PR

30代がフリック入力を苦手と感じる理由と改善策

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

スマートフォンのテキスト入力で主流となっているフリック入力ですが、年齢層によってはこの方法に苦手意識を持つ人もいます。特に「フリック入力が苦手な年齢層」として30代が挙げられることが多いです。

本記事では、30代がフリック入力に苦手意識を抱く背景と、それを克服するための方法をご紹介します。

30代がフリック入力に苦手意識を持つ背景

調査によると、フリック入力を最も活用しているのは10代で、その割合は63.0%に達します。一方、30代ではフリック入力の利用率が39.6%と低くなっています。

30代がフリック入力に苦手意識を持つ主な理由は、彼らが学生時代に使用していた「ガラケー」の影響が大きいと考えられます。ガラケー時代にはフリック入力が普及しておらず、トグル入力が一般的だったため、30代にはフリック入力に馴染みがないことが原因とされています。

 

フリック入力を苦手とする30代向けのスマートフォン設定

フリック入力に苦手意識を持つ30代でも、適切な設定変更により克服が可能です。

具体的には、スマートフォンの設定を変更してフリック入力のみに限定することが有効です。この設定を行うことで、トグル入力に戻る選択肢を排除し、フリック入力に慣れるしかなくなるため、効果的なトレーニングとなります。

iPhoneの設定

iPhoneユーザーは「設定」→「キーボード」→「フリックのみ」をオンにします。

Androidの設定

Androidユーザーは「システム」→「キーボード(言語と入力)」→「画面キーボード」→「Gboard」から「言語」→「日本語」→「フリックのみ」をオンに設定します。Gboardが表示されない場合はアプリをインストールしてください。

フリック入力に慣れたいなら、この設定を試す価値は大いにあります。

スポンサーリンク

フリック入力の上達に最適な5つのアプリ

フリック入力の技術を磨きたい方へ朗報です。楽しく練習できるアプリをご紹介します。各アプリの特長や魅力を詳しく解説します。

●おすすめフリック入力練習アプリ1: ゾンビフリック

注目ポイント:

  • ゲーム感覚でフリック入力を学べます。ゾンビを倒しながら、楽しく練習できます。
  • ステージが進むにつれ、異なるレベルの入力を練習し、着実にスキルアップ。
  • スコア機能で成長を可視化!
  • ゾンビのグラフィックやサウンドが少々怖いですが、それがゲームのドキドキ感を増します。
  • 3段階のレベル設定で、自分のペースで練習可能。

●おすすめフリック入力練習アプリ2: ラーニングフリック

注目ポイント:

  • 様々なキーワードを使い、フリック入力の範囲を広げます。
  • 広告動画視聴で、苦手なフレーズを集中的に練習。
  • スコアで進歩を一目で確認。
  • パンダのキャラクターが愛らしく、練習が楽しくなります。
  • ゾンビフリックと同じ開発者のアプリで、ゾンビが苦手な方にも向いています。

●おすすめフリック入力練習アプリ3: タイピング練習~日本の名所~

注目ポイント:

  • 日本の名所に関連するキーワードで、日本文化を感じながら練習。
  • 美しい名所の写真が表示され、視覚的にも楽しめます。
  • 注意点: 1日のプレイ回数に制限あり。長時間練習は難しいです。
  • 競争的な要素は少ないですが、名所を巡りながら楽しく学べます。

●おすすめフリック入力練習アプリ4: マイタイピング

注目ポイント:

  • アルファベットでランク付けされ、上達度がわかりやすく、モチベーションが上がります。
  • 歌詞や物語に合わせたタイピングゲームで、多様な練習が可能。
  • 音楽なし、競争要素も少ないので、リラックスして練習できます。

●おすすめフリック入力練習アプリ5: トーキングメモリーズ

注目ポイント:

  • キャラクターと会話しながらタイピング練習。
  • フリーモードで様々な単語を練習し、より実践的。
  • ストーリーに沿ってフリック入力のスキルアップが期待できます。
  • コインを集め、次のステージへ進むシステムで、ゲームを楽しみながら上達。

これらのアプリを活用して、フリック入力をもっと楽しく練習しましょう!

30代男性の フリック入力専用設定への変更によるユーザー体験談を2つ紹介!

フリック入力のみを使用するように変更した際のユーザーの体験と、その効果に関する意見をまとめました。フリック入力に完全に切り替えることで、予想以上の効果があったという感想が多く寄せられました。以前の入力方法への無意識の回帰を防ぐためには、この設定が不可欠であることが明らかになりました。時間が経つにつれて新しい設定に慣れ、自身の上達を実感することができます。

体験談1: アプリを使ったフリック入力の向上

フリック入力の練習に特化したアプリを使うことで、繰り返し練習することにより入力速度が顕著に向上します。暇な時間を利用してアプリで遊ぶように練習することで、上達がより早まります。初めてフリック入力を使う際にはストレスを感じたり、古い設定に戻そうかと思うこともありますが、長年の習慣を変えることは困難です。しかし、持続的な練習によってフリック入力の習得は十分可能です。

体験談2:フリック入力に対する関心とアプリの利用効果

フリック入力を習得するかどうかは個人の意欲に左右されますが、練習用アプリを活用することで、ゲームを楽しみながら上達することができます。したがって、元々フリック入力にあまり関心がなかった人でも、ゲームの楽しさを通じてフリック入力を身に付ける可能性があります。

全体のまとめ

以上、「フリック入力が苦手な年代とその克服方法」について述べてきました。

 

まとめとして、

・フリック入力に最も苦手意識を持つのは30代であり、この年代では関心も低めです。

・その主な理由として、ガラケー時代のトグル入力が強く根付いていることが挙げられます。

・フリック入力は、フリック専用設定にすることや、アプリを使ってゲーム感覚で練習することで習得可能です。

・フリック入力に慣れれば、逆にトグル入力は面倒に感じられるようになります。

 

また、フリック入力の方が速度も速いです。 ・フリック入力が苦手な方は、アプリでゲーム感覚の練習を試してみることを推奨します。

タイトルとURLをコピーしました