PR

夏の風物詩!ガリガリ君の“当たり”確率とその見つけ方!当たり棒の交換方法も紹介!

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

暑さが増すこの季節、冷たいアイスが恋しくなります。そんな時にピッタリなのが、みんなのお気に入り「ガリガリ君」です。

夏といえばガリガリ君をよく買うシーズン。そんな中で話題になるのが、あの「当たり」の出る確率です。今回は、ガリガリ君の当たり棒について、どれくらいの確率で出会えるのか、そしてどうやって見つけ出せるのか、情報を探ってみました。

 

ガリガリ君の当たり棒の確率

「3.2%」の可能性

別の情報源によると、実際の確率は「3.2%」ではないかとも言われています。

その理由は、販売されるガリガリ君の箱が32個入りであり、その中に一つは当たり棒が含まれているという事実に基づいています。

 

・当たり棒の確率を計算してみると

この仮定をもとに計算すると、「ハズレが31個」に「当たりが1個」となり、「1÷31×100=約3.2%」という結果になります。

(※ただし、実際には交換用としての一つが販売されないため、その部分を計算から除外し、「1÷31」で計算する必要があります。)

確かなことは言えませんが、実際に当たり棒の確率を検証している方々もいらっしゃいますから、そうしたデータも参照にしてみるのも面白いかもしれませんね。

2.0%の可能性

公式サイトでは一般的な基準の2%というようなことも書かれていました。

 

スポンサーリンク

ガリガリ君の「当たり」を見分ける方法とは?

夏のお楽しみ、ガリガリ君の「当たり棒」。その存在は都市伝説のように語られていますが、実際に見分ける方法があるのでしょうか?

・「当たり棒」は特別な製造ラインで

一般的な「はずれ棒」とは異なるプロセスで作られる「当たり棒」。このため、パッケージにわずかな違いがあるとも噂されています。

実際に「当たり棒」を探し出すためには、パッケージの微妙な差異を見抜く洞察力が必要かもしれません。

・街角で囁かれる「当て方」

街中では、ガリガリ君の「当たり」を引くための方法として以下のような噂がささやかれています。

1. バーコードの5番目の線が、通常のものに比べて太く見える
2. 裏面にある黒い四角いシンボル(■)が、普通のものよりも小さい

これらが本当に「当たり」の兆しであるかどうかは明らかではありませんが、試してみるのは楽しいかもしれませんね。次にガリガリ君を手にする機会があったら、ぜひチェックしてみてください。

 

ガリガリ君の「当たり」棒をどうやって換える?

夏の暑さを一瞬で忘れさせてくれるガリガリ君。運良く「当たり」が出たら、どこの店で交換できるのでしょう?基本は購入した店ですが、ガリガリ君を扱っている店ならどこでも大丈夫です。

・引き換えの準備をしましょう

食べ終わった「当たり」棒は、清潔にしてから持っていく必要があります。まずは洗剤で洗い、水気をしっかりと取り除いてください。それから、透明なラップで包んで、「当たり」の文字が見えるようにしてお店へ。これでスムーズに引き換えができます。

スーパーではインフォメーションカウンター、コンビニではレジでスタッフに「当たり」棒を見せて交換をお願いします。

・キャンペーン期間中はルールが異なることも

ガリガリ君のキャンペーン中は、アイスと直接交換できないことも。キャンペーンの「当たり」の場合、専用の応募方法で特別な景品と交換になります。これはパッケージを見れば分かります。もしキャンペーン応募の当たりが出たら、応募後、商品が届くまで1ヶ月程度は待たなければならないと公式サイトは伝えています。

ガリガリ君は1980年からの長い歴史を誇り、多種多様なフレーバーが楽しめるのが魅力です。

もしラッキーな「当たり」棒を手に入れたら、清潔にしてから近くの取扱店で交換しましょう。

タイトルとURLをコピーしました