PR

大きくて重たい本の読み方、収納はどうしたらいい?

99:雑記・その他
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

みなさん、日々の読書を楽しんでいますか?

読書が習慣になっている人たちは、いろんなサイズや厚みの本に触れているでしょう。

本によってはとても重くて、持っているだけで手が疲れてしまうものもありますよね。

そんな重たい本を読むのは、ちょっとした工夫が必要かもしれません。

では、どうすれば重たい本の読みやすさを良くし、収納のコツを掴むことができるでしょう?

今日はこの話題について掘り下げてみましょう。

重たい本を読むコツ

多くの人は、重たい本を読むときに少しずつ疲れを感じるものです。

読みたいのに、重さのせいで読めないなんて、もったいないですよね。

そこで、楽に読む方法があるなら、試してみたくなります。

重たい本を読むときのいい方法って、何があるでしょうか?

ずっと手で本を支えていると、長時間読書がしんどくなります。

手の代わりになる何かがあれば、この問題も解決できそうです。

 

・本を支えるスタンド
・料理本用のスタンド
・ブックホルダー
・読書台

 

これらは読書のときに使える便利なアイテムです。

楽譜を置くスタンドを思い出すと、使い方がイメージしやすいですね。

ただ、安いものだと本の重さに耐えられないかもしれないので、買うときは気をつけましょう。

それに、たまにしか重たい本を読まないなら、専用の台を買うのはもったいないかもしれません。

そんなときは、机の上に雑誌を何冊か重ねて、その上に本を立てかけると、一時的な読書台になります。

雑誌じゃなくても、横にしたブックエンドやバスタオルでも大丈夫。

いろんな方法を試して、自分にピッタリの読書スタイルを見つけてくださいね。

 

重たい本の上手な収納術

たくさんの本を持っていると、どう整理すればいいか頭を悩ませることもありますよね。特に重たい本は、収納にも一工夫が必要です。

それでは、重たい本はどのように収納するのがベストなのでしょうか。

本棚な下段におく

一番のポイントは、本棚の下段に置くことを心がけることです。

上段に置くと、本を取る時にその重さが負担になってしまいます。下段なら、そんな心配も軽減されるんです。

もし、下段から取り出すことが難しい時は、便利なインナーボックスを使ってみましょう。本をボックスに入れて本棚に置けば、一度に複数の本をサッと取り出せて便利です。

ただし、横に長い本棚であればあるほど、最下段以外での重たい本の収納は慎重に。本棚が重さに耐えられず、棚板が曲がることもありますから、そうならないよう注意が必要です。

最下段以外に本を置く際には、その棚がどれくらいの重さまで大丈夫かを確かめてからにしましょう。

本棚以外の収納方法

もちろん、本棚以外にも重たい書籍を収納する方法はいろいろありますよ。効率的かつお部屋のスペースを上手に使うためのアイデアをご紹介しますね。

1. 収納ボックスやバスケット

本をインナーボックスやバスケットに入れて、床に直接置いたり、クローゼット内に収納したりする方法です。出し入れもしやすく、見た目もスッキリします。

2. スタッキング

本を直接積み重ねるスタイルです。安定感を考えて、底面積が大きく重い本から下にして積むと良いでしょう。ただし、取り出しにくくなるので、あまり高く積み上げない方がいいですね。

3. トランクやスーツケース

使っていないトランクやスーツケースは、大量の本を収納するのに適しています。移動もラクなので、部屋を模様替えする時にも便利です。

4. 下駄箱やキャビネット

本を立てて収納できるスペースがあれば、下駄箱やキャビネットの中に収納するのもいいでしょう。扉があると、見た目もスマートです。

5. ベッド下

収納スペースとして利用できるベッド下は、引き出し式の収納ボックスを使って本を収納するのに適しています。ホコリから守ることもできます。

6. 壁に取り付ける棚

壁に棚を取り付けて本を収納する方法もあります。これにより、床のスペースを有効活用できます。

どの方法を選ぶにしても、本の重さに耐えられる丈夫な材質を選び、本の状態を保つためにも定期的にほこりを払うなど、メンテナンスを心がけましょう。お部屋のデザインやライフスタイルに合った方法を見つけて、大切な書籍を上手に収納してくださいね。

スポンサーリンク

重たい本を読む時に注意すること

重い本を読むときには、以下の点に注意すると良いでしょう。

姿勢に気をつける:

長時間同じ姿勢でいると体に負担がかかります。適切な椅子を使って背中が曲がらないようにしましょう。

休憩を取る:

長時間読書をすると疲れが溜まります。定期的に休憩を取り、ストレッチなどで体をほぐしましょう。

手への負担を減らす:

本を持ち続けるのは手に負担がかかります。本を置くためのスタンドを使ったり、クッションを利用して膝の上に置いたりすると良いです。

目を守る:

重い本は大きいことが多く、文字も小さいことがあります。適切な照明の下で読むことで目の疲れを防ぎましょう。

本の状態を守る:

重い本は開く力も強いため、無理に開いたりしないようにして本の状態を守りましょう。ブックカバーやブックサポートを使用するのも一つの方法です。

これらの点に気をつけながら、読書を楽しんでくださいね。

重たい本を持ち運ぶ時に注意するポイント

重たい書籍を持ち運ぶ時には、いくつか注意すべきポイントがあります。身体を痛めないように、次のことに気をつけてくださいね。

適切な持ち方:

本を持ち運ぶ際には、腰に負担がかからないように、膝を曲げて持ち上げる姿勢を心がけましょう。また、本を身体の近くに保持することで、バランスをとりやすくなります。

荷物の分散: 重たい本は、できるだけ荷物を分けて、両手で均等に持つことが大切です。リュックサックを利用すると、体重を均等に分散させることができ、手や腕への負担を減らすことができます。

適切な収納容器:

本をバッグや箱に入れる際は、丈夫で持ち手のしっかりしたものを選びましょう。バッグの底が丈夫なものを選ぶことで、本が底を抜け落ちる心配を減らせます。

移動距離を考慮:

長い距離を移動する場合は、カートや台車を利用することをおすすめします。これにより肩や腰への負担を大幅に軽減できます。

休憩を取る:

長時間持ち運びをする際には、定期的に休憩を取り、手足を伸ばすなどして疲労を回復させましょう。

これらのポイントを守ることで、書籍を安全に持ち運ぶことができますから、無理をせず、体を大切にしてくださいね。

 

 

まとめ

重たい本を持って読むと、どうしても手が疲れますよね。そんな時は、読書スタンドやブックホルダーが非常に役立ちます。

手元に読書スタンドがない時は、雑誌やバスタオルを使って本を支えるのも一つの方法です。完璧ではありませんが、読書時の疲れを減らすことができます。

また、重たい本はインナーボックスを利用して、できれば本棚の最下段に収納するのがお勧めです。これによって、棚がたわむリスクを減らし、大切な本を長持ちさせることができます。

棚板の耐重量がわからない時は、本をたくさん入れすぎないように気をつけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました