危険物甲種が意味ないと言われるのはなぜ?
PR

危険物甲種が意味ないと言われるのはなぜ?

この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

危険物甲種は合格率は低くないものの、覚えることが多く、取るのがなかなか大変な資格です。

「危険物甲種 意味ない」という検索されていることが多かったので、今回は危険物甲種の意味がない資格なのかの結論と意味がないと言われる理由について考察していきます。

結論から言えば、危険物甲種は意味がない資格ではありません。

ただ、使える用途・範囲がそこまで広くないので、苦労に見合う資格なのかというのはあります。

本記事では危険物甲種の資格取得を否定する意図はなく、いろいろな意見があり、最終的にどうするのかは自分で決めてください。

資格は自己啓発、自己投資という意味では決して無駄になることはないという見方もあります。

それではいきましょう。

危険物甲種がいらない資格で意味がないと言われる5つの理由

なぜなのでしょうか?

その理由を以下の項目で詳しく説明します。

1.マッチングアプリでの評価が低い

マッチングアプリでのモテなさ 危険物甲種はマッチングアプリでの人気が低い可能性が高いです。このアプリでは仕事や年収が重要視されるため、危険物甲種を持っていることがアピールポイントとはなりにくいでしょう。

2.合格率が高く、希少性が低い

他の資格と比べて希少性が低い 危険物甲種の合格率30~40%と高く、その希少性は低いと言えます。他の有名な資格と比較しても、合格率が高いため、特別な価値があるわけではありません。

3.独立開業には不向き

危険物甲種は特定の専門分野での就職には適していますが、独立開業を考える場合はあまり役立ちません。多くの場合、ガソリンスタンドの経営に関連する仕事になり、選択肢が限られます。

ガソリンスタンドでは乙4種でも十分かもしれません。

4.使い道が少なく、使わない可能性

多くの学生が危険物甲種を就職用に取得することがありますが、実際にはそれを活用しないことがよくあります。

資格の有効期限が10年であるため、10年以内に活用する機会がない可能性も高いです。

危険物の有効期限10年とは?

危険物取扱者資格には、有効期限や更新規定が存在しませんが、資格免状には写真が添付されており、この写真は10年ごとに更新が必要です。 したがって、10年ごとに新しい写真に差し替える手続きが必要となります。

この手続きは資格の有効期限の更新ではなく、写真の更新に関するものです。

更新しなくても免許自体が失効することはないようです。

5.高校在学中に取得しても、その後使わない可能性

高校在学中に取得できるが、使わない可能性が高い 高校在学中であれば、比較的簡単に危険物甲種を取得できるかもしれません。しかし、その後に活用しない可能性が高いため、取得する意味は限定的です。

有効期限は10年ですが、写真更新のみなので将来のために取っておくという選択肢もあります。もちろん、履歴書にも書くことができます。

 

スポンサーリンク

危険物甲種とは?

ヤフー知恵袋には次のような質問が投稿されていました。

「危険物甲種の資格を取得しても、実際にはそれほど価値があるのでしょうか? 勉強にかける時間、取得条件、難易度、そして仕事のリスクを考えた場合、年収に見合うのか疑問です。」

危険物取扱者資格は、「消防法で指定された危険物を取り扱うために必要な国家資格」です。

この資格には「丙種、乙種、甲種」の3つのカテゴリが存在し、それぞれの取得難易度は異なります。

 

この記事では特に「甲種危険物取扱者」と呼ばれる危険物甲種に焦点を当て、その取得難易度が非常に高いことを説明しています。

 

なぜ「危険物甲種は無意味な資格」と言われるのかについての調査結果を提供します。

 

結論から言うと、危険物甲種の取得は無駄と考える人は多そうです。

 

実務レベルでは乙4で十分

 

個人的に実務レベルでは乙4があればいいのかなと思います。

扱いものによって違いますが。

 

 

ただ、どんな資格を取るためには努力しないといけないので、無駄ということはないと思います。

やらないよりはいいけど、苦労の割に報われないという感じでしょうか。

 

まとめ

要するに、危険物甲種は多くの場合、価値が限定的であり、他の資格の勉強に時間を費やす方が有益であると言えます。

 

ただ、どんな資格も100%無意味というわけではないので、

趣味や自己啓発で勉強するのはいいと思います。

 

ただ、就職、独立、仕事のためと考えたら労力をかけるわりに残念な資格だと思います。

取得するかどうかは各自で考えてきめてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました