PR

快適に映画を観るための席は? TOHOシネマズのおすすめの席はどこ?

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

映画鑑賞 映画を館内で見る際には、快適に視聴できる席を選びたいと思うことでしょう。

 

「後方の席の方が視認性が良い」

 

こんな意見を耳にしたことはあるでしょうか。実は、映画館においては 中央よりも後方の席で視聴することが良いと言われています。

 

今度の記事では、特にTOHOシネマズにて、視聴しやすい席の推奨ポイントについて詳しく解説します!

映画鑑賞のための最良の座席選び。どこがいいの?

 

映画を鑑賞する際には、視野が開けている席が好ましいですよね。ただ、具体的にどの席が最適なのか、初めて映画館に行く人にとっては難しい問題かもしれません。

 

そこで一般的には、「後ろの方の席が良い」と言われますが、その理由がはっきりと理解できているでしょうか?

 

「視界が良い」というのは一体何を指すのでしょうか?映画館で視界が良い席とは、

 

・首や目が疲れない席 ・映画スクリーン全体が視界に収まる席

 

とされています。これらを満たすような座席は、一般的には、

 

・前から7~10列目 ・映画スクリーンの横幅程度の距離の席

 

が好ましいとされています。

 

特に、列の中央部分は視野が広がりやすく、見やすさも抜群です。ただし、子ども連れや頻繁にトイレに行く必要がある方の場合は、列の端のほうが便利と感じるかもしれません。

 

そして人それぞれ、前方や後方の席に好みが分かれることもあります。劇場やスクリーンの設計によって、最適な席は微妙に異なることもあるので、「TOHOシネマズではこの席が最高!」と一概には言えません。ですが、上記のポイントを意識しながら選べば、自分にとって良い席を見つけられるでしょう。

 

加えて、TOHOシネマズでは特別な座席を追加料金で利用することができます。

 

・フットレスト付きの革製電動リクライニングシートの「プレミアラグジュアリーシート」

・最前列で迫力ある体験ができる「フロントリクライニングシート」

・たっぷりとスペースがあり、荷物置きや隣席との間仕切りもある「プレミアボックスシート」

 

これらのシートは、非常に高評価で、映画をリラックスして楽しむことができます。映画鑑賞の快適さを追求しているあなた、ぜひ一度試してみてください。

 

スポンサーリンク

映画鑑賞に最適な座席は?視認性の低い席とその理由

 

映画館における視認性の低い席について考えたことはありますか?例えばTOHOシネマズではどのような席がそれに当たるでしょうか? 映画館の席は一般的に、どの位置からでもスクリーンを確認できるように設計されていますが、実際には視認性に問題のある席も存在します。これはTOHOシネマズだけでなく全ての映画館に言えることです。

 

それでは一体、どのような席が視認性に問題を抱えているのでしょうか。以下にいくつかのケースを挙げてみます。

 

視認性が低い席① 最前列の席

 

最前列はスクリーンに近く、画面全体を見るために顔を上げる必要があります。映画の上映時間は1~3時間程度なので、この姿勢を保つことは肩や首に負担を感じる原因ともなります。

 

さらに、字幕付きの映画の場合、一番前の席から字幕を読むのは難しいと感じるかもしれません。しかし、最前列の席からは画面全体が一望できるため、もし映画に深く没頭したいと思うなら、最前列の席はそのための最適な選択と言えます。

 

そして、視線の負担を軽減しつつ映画を十分に楽しむためには、TOHOシネマズでは「フロントリクライニングシート」という特別なオプションを提供しています。これらは通常の座席よりも快適で、一度試してみる価値があるでしょう。

 

視認性が低い席② 人々に囲まれた席

 

周囲に人々がいる状況も映画鑑賞の邪魔となり得ます。映画を観ているときに周囲の人々の存在を意識することで、映画から現実に引き戻される感じがします。

 

その人々が話したり、スマホを操作したりとマナーに問題があると、それはなおさらです。人気作品になると、特に視認性の良い席ほど早く埋まる傾向があります。

 

最適な視界を手に入れることができる席を選ぶ代わりに、周囲に人々が多い席を選ぶことは、映画鑑賞には最善の方法とは言えません。人々が多いときは、むしろ端の席を選んで、他人の気配を感じにくくすることをおすすめします。

 

視認性が低い席③ 入口近くの席

 

子供連れや混雑を避けたいと考える人には、端の席が最適と言えます。しかし、その中でも出入り口に近い席は避けた方が良いでしょう。

 

出入り口近くの席では、人々の出入りを頻繁に目撃することになり、映画鑑賞の邪魔となります。そのため、出入り口から離れた端の席を選ぶことが重要となります。

 

一方で、暗い場所が苦手な人にとっては、出入り口近くの席が適しているかもしれません。

 

まとめ

 

今回は、TOHOシネマズで最適な視界を得るための席と、視覚的に困難な席について詳しく説明しました。視界が良い席とは、首や目が疲れず、全体のスクリーンを視野に入れることができる席のことを指します。

 

具体的には、「前から7~10列目」「スクリーンの横幅と同じくらいの距離の列」が理想的と言えます。

 

さらに、TOHOシネマズでは、追加料金を払うことでより快適な視野の席を利用することも可能です。

 

映画の世界に没入したいときには、一度試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました