーには2つの展望台があり、それぞれ異なる高さからの眺望を楽しむことができます。

 

スカイツリー周辺の子供向け楽しめる施設

スカイツリー周辺には、子供向けのアクティビティが多数あります。

最新の情報については直接各施設のウェブサイトなどでご確認ください。

1. 東京スカイツリータウン・ソラマチ

スカイツリー直結のショッピングモールで、子供向け店舗やレストランが多数あります。また、レゴストアやアンパンマンショップもあり、子供たちはここでたくさんの時間を楽しむことができます。

2. サミットストア スカイツリータウン・ソラマチ店

スーパーマーケットで、地元の食材やお土産を探すのに適しています。

3. 東京スカイツリーアクアリウム

スカイツリータウン内にある大型水族館で、様々な海洋生物を観察することができます。子供たちはここで海の世界を学び、楽しむことができます。

4. 東京ソラマチ内の子供向けプレイスペース

ソラマチ内には子供向けのプレイスペースがいくつかあります。エリアによっては、子供たちが遊びながら学ぶことができるスペースもあります。

5. 東京スカイツリー展望台

東京全体を見渡すことができる展望台です。子供たちにとっては、高さと眺望の両方が楽しい体験となるでしょう。

スカイツリー周辺には子供たちが楽しめる多くのアクティビティがあります。

ただし、訪れる前に各施設の営業時間や入場料、予約の必要性などを確認してください。

 

まとめ

スカイツリー自体ではベビーカーの貸し出しや預け入れのサービスは行っていません。しかし、スカイツリーのすぐそばにあるソラマチではどちらのサービスも使えます。

貸し出しの際は100円硬貨が必要ですし、預け入れの際はサービスに応じた料金が必要になります。スカイツリータウン・ソラマチはスカイツリーから近いので、移動に手間はかかりません。

さらに、スカイツリーにはベビーカーを優先に乗せられるエレベーターもあります。ベビーカーを持ってきても問題ないので、安心して訪れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました