PR

缶コーヒーをサッと温める方法を厳選して紹介!最速でホカホカにするにはどうすれば?

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

たまには、自動販売機でゲットしたあのホットな缶コーヒーを家でも楽しみたいですよね?寒くなってきたときなどは、スーパーでストックした缶コーヒーをほっこり温めて味わいたくなります。

そんな時に役立つ、家庭で簡単に缶コーヒーを温める5つのテクニックをご紹介します。実践しやすい順に並べてみましたので、ぜひ試してみてくださいね。

  • マグカップに移して、電子レンジで加熱
  • 電気ケトルでお湯を沸かし、缶を浸して湯煎
  • 鍋でお湯を沸かし、缶を入れて湯煎
  • マグカップに缶を入れ、お湯を注いで湯煎
  • 冷温庫でしっかりと温める

さて、缶コーヒーを温める際には絶対に避けるべき方法もあります。

その点も含め、安全に楽しむコツをお教えしましょう。

最速で温めるコツ!電子レンジを使った缶コーヒーの温め方

  • 缶コーヒーを耐熱性のマグカップに注ぐ
  • 電子レンジの設定を500~600Wにし、1分間加熱

この方法が最も素早く缶コーヒーを温める秘訣です。800Wから1000Wの高出力の電子レンジをお持ちなら、さらに早く温められますが、コーヒーの芳醇な香りを逃さずに温めるためには、低出力でじっくりと温めるのがポイントです。

また、90℃以上で加熱すると、香りが飛んでしまうので注意が必要です。

コーヒー缶を直接電子レンジで温めるのは非常に危険なので絶対やめましょう。必ず耐熱性のマグカップに移してから温めましょう。

直接温めてはいけない理由は以下にまとめました。興味があれば読んでみてください。

缶コーヒーを直接電子レンジで温めてはいけない理由

缶コーヒーを電子レンジで温めることは非常に危険です。その理由は、缶コーヒーの容器が金属製であるためです。電子レンジはマイクロ波を使って食品を温めますが、このマイクロ波が金属に触れると、火花が生じる可能性があります。火花は火事の原因になるだけでなく、レンジ内での反射により電子レンジ自体が破損する恐れもあります。

さらに、金属はマイクロ波を反射する特性があるため、缶内のコーヒーが均等に温められず、缶が過熱してしまうことがあります。これにより缶が破裂し、中身が噴出する危険性もあります。したがって、金属製の缶は絶対に電子レンジで加熱してはいけません。

缶コーヒーを温めたい場合は、中身を耐熱性の容器に移してから電子レンジで温めるか、湯煎で温めるといった安全な方法を選ぶべきです。安全第一で楽しいコーヒータイムを過ごしてくださいね。

電気ケトルで缶コーヒーを温めるコツ

  • 缶コーヒーを軽く洗っておく
  • 電気ケトルに水を入れ、沸騰させる
  • 沸騰後、缶コーヒーをケトルの中に沈める
  • 5分程度待ってからお湯を捨て、缶を取り出す

この方法なら、自動販売機のように熱々の缶コーヒーが楽しめます。電気ケトルなら、1~2分程度でお湯が沸くので手軽ですし、後片付けも簡単ですね。

ただし、衛生面を考慮して、缶は必ず洗ってから使いましょう。また、ケトルの蓋を開ける際には蒸気でやけどをしないようご注意を。

 

簡単にできる!鍋を使った缶コーヒーの温め方

  • 鍋に缶コーヒーがすっぽり入るほどの水を張り、火にかけます。
  • 水が沸騰したら火から下ろし、缶コーヒーをそっと沈めます。
  • 蓋をして5分待ち、その後お湯を捨てて缶を取り出します。

この方法は、手軽にできてとても一般的です。キッチンに鍋があれば誰でも試せますよ。

ただし、缶コーヒーを入れる際は火が消えていることを確認してください。安全第一で進めましょう。

手間なし!マグカップを使った湯煎法

  • 缶コーヒーが入るサイズのマグカップを準備します。
  • 缶をそのままマグカップに入れます。
  • 別途湯を沸かし、マグカップに注ぎます。
  • 5分程度待ってから、缶を取り出します。

マグカップを使えば、後片付けも簡単です。ただ、お湯の量が少ないため、十分に温まるかは少々不確かです。

いつでもホカホカ!冷温庫での缶コーヒー温め方

  • 冷温庫に缶コーヒーを入れておくだけで、数時間で温かくなります。
  • 保冷・保温が可能な便利な電気製品です。

時間はかかりますが、頻繁に缶コーヒーを飲む方には最適です。また、季節に応じて温冷の切り替えが可能です。

スポンサーリンク

ボトル缶も安心!缶コーヒーと同様の温め方

  • ボトル缶は通常の缶コーヒーと同じ素材でできているため、同じ方法で温めることができます。
  • ただし、形状の関係で湯煎が難しい場合は、電子レンジでの加熱が適しています。

ペットボトルコーヒーの温め方

  • ペットボトルは耐熱性がないため、湯煎には向いていません。
  • 中身を耐熱容器に移して、電子レンジで温めるのがベストです。

冷温庫を持っていれば、いつでも温かいコーヒーを楽しむことができます。

 

絶対に避けたい!缶コーヒーを温める際の危険行為4選

温める手段はいくつかありますが、以下の方法はリスクが高く、安全のために絶対に避けてください。

  • 電子レンジでの金属缶の加熱
  • 直接火にかける加熱方法
  • 石油ストーブを使った加熱
  • IHクッキングヒーターでの加熱

金属缶を使った電子レンジ加熱は厳禁

金属製の缶は電子レンジ内で火花を散らし、最悪の場合、火災につながる可能性があります。この行為は絶対に避けてください。

直火による加熱は危険がいっぱい

缶コーヒーを直火で温める行為は、内部のコーティングが溶けたり、缶が爆発する危険が伴います。怪我のリスクも高いので、この方法は使用しないでください。

石油ストーブは使用禁止

石油ストーブを使用しての加熱も、直火と同じく危険性が高いです。缶が破裂する可能性があるため、この方法も避けるべきです。

IHクッキングヒーターは機能しない可能性が

IHクッキングヒーターは缶のような小物を加熱しない設計ですが、誤作動により加熱してしまうと危険です。缶が破裂する恐れがあるため、使用は控えましょう。

缶コーヒーの理想的な温度

市販の缶コーヒーは約55℃に設定されており、実はそれほど高温ではありません。家庭で湯煎する場合、5分間沸騰したお湯に浸すと60℃程度になり、ちょうど良い温度になります。

まとめ

  • 電子レンジを用いる場合は、缶から耐熱容器に移して加熱
  • 電気ケトルで沸かしたお湯を使って湯煎
  • 鍋で沸騰させたお湯で湯煎
  • マグカップにお湯を注いで湯煎
  • 冷温庫で時間をかけてゆっくり温める

以上が安全に缶コーヒーを温めるための方法です。

多くの人に提供する場合は、大きな鍋で湯煎するのが効率的です。

一人の場合は、電気ケトルとマグカップが便利で簡単です。

タイトルとURLをコピーしました