PR

2024年版・博多ー新大阪間を5500円で移動する方法を紹介!安く移動する方法も紹介!

99:雑記・その他
この記事は約8分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

福岡の玄関口、博多と、関西のハブ、新大阪。この二つの都市を結ぶ新幹線は、1日に100本以上が快走し、どちらへも素早くアクセス可能です。

たった2時間半で結ばれるこの距離を、もう少し手ごろな値段で旅できたらと思いませんか?「5500円で行けたら最高だな」と夢見たことはありませんか?

そんなリーズナブルな旅の方法が本当にあるかどうか、最新の情報をもとにお伝えします。さあ、このお得な情報を見逃さないでくださいね!

 

通常の博多⇔新大阪新幹線、料金はいくら?

まずは、博多から新大阪までの新幹線の通常料金がどれくらいか、一覧表で見てみましょう。

普通車の自由席 14,750円
普通車の指定席(のぞみ・みずほ) 15,280円
普通車の指定席(ひかり・さくら・こだま) 16,020円
グリーン車の指定席(のぞみ・みずほ) 21,350円
グリーン車の指定席(ひかり・さくら・こだま) 22,090円
普通車の自由席でも、1万円を越えるのが一般的な料金です。

 

びっくり価格!5500円で博多⇔新大阪を行く方法とは【2024年版】

博多から新大阪まで通常は1万円を超えてしまいますが、なんと5500円で移動する手段は存在するのでしょうか?

過去には5000円で旅をしたという情報もありますが、2024年現在、そのような定価でのオファーはまだ見つかっていません。

でも、時には運次第で往復5000円という幸運に恵まれることもあるかもしれません。

さらに、この記事で後ほどご紹介する「新幹線と宿泊がセットになったプラン」を利用すれば、実質5500円での往復が可能になるかもしれません。

どのようなキャンペーンが過去にあったのか、詳細をチェックしていきましょう!

 

博多⇔新大阪間の新幹線をお得に!5500円で行けるキャンペーンの最新ニュース

新幹線での移動といえば、費用がかさむイメージがありますよね。でも、賢くキャンペーンを活用すれば、意外とリーズナブルに遠出が叶うかもしれません!

過去には実在した!九州から関西へ5500円での衝撃プライス

SNSで見つけた2016年のある投稿には、驚くべき内容が。なんと、新幹線を片道5000円で利用した人がいたそうです。どうやってそんなお得な旅が可能になったのでしょうか?

調べてみると、以下のようなキャンペーンが過去には存在していました。

1. 「お得に乗ろう!こだま・ひかり号」キャンペーン by 日本旅行

– 日本旅行が提供していたこのキャンペーンは、博多から新大阪までを5600円で旅できたというもので、2017年3月までの期間限定でした。終了してしまっていますが、同じ名前のキャンペーンが現在でも行われているそうです。詳しい情報は後述します。

2. 「こだま・ひかりでお得に出かけよう」キャンペーン by JTB

– JTBが実施していたこのキャンペーンは、2020年3月までのもので、博多から新大阪まで5500円で、さらにJRのショッピングサイトで利用できる300円クーポンが付いていました。今では「トクトク!こだま・ひかり」として、8500円からのプランが提供されており、こちらもかなりお得。さらに、福岡タワーやその他の観光スポットのチケットも付いてくることがあるようです。

3. 「サイコロで運試し!チャレンジきっぷ」 by JR西日本

– 2022年に行われたこのキャンペーンは、大阪市内からスタートし、サイコロの目によって博多行きの特別価格チケットが手に入るというもの。1/36の確率で、運次第の楽しみもあるキャンペーンでした。JR西日本では定期的にこうした面白い企画を立てているので、チェックしておくといいですね。

また、2023年10月に終了したキャンペーンに参加したけれども当選しなかった方向けに、セカンドチャンスとして、週の初めから木曜日に出発すると、9分の1の確率で5500円での往復が可能になるキャンペーンもありました。

キャンペーンの詳細は、対象者に限られていますので、資格があるかどうかは公式情報をよく確認する必要があります。運次第に頼る部分もありますが、お得な旅を実現するチャンスは確かにありますよ!

