PR

共通テストの持ち物で必須なものとあると便利なものを紹介!前泊の場合はどうする?

「仕事初め」と「仕事始め」はどちらが正しい?御用始めとの違いも分かりやすく解説!共通テスト(旧センター試験)
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

共通テストに初挑戦する人も経験者も、

冷静に試験に臨み、自分の能力を最大限に発揮したいと思いますよね。

 

試験の日に慌てないためにも、事前に持ち物をしっかりと確認しておくことが大切です。

 

この記事では、共通テストで必ず必要な持ち物、役立つアイテム、

宿泊が必要な場合の持ち物などを網羅的にご紹介します!

 

試験に必須なもの

共通テストをスムーズに受験するために、

必要な持ち物を確認しておきましょう。

 

これらのアイテムを持っていないと、

試験に支障が出る可能性があります。

受験票:

受験生にとって最も重要なアイテム。

受験番号や席番号が記載されています。

 

念のため、コピーを家族に渡しておくと安心です。

写真付身分証明書:

身分を証明する重要なアイテムです。

試験中は受験票と共に机の上に置いておきましょう。

 

鉛筆:

マークシート記入用にH、F、またはHBの鉛筆を準備。

5~6本程度用意し、事前に削っておくと良いでしょう。

消しゴム:

マークシートの誤記入を訂正するために重要。2~3個持っていくと安心です。

必要な薬:

常備薬や目薬、胃腸薬など、必要な薬を忘れずに。

ただし、眠くなる成分が入っている薬には注意してください。

携帯電話:

試験が始まると電源を切る必要がありますが、

連絡手段として便利。試験前日に充電を忘れずに。

お財布:

タクシー利用や自動販売機での飲料購入など、

小銭が必要になる場合も。別途小さな財布や小銭入れを持つと便利です。

上履き:

会場によっては必要になることも。

静かで履き心地の良いものを選びましょう。

注意事項の冊子:

試験に関する重要な情報が記載されています。

何かあったときに確認するために持参しましょう。

時計:

試験時間の管理には欠かせません。

教室にある時計が見えにくい場合も考慮して、持参すると良いでしょう。

参考書:

最終確認用に慣れ親しんだ参考書を持っていくと安心です。

 

ハンカチ・ティッシュ:

身だしなみのためにも、また、寒暖差による鼻水対策としても必須です。

 

試験当日に役立つ持ち物

共通テスト当日は、想定外の事態にも対応できるよう、

以下の便利なアイテムを持っていくと安心です。

ウェットティッシュ:

手をすばやく清潔に保つため、

または汚れを拭き取るために便利です。お手洗いに行く手間を省けます。

持ち運びやすいランチ:

試験日の食堂やコンビニは混雑するため、

時間節約のために簡単なランチを持参しましょう。

おにぎりやサンドイッチがおすすめです。

飲み物:

寒い場所もあるため、温かい飲み物を持参すると良いです。

自動販売機の売り切れを避けるためにも、お気に入りの飲み物を準備しましょう。

エネルギー補給用のお菓子:

緊張で食欲がない時のために、

軽食やエネルギー補給ができる食品を持っておくと安心です。チョコレートやのど飴などが適しています。

予備の眼鏡:

コンタクトレンズ使用者は、

万が一のために予備の眼鏡を持参しましょう。

鉛筆削り:

鉛筆が不足する可能性も考えて、

鉛筆削りを持っておくと便利です。

メモ帳:

携帯が使えない場合のために、

小さめのメモ帳を持っておくと良いでしょう。

地図や時刻表:

慣れない路線を利用する場合、

アナログな地図や時刻表が役立ちます。

携帯の電池切れに備えて持参しましょう。

防寒具:

寒い場所での待機時間に備えて、

カイロやカーディガンなどを準備しておきましょう。

マスク:

予防対策として、また鼻水対策にもマスクが役立ちます。

雨具:

突然の雨や雪に備えて、

折りたたみ傘やレインコートを準備しましょう。

ビニール袋:

ゴミや靴など、

さまざまな用途に使えるビニール袋を数種類持っておくと便利です。

充電器:

携帯電話のバッテリーが切れないように、

充電器を持参しましょう。

ヘアゴム:

長い髪の方は、

集中するためにヘアゴムが役立ちます。

イヤホン:

音楽を聴いてリラックスしたり、

周囲の雑音を遮断するのに便利です。

お守り:

落ち着いた気持ちを保つために、

お守りを持っていくと良いでしょう。

シャープペンシル:

マークシート以外でのメモ取りに便利です。

 

スポンサーリンク

試験中に机の上に置いておくべきアイテム

共通テストに机の上に置いて良いアイテムを正しく理解し、

「知らなかった!」というトラブルを避けましょう。

 

以下に許されるアイテムのリストをまとめましたので、しっかり確認しておきましょう。

 

受験票:

試験中常に机の上に置いておく必要があります。

写真付身分証明書:

受験票と同様に、試験中は机の上に置きます。試験官に回収される可能性もあるので、驚かないようにしてください。

鉛筆:

黒色の鉛筆で、H、F、HBのいずれかを使用します。装飾的なデザインは避け、シンプルなものを選びましょう。

消しゴム:

力をあまり加えずに消せる、効率の良いプラスチック製の消しゴムを使用しましょう。

鉛筆削り:

小型でゴミを収納できるタイプを選んでください。電動式や大型のもの、ナイフ等は不可です。

時計:

メモ機能や電卓機能、辞書機能などがないシンプルな時計を使用してください。音が大きいものや大型のものは避けましょう。

眼鏡:

ケースから取り出した状態で机の上に置きます。

ハンカチ:

英文や地図などが書かれていないシンプルなハンカチを置いておくことができます。

ティッシュ:

ティッシュは机の上に置けますが、ティッシュケースは不可です。ポケットティッシュが適しています。

目薬:

ケースやポーチから取り出して、机の上に置いておくことができます。

これら以外のアイテムを机の上に置くと、試験が中断されたり、最悪の場合不正行為と見なされる可能性があるので注意が必要です。センター試験に関する注意事項やガイドブックを事前によく読んでおきましょう。

 

前泊する時して共通テストを受けるための必要アイテム

共通テストの会場が遠い場合、

前泊が必要になることもあります。

 

以下に、基本の持ち物に加えて前泊時に必要なアイテムをまとめてご紹介します。

交通機関のチケット:

飛行機や新幹線のチケットは出発の必需品。忘れないように確認しましょう。

健康保険証:

万が一のために、健康保険証は持参しておきましょう。

身分証明書:

免許証や学生証など、身分を証明できるものを携帯してください。

目覚まし時計:

携帯のアラームだけでなく、別の目覚まし時計もセットしておくと安心です。

洗面用具:

普段使用している歯ブラシ、ボディソープ、洗顔料、タオルなどを準備しましょう。

着替え:

天候や事故に備えて、洋服、下着、靴下、ハンカチなどの予備を持っていきましょう。

パジャマ:

慣れた着心地のパジャマを持参することで、快適な睡眠を確保できます。

レインブーツ:

雨や雪の天候に対応できるよう、レインブーツを持参すると良いでしょう。足元のケアは大切です。

 

まとめ:持ち物チェックで最高のパフォーマンスを

共通テスト前の数日間は、必要な持ち物の準備に専念し、

前日には最終チェックを行いましょう。

 

これまでの努力を信じて、

自信を持って試験に臨んでください。

 

タイトルとURLをコピーしました