PR

東京駅で早朝に購入できる駅弁の店舗と営業時間の案内まとめ

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
この記事では公開された時点での情報に基づいていますが、店舗の駅弁販売状況は変わる可能性があるため、最新情報を入手するには直接各店舗に問い合わせることを推奨します。

 

早朝の出張や旅行で東京駅を利用する際には、美味しい駅弁を求めることも一つの楽しみです。朝の涼しい空気の中で新幹線の快適な車内で駅弁を味わうことは、多くの人にとって特別な体験となるでしょう。

しかし、早朝に東京駅で駅弁をどこで購入できるのかは、大切な情報です。広い東京駅のコンコースを歩き回る時間がない中で、どの売店で駅弁が入手できるのかを事前に知っておくと便利です。

この記事では、東京駅で早朝から営業している駅弁売り場を紹介します。

東京駅で朝早くに利用できる駅弁販売店

東京駅で新幹線に乗る前に、朝早くから美味しい駅弁を手に入れたいと考える方は多いですね。特に、早朝に出発する際には、どこで駅弁を買えるか事前に把握しておくと非常に便利です。

駅弁選びは重要ですが、それに先立って、早朝営業をしている駅弁販売店を知っておくことが肝心です。以下では、東京駅内で早朝に開店している駅弁販売店をエリア別にご案内します。

東海道・山陽新幹線 八重洲南口・八重洲中央南口・新幹線南乗換口改札内コンコース

この区域には複数の駅弁専門店が存在しますが、5時30分から営業している店舗は2か所あります。

駅弁屋 祭

まず紹介するのは「駅弁屋 祭」です。朝の5時半から開店するこの店舗は、日本各地の特色ある駅弁を取り揃えており、非常に人気です。株式会社日本レストランエンタプライズが選りすぐったメニューを提供しており、中央通路の6番線と7番線の間に位置しています。

デリカステーション 東京南コンコース店

次に紹介するのは「デリカステーション 東京南コンコース店」です。この店舗は株式会社JR東海パッセンジャーズが運営しており、スターバックスコーヒーの隣に位置しています。少し見つけにくいかもしれませんが、スターバックスを目印にすると迷うことはないでしょう。

 

東京駅八重洲口エリアと新幹線ホームの早朝営業駅弁店

八重洲北口・八重洲中央北口・新幹線中央乗換口改札内の駅弁店

東京駅の八重洲北口エリアでは、5時30分から開店する駅弁店が1か所あります。

旬菜東京中央1

JR東海パッセンジャーズが運営するテイクアウト専門店「旬菜東京中央1」は、中央改札口近くのコンコースに位置しており、アクセスが非常に便利です。

スポンサーリンク

東海道・山陽新幹線ホームの駅弁店

東海道・山陽新幹線ホーム(14~19番ホーム)では、早朝5時30分から開店する店舗が3か所、6時から開店する店舗が9か所あります。

デリカステーション東京707

14・15番線ホームの7号車付近に位置し、5時30分に開店します。

デリカステーション東京709

同じく14・15番線ホームの9号車付近にあり、5時30分からの営業です。

デリカステーション東京714

14・15番線ホームの14号車付近で、こちらも5時30分開店。

デリカステーション東京807

16・17番線ホームの7号車付近で6時開店。

デリカステーション東京809

16・17番線ホームの9号車付近、6時開店。

旬菜東京813

16・17番線ホームの13号車付近、6時から営業。

デリカステーション東京815

16・17番線ホームの15号車付近で6時開店。

デリカステーション東京906

18・19番線ホームの6号車付近、6時開店。

デリカステーション東京907

18・19番線ホームの7号車付近で6時に開店。

デリカステーション東京909

同じく18・19番線ホームの9号車付近、6時開店。

旬菜東京913

18・19番線ホームの13号車付近に位置し、6時からの営業です。

デリカステーション東京915

18・19番線ホームの15号車付近で、6時開店となっています。

大見出し: 東京駅の東北・秋田・山形・上越・北陸新幹線ホームでの駅弁購入情報

東北方面新幹線ホーム(20~23番ホーム)の駅弁販売店

東京駅で東北方面へ向かう新幹線を利用する際、20~23番ホームの駅弁購入情報は以下の通りです。

20・21番線ホームの駅弁屋 東京23号売店

神田寄りに位置するこの店舗は、朝6時から営業を開始します。

20・21番線ホームの駅弁屋 東京22号売店

ホームの中央部にあるこの店舗も、6時からの営業を行っています。

22・23番線ホームの駅弁屋 東京2号売店

こちらの店舗もホーム中央部に位置し、朝6時から開店しています。

22・23番線ホームの駅弁屋 東京3号売店

神田寄りの位置にあるこの店舗は、同じく6時から営業を開始します。

まとめ:東京駅で早朝駅弁を購入する際の総合案内

東京駅における早朝の駅弁購入については、予め店舗情報を把握しておくことが重要です。東京駅の広範囲にわたるエリア内で、目的の店舗を事前に知っておくことにより、早朝の忙しい時間帯でもスムーズに移動し、余裕を持って駅弁を購入できます。

 

主要ポイント

東海道・山陽新幹線 八重洲南口・中央南口エリア:

「駅弁屋 祭」は朝5時半から開店し、全国各地の特色ある駅弁を提供しています。

「デリカステーション 東京南コンコース店」も朝5時半から営業しており、スターバックスコーヒーの隣りにあります。

東海道・山陽新幹線 八重洲北口・中央北口エリア:

「旬菜東京中央1」は、朝5時半から営業開始です。

新幹線ホームエリア:

東海道・山陽新幹線の14~19番ホームには、5時30分から営業する店舗があります。

東北・秋田・山形・上越・北陸新幹線の20~23番ホームでは、6時からの営業が一般的です。

 

店舗ごとに異なる特色や駅弁の品揃えを理解しておくと、どの店で駅弁を購入するか計画しやすくなります。ホーム内の店舗はコンコース内の店舗に比べて品揃えが限られることがありますが、混雑を避けるためにホーム内の店舗を選択することも一つの選択肢です。

タイトルとURLをコピーしました