PR

秋の爽やかな気候、いつ訪れる?地域別の見込み時期と準備方法

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

年々厳しさを増す夏の暑さに、秋の涼しい風が待ち遠しくなっています。今年はどの時期から爽やかな秋を感じられるのか、多くの方が関心を寄せていることでしょう。

高温や熱波が続くと、体だけでなく心にも負担がかかります。そんな中で、いつ頃秋の気配を感じ始めることができるのか、その目安を知ることは重要です。

この記事では、各地での秋の到来時期の目安や、暑い季節を乗り越えるための秋の先取りポイントをご紹介します。

今年の夏の終わり、秋の始まりはいつ?

今年も続く厳しい暑さ。いつ頃から涼しさが訪れるのかが気になるところです。

最新の長期予報では、「平年より高温」という予測が目立っています。気象庁のデータでは、日本の平均気温は年々上昇しており、特に近年は高温が目立っています。

長期予報では、「今年の夏は例年より暑く、残暑も長引くでしょう」との見方が主流です。気象庁によると、過去数十年で猛暑日は約3倍、熱帯夜も倍増していると報告されています。

このように、いつ涼しくなるかについてのはっきりした答えを出すのは近年難しくなっています。

続く残暑、秋の遅れの傾向

猛暑日の増加に伴い、最近は残暑が長引き、秋の訪れが遅れる傾向にあります。

統計を見ると、暑さが長引く年が多くなっており、秋が遅くなるばかりか、冬も暖かくなっています。しかし、1993年や2003年、2009年などは涼しい夏が全国的にありましたし、2014年や2015年には西日本で涼しい夏が観測されたこともあります。

残暑が長引くことはあるものの、思いがけず早く秋が訪れる年もあり、そこに少しの希望を見出せるかもしれません。

涼しい季節への移行:いつから始まる?

日本において、一年の中で涼しい季節への移行が始まる時期は、具体的にはいつ頃なのでしょうか。

 猛暑の終わりは8月の終盤に

一般に、日本全土で最も暑い時期は8月とされています。特に8月の前半は気温が高く、お盆を過ぎると徐々に気温が下降し始めます。したがって、お盆を過ぎたら、さらに暑くなることは少なく、涼しさへの転換点と考えられます。

立秋は、涼しさの始まりのサインではない

立秋は、夏の終わりと秋の始まりを示す日ですが、実際には8月7日頃にあり、まだ高温の時期です。立秋は暑さのピークにあたり、涼しい時期の始まりとは言えませんが、お盆前にあることから、暑さの終わりの目安としては有効です。

暑さ寒さも彼岸まで」とは

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉は、涼しくなる時期を示すものとしてよく使われます。実際、9月下旬の秋の彼岸にかけては、気温が下がり始め、快適な気候になります。

地域ごとの涼しくなる時期の目安

それでは、日本各地で涼しくなる時期の目安を見てみましょう。

・北海道

北海道は、日本の中で夏が短い地域です。8月後半になると、朝晩は涼しくなり、9月上旬には平均気温が20℃を下回ります。

・東京

東京では、8月が暑さのピークですが、9月中旬から下旬にかけて、次第に涼しくなります。

・大阪

大阪では、9月に入っても暑さが続きますが、秋の彼岸を過ぎると、気温が下がり始めます。

・九州

九州では、暑さが長引く傾向がありますが、9月下旬から10月上旬にかけて、涼しくなる傾向が見られます。

スポンサーリンク

暑さの中で秋の雰囲気を取り入れるアイデア

秋が待ち遠しいこの時期に、ちょっとしたことで秋らしい気分を味わう方法をご紹介します。

・秋の気分を呼び込むコツ1:クーラーをオフにして自然風を

9月の残暑がまだ続いていても、朝晩は少しずつ涼しくなっています。そんな時、室内のクーラーを切り、窓を開けて自然の風を取り入れると、秋の訪れを感じられます。夜空の月や虫の声を楽しむことも、秋を感じるのに良い方法です。

・秋の気分を呼び込むコツ2:秋の花や食材を楽しむ

夏が過ぎ去ると、秋の花や旬の食材が出回り始めます。これらを取り入れることで、食べ物や視覚を通して秋を感じることができます。部屋に季節の花を飾ることも、秋らしい雰囲気を作り出します。

・秋の気分を呼び込むコツ3:秋のイベントを楽しむ

秋の行事やイベントを取り入れることも、季節を先取りするのにおすすめです。お月見や重陽の節句などを楽しむことで、季節の変わり目を感じられます。伝統的な食べ物や飾りを使うのも良いでしょう。

秋の気分を高めるファッションの提案

暑さが残る時期でも、ファッションで秋を感じることが可能です。

・秋を感じさせるファッションアイテム1:スウェード素材

暑い日々が続いていても、スウェード素材のアイテムを取り入れることで、秋らしさを演出できます。スウェードのバッグやアクセサリーは、秋のスタイルに合わせやすいです。

・秋を感じさせるファッションアイテム2:ニット小物

涼しさが増すにつれて、ニットの帽子やスカーフを取り入れてみましょう。これらの小物は、秋の到来を待ちわびる間、ファッションで季節感を楽しむのに最適です。

・秋を感じさせるファッションアイテム3:ファーのアクセント

まだ暑さが残る時期には、ファー素材を取り入れるのが難しいかもしれませんが、ファーチャームがついた腕時計などは、秋らしさをさりげなく加えられるアイテムです。

まとめ:秋を待つだけでなく、秋を感じる工夫を

暑い季節の中で、ただ涼しくなるのを待つだけではなく、秋を先取りするさまざまな方法を試してみてください。これらのアイデアを取り入れることで、暑さの中でも秋の訪れを感じることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました