PR

日本の旧暦月の名前(和風月名)と効率がいい覚え方

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

日本には昔から独自の月の名称がありましたが、それは一体どのようなものでしょうか?また、それらを覚えるためのコツについても見ていきましょう。

旧暦月の名前

現在の日本では「1月」「2月」「3月」といった数値による月の呼び方が一般的ですが、これは太陽を基準にした太陽暦、グレゴリオ暦に基づいています。この暦は、1873年の明治時代から日本で使用されています。

一方で、月の満ち欠けを基にした太陰暦においては、日本独自の「和風月名」が使われていました。この月名は自然や季節に関連する風習に基づいており、「師走(しわす)」のような現代にも馴染み深い名前も存在します。これは、僧侶が年末に忙しく走り回ることから名付けられたものです。

新暦に変わっても、これらの和風月名は部分的に残っており、現代の季節とは1〜2ヶ月ほどのズレがあります。

旧暦の和風月名の一覧

伝統的な和風月名には次のようなものがあります。それぞれの月名には、その月特有の自然や風習が反映されています。

月 | 和風月名 | 読み方 | 由来

1月 | 睦月 | むつき | 家族が集まる月

2月 | 如月 | きさらぎ | 寒さが続き、衣を重ねる月

3月 | 弥生 | やよい | 植物が生い茂る月

4月 | 卯月 | うづき | 卯の花が咲く時期

5月 | 皐月 | さつき | 田植えの季節

6月 | 水無月 | みなづき | 田に水を張る月

7月 | 文月 | ふみづき | 七夕の月

8月 | 葉月 | はづき | 木々の葉が茂る月

9月 | 長月 | ながづき | 夜が長くなる月

10月 | 神無月 | かんなづき | 神が出雲大社に集まる月

11月 | 霜月 | しもつき | 霜が降りる月

12月 | 師走 | しわす | 僧侶が走り回る月

これらの和風月名は、日本の四季の美しさや自然との繋がりを感じさせる名前で、今でも親しまれています。

 

スポンサーリンク

日本の旧暦月の名前(和風月名)の簡単な覚え方

日本には、古くから使用されているユニークな月の名称がありますが、これらはどのようにして記憶するのが良いのでしょうか?

現在私たちが使うグレゴリオ暦では、月は数値で表されています。これは太陽の動きに基づく太陽暦です。しかし、日本の旧暦では月の満ち欠けを基にした太陰暦が用いられ、「和風月名」と呼ばれる独自の月名が存在しました。例えば、「師走(しわす)」は、昔の僧侶が年末に忙しく働いたことに由来する名前です。これらの月名は、自然の変化や伝統的な行事に関連して名付けられたものが多いです。

旧暦の月名の記憶法

旧暦の月名、特に「和風月名」を覚える方法には様々なアプローチがあります。基本的な方法は、月名の頭文字を取り、それらをつなげて記憶する方法です。例えば:

1月:睦月(むつき)

2月:如月(きさらぎ)

3月:弥生(やよい)

4月:卯月(うづき)

5月:皐月(さつき)

6月:水無月(みなづき)

7月:文月(ふみづき)

8月:葉月(はづき)

9月:長月(ながづき)

10月:神無月(かんなづき)

11月:霜月(しもつき)

12月:師走(しわす)

これらを「むきやうさみふはなかしし」と覚えると便利です。友人と一緒に語呂合わせで覚えるとさらに記憶しやすくなるでしょう。

語呂合わせで覚える和風月名

「むきやうさみふはなかしし」というフレーズを使って、和風月名を語呂合わせで記憶する方法も有効です。例えば次のようなフレーズが考えられます:

  • 宇佐美が無期懲役で泣いている様子
  • マッチョな宇佐美がお麩を探しているが見つからず困っている様子
  • むっとした弥生ちゃんと宇佐美ふみちゃんが獅子のような鼻を持っているというイメージ

リズムにのせて覚える和風月名

また、リズムに乗せて記憶する方法もあります。ラップ風や短歌風にアレンジして覚えると、楽しみながら記憶することができます。

 

まとめ

和風月名は、日本の太陰暦に基づく伝統的な月の名前です。これらを記憶するためには、語呂合わせやリズムを使う方法がおすすめです。これらの名前は、日本の四季を象徴する美しい表現が含まれており、覚える過程も楽しいものになります。

タイトルとURLをコピーしました