PR

新年の抱負の効果的な作文の書き方と参考例文、四字熟語の使用法

「仕事初め」と「仕事始め」はどちらが正しい?御用始めとの違いも分かりやすく解説!04:冬(12~2月)
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

新学期が始まるときの「年の始めの目標設定」

具体的な目標を立ててそれを作文にすることで、一年間の生活に大きな影響を与えることができます。

「一年の出だしはその後の全てを決める」と言われるように、年初に設定する目標はとても大切です。

目標の立て方や、それをどのように表現すれば良いのかについて、作文のテクニックと例文を提供します。

新学期における目標設定のための作文のコツ

新学期にクラスで発表する予定のあなたの年始の目標。

うまく書き方を身につければ、スムーズに表現することができます。

作文を簡単に書くための方法を紹介します。

1・まずは主要な目標を決定する

新学期の目標となるキーポイントを選びます。

四字熟語を活用するのも良い方法です。

たとえば「始終一貫」というテーマを選びましょう。

これは「最初から最後まで一貫して行動する」という意味です。

このテーマをもとに文章を構築していきます。

2・そのテーマを選んだ理由を説明する

テーマが決まったら、なぜそのテーマを選んだのかを説明します。

例えば、始終一貫を選んだ理由は、過去に目標を立てても完遂できなかった経験からかもしれません。

過去の挑戦や失敗について考え、その経験を詳しく説明します。

3・具体的な実行計画を述べる

選んだ理由を明らかにした後、具体的にどのような行動を取るかを説明します。

例えば、「毎日2時間家で学習する」「部活動でのレギュラーポジション獲得を目指す」「帰宅後は母親の手伝いをする」などの計画です。

どのように目標を達成したいかをはっきりさせて、具体的な目標を立てましょう。

目標は一つ以上設定しても大丈夫です。

新年の目標の例文

「仕事初め」と「仕事始め」はどちらが正しい?御用始めとの違いも分かりやすく解説!

それでは「初志貫徹」をテーマにした例文をご紹介しましょう。

この例文は、以前説明した方法に沿って書かれています。

・新年の目標1

今年の新年の目標を「初志貫徹」としました。これは「最初に決めた志を最後まで変えずに貫く」という意味です。この目標を選んだ理由は、昨年を振り返ると、多くのことが中途半端に終わってしまったからです。昨年も新年に目標を設定しましたが、達成には至りませんでした。そこで、今年は強い決意を持って、決めたことは何があっても最後まで遂げたいと考えています。具体的には「毎日2時間勉強して、テストで90点以上取る」「サッカー部でレギュラーメンバーになる」「家で両親の手伝いをする」などです。難しいかもしれませんが、少しずつ目標に近づいていきたいと思います。途中で挫折しないために、目標を紙に書いて壁に貼るつもりです。

もう一つのバージョンも考えてみました。

・新年の目標2

今年の新年の目標は「初志貫徹」に決めました。昨年、定めた目標を達成できなかったことが理由です。昨年の目標は「英語のテストで100点を取る」でしたが、忙しさや疲れにより、計画通りに進まず結果的に達成できませんでした。だから、今年は決めた目標を途中で諦めずに達成するために、毎日コツコツと勉強を続けるつもりです。達成すれば、今までにない達成感を味わえるはずです。そのためには、強い意志を持ち続け、どんな状況でも一歩一歩進んでいくことが大切です。
スポンサーリンク

新年の目標に適した四字熟語

「初志貫徹」以外にも、新年の目標にぴったりな四字熟語をいくつか紹介しましょう。

・一期一会(いちごいちえ)

一度きりの機会、二度と同じ時は来ないこと。その瞬間瞬間を大切にし、今できることを精一杯しましょう。

・文武両道(ぶんぶりょうどう)

勉強とスポーツの両方に秀でていること。どちらも頑張るという意味で使用します。

・一心不乱(いっしんふらん)

一つのことに集中し、他のことに心を奪われない状態。目標に向かって一心不乱に努力しましょう。

・不撓不屈(ふとうふくつ)

困難や苦労にも屈せず、強い意志を持つこと。逆境にも負けず、不撓不屈の精神で目標に向かいましょう。

・有言実行(ゆうげんじっこう)

言葉にしたことを必ず行動に移すという意味。目標を言葉にし、有言実行しましょう。

・明鏡止水(めいきょうしすい)

心にわだかまりがなく、物事をありのままに受け止める冷静な状態。何事も焦らず、明鏡止水の気持ちで挑戦しましょう。

・日進月歩(にっしんげっぽ)

日々着実に進歩すること。毎日の努力を欠かさず、前進し続けましょう。

・堅忍不抜(けんにんふばつ)

いかなる困難にも耐え忍び、屈しないこと。誘惑に負けず、堅忍不抜で目標に向かって努力しましょう。

まとめ

新年の目標の作文の書き方は役立ちましたか?

しっかりと自分に合った目標を設定し、それを達成するために努力してみてください。

その努力が、きっと大きな満足感をもたらしてくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました