PR

時代に逆行?愛され続ける紙の搭乗券の手に入れ方とチェックイン方法を紹介!

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

今や航空業界では、ICチップが組み込まれたカードやスマホアプリでのチェックインが一般化しています。でも、アナログの魅力に引かれる方もまだまだ多いですよね。

 

そんな皆さんのために、私が実際に使っている「紙の航空券をゲットする方法」を、日本航空(JAL)を例にシェアします。

 

方法は大きく分けて二つ。ひとつはカウンターでスタッフに直接お願いすること、もうひとつは自動チェックイン機を使うことです。カウンターは待ち時間が発生することもありますので、時間に余裕がない時は自動チェックイン機が便利です。

 

ただし、紙質に違いがある点は覚えておいてくださいね。

この記事では、紙の航空券が少なくなってきた今、JALや全日空(ANA)などの国内線利用時にどのようにして紙の航空券を入手するかに焦点を当てています。

 

スカイマークやLCC(格安航空会社)では、紙の航空券がまだ必要なシーンもあるため、そちらもチェックしておいて損はありません。

 

主にJALの情報をお届けしますが、ANAについても少し触れてみましょう。

 

JALと異なり、ANAはICカードを使ったチェックインサービスを廃止し、他の方法に移行している点が特徴です。

アナログな旅の魅力

1.デジタルチェックインの浸透

以前は、空港でのチェックインといえば紙の航空券が普通でしたが、時代は変わりデジタルチェックインが主流に。2004年には、JALカードSuicaが登場し、ICカードの利用が広まりました。今ではどこでもICカードやスマホが必需品です。

それでも「アナログ感」を大切にしたい、そんな方々へ、紙の航空券を手に入れる方法をご提案します。私も紙派なので、同じ思いの方々が心配なく読める内容にしています。

2.手に取る旅の記憶

ICカードやスマホアプリでのチェックインが便利な今日でも、紙の航空券のファンは少なくありません。JALでは、JMBカードやJALカードのIC機能を使ったスムーズなチェックインが可能です。ANAもオンライン重視の動きを見せています。

3.紙のチケットの存在感

デジタルチェックインが主流となっても、旅の思い出として「ご搭乗案内」を手にすることができます。

それでもやはり、手元に残る紙のチケットがいいという方は多いです。私もその一人です。

紙のチケットならではの良さ

・情報がすぐにわかる

紙のチケットにはすべての飛行情報が記載されていて、一目で確認できます。

スマホのトラブルがあっても、これがあれば安心です。

・子供連れにも配慮

子供を連れた旅行では、紙のチケットがとても便利。子供用のチケットも一緒に管理できるので、スムーズな搭乗が可能です。

・素材のぬくもり

紙のチケットはそれ自体が旅の記念となり、触り心地や質感を楽しむことができます。

 

スポンサーリンク

デジタル全盛の中での一筋のレトロ:紙の航空券をゲットする方法

タッチスクリーンとアプリが日常の風景になった今でも、紙の航空券を求める人々の間では、その価値は健在です。

有人カウンターの利用

紙のチケットを求める旅行者には、空港カウンターがおすすめの場所です。スタッフに直接申し出ることで、クラシックスタイルの航空券を受け取ることができますよ。ただし、カウンターの数は減少傾向にあり、混雑時には少し待つことも想定しておきましょう。

自動チェックイン機

自動チェックイン機を使用するのも一つの手です。

JALを例にすると、カウンターで発行されるものとは異なるパターンの航空券が出てきますが、緑を基調としたデザインは他のチケットと同じで、必要な情報は全て記載されています。好みは分かれるかもしれませんが、この方法でも伝統的な紙のチケットを入手可能です。

チェックイン機の操作には注意が必要なことも

チェックイン機の操作には注意が必要です。ICカード機能付きの会員証を持っている場合、誤ってデジタルチェックインを選択してしまうことがあるためです。しかし、正しい手順を踏めば、IC機能を使わずに紙のチケットを発行することができるので安心してください。

 

紙チケット発行後にチェックイン機でできること

紙のチケットを発行した後も、チェックイン機でできることはいくつかあります。

たとえば、追加の荷物を登録する手続きは可能ですが、座席変更はできないので注意が必要です。

座席変更を希望する場合は、直接カウンターでの対応が必要です。

【まとめ】

紙のチケットへのこだわりを持つ方々に、その入手方法をご案内しました。JALやANAといった航空会社がデジタル化を推し進める中でも、紙のチケットを選ぶ道はまだ残されています。

 

カウンターでの直接リクエストや、自動チェックイン機操作の工夫を駆使すれば、レトロな旅の始まりを実現できるでしょう。

 

もし次の旅で、紙の温もりを手にしたいとお考えなら、この情報が役立つことを願っています

タイトルとURLをコピーしました