 

 

スポンサーリンク

新大阪⇔博多を結ぶ!お得な新幹線チケットの見つけ方

新大阪から博多まで、もっとお得に新幹線を利用する方法はないのでしょうか?目指せ、5500円!お手頃価格での移動が可能かどうか、さまざまなプランを調査してみました。

新大阪と博多を結ぶ、お得な新幹線チケットの比較

通常、新大阪から博多までの新幹線指定席(のぞみ・みずほ)は16,020円ですが、お得なプランを使えばもっと安くなります。以下の表で、各種割引プランを比較してみましょう。

プラン名価格節約額
新幹線宿泊パック(例:日本旅行)大人2名で平日宿泊1泊11,330円(往復+宿泊を片道に換算)4,690円の節約
EX予約サービス14,600円1,420円の節約
EX予約サービス往復割片道13,520円2,500円の節約
eチケットサービス14,700円1,320円の節約
eチケットサービス往復割片道13,720円2,300円の節約
EX早割(平日利用)13,140円2,880円の節約
EX早割(週末利用)12,770円3,250円の節約
超早割チケット11,690円4,330円の節約
こだまプラン8,600円7,420円の節約

※すべて普通車指定席の価格との比較です。

この表から、こだまプランを利用すれば、最も大きな節約が可能であることが分かります。時間を気にしなければ、これが一番の選択肢です。

宿泊を伴う旅行の場合は、「JR+宿泊セットプラン」が最もお得。片道のみの利用を考えている場合は、他の割引チケットを探してみることをお勧めします。

ホテル代を含めても、片道で約5000円の節約が見込めます。ホテル代を6000円として計算すると、往復で16,660円(片道8,330円)となりますので、通常料金よりもかなり安く抑えることができます。

結論としては、5500円以上安く新幹線を利用することは十分に可能です。さらに低価格のプランを見つけることで、旅のコストを下げることができるでしょう。

①新幹線とホテルのセットプラン

新幹線の往復チケットとホテルがセットになったプランは、多くの旅行会社から提供されています。これらのプランは、チケットとホテルを個別に予約するよりもずっとお得です。さらに、新幹線の時間帯やホテルの種類も自由に選べるので、自分に最適なプランを見つけやすいです。

ただし、旅行会社によってはいくつかの条件や制約がありますので、自分の要望に合ったプランを選ぶことが重要です。このプランは、往復で新幹線を利用し、かつ宿泊する方に特におすすめです。

注意点としては、以下のような制限があることが挙げられます。

  • 日帰りや片道のみの利用には向かない
  • 新幹線の時間帯やホテルに制約がある場合もある
  • チケットとホテルを同時に予約する必要がある

例えば「日本旅行」では、新大阪⇔博多間の人気コースを簡単に検索可能です。ただし、予約は早い者勝ちなので、計画はお早めに!

②EX予約やeチケット、早割チケットの利用

JR東海、JR西日本、JR九州の新幹線予約サービスを使うことで、「eチケット」や「早割チケット」などの割引サービスを利用できます。これらの割引プランを使うには、「エクスプレス・カード」の作成または既存クレジットカードへのサービス追加が必要です。年会費がかかりますが、頻繁に新幹線を利用する方にとっては非常にお得なオプションです。

また、年会費が無料の「スマートEX」もあるので、こちらも検討する価値があります。

③超早割チケット

超早割チケットは、JR西日本やJR九州の予約サイトで提供されている割引チケットです。会員登録をすることで購入が可能になりますが、登録は無料で、クレジットカード情報が必要です。ただし、購入後の変更はできず、きっぷの発行が必要です。変更が必要な場合は払い戻しをして、新たにチケットを購入する必要があります。きっぷを発行する際には、予約時に使用したクレジットカードが必要なので、忘れずに携帯しましょう。

④お得なこだまプラン

「お得なこだまプラン」は、日本旅行などが提供している格安チケットで、過去には5000円台での提供がありました。こだま号を利用することで時間はかかりますが、コストを大幅に削減できます。ただし、指定された列車にのみ乗車可能で、乗り遅れた場合の対応が難しい点は注意が必要です。

5500円で移動!飛行機やバスはどうか?

新幹線だけでなく、飛行機やバスでも博多と新大阪間の移動手段を探すが、果たして5500円での移動は可能でしょうか?

飛行機に関しては、LCCを上手く利用するとセール時には4000円台での移動も見込めます。しかし、関西空港から新大阪までの交通費や時間も考慮する必要があります。

バスを利用する場合は、3500円から5000円台で移動可能ですが、9時間半から10時間という長時間の移動を覚悟する必要があります。体力と時間に余裕のある方には適した選択かもしれません。

まとめ

今回の調査で明らかになったのは、新大阪と博多を結ぶ新幹線の料金を5500円まで抑えるのは難しいという現実です。しかし、過去には実現したキャンペーンもあり、将来同じようなキャンペーンが出る可能性もゼロではありません。

新幹線の宿泊パックやEX予約、早割チケット、超早割チケット、こだまプランなど、多様な割引プランが存在し、上手く活用すればかなりお得に移動することができます。

加えて、LCCや高速バスを利用することでさらにコストを抑えることも可能です。自分にとって最も合理的で経済的な移動手段を見つけるために、色々な選択肢を比較検討することをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました