PR

新幹線に乗る際、いつホームに行けば良い?乗車可能時間はいつから?

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

新幹線に乗る際、ホームにどれくらい早く行くべきなのでしょうか?また、新幹線は出発前にどのくらいの時間から乗車が可能なのでしょうか?

この記事では、「新幹線に乗るためにいつホームに行くべきか」という疑問に焦点を当てて解説します。

多くの人が既に新幹線のホームで並んでいると、少し焦りを感じるかもしれませんね。

 

この記事で分かること:

・新幹線に乗る前にホームに到着すべき時刻
・早めにホームに行かないと座席がなくなるかどうか
・新幹線の乗車可能時間は出発の何分前からか

 

結論として、新幹線に何分前から並ぶべきかは、予定する座席や乗車区間によって異なります。

この記事を最後まで読めば、新幹線に乗る際には早めに並ぶべきか、それとも出発間際でも大丈夫かが明確になります。

新幹線ホームへの到着タイミングは?

結論として、「指定席か自由席か」および「どの駅から乗車するか」によって異なります。

指定席利用の場合、直前の到着でも問題なし

指定席を予約している場合、ホームで早くから待つ必要はありません。指定席はあらかじめ座席が確保されているため、出発直前に到着しても大丈夫です。

ただ、乗り遅れを防ぐためには、出発3~5分前にはホームに到着しておくことが推奨されます。

自由席利用時は早めの到着が望ましい

自由席を利用する際は、次の3つの要素を考慮して到着時間を決めましょう。

乗車する駅の種類
乗車する時期や時間帯
自由席の車両数

・乗車する駅の種類

ポイント
乗車する駅が新幹線の始発駅かどうかを確認しましょう。

例えば、東京から新大阪への新幹線では、東京駅が始発駅ですから、空の状態で駅に到着します。

一方、新横浜から新大阪への場合、新横浜駅は始発駅ではなく、すでに乗客を乗せた状態で到着します。

始発駅からの乗車ならば、早めに並ぶ必要は少ないですが、始発駅でない場合は早めに並ぶことをおすすめします。

・乗車する時期や時間帯

ポイント
乗車するのが混雑する時期や時間帯かどうかを確認しましょう。

年末年始、GW、お盆などの混雑期間や、通勤・帰宅ラッシュ時は10~15分前でも座席を確保するのが難しい場合があります。

混雑が予想される時期や時間帯であれば、余裕を持ってホームに並ぶことが重要です。

・自由席の車両数

ポイント
乗車する新幹線の自由席車両数を確認しましょう。

新幹線によって自由席車両の数が異なります。自由席車両数が多いほど座席確保の可能性は高まりますが、少ない場合は座るのが難しくなります。

一般的に速度が速い新幹線ほど自由席車両数は少なく、「のぞみ」などは16両中3両しか自由席がないため、早めに並ぶことが望ましいです。

・自由席の場合の結論

目安として、自由席に乗る場合は、新幹線発車の10~15分前にはホームに並んでおくことが望ましいです。

ただし、早めに並んだからといって必ず座席が確保できるわけではないため、注意が必要です。

スポンサーリンク

新幹線の乗車時間:発車の何分前から可能?

新幹線は発車時間より前にホームに入り、一定時間停車した後に出発しますが、具体的に何分前から乗車できるかは、乗車する駅と利用する便によって異なります。

時刻表で乗車可能時間が確認できる

新幹線に何分前から乗れるか、またいつから車内に入れるかを知りたい場合は、時刻表を参照するのが一番です。

例えば、「のぞみ43号」の時刻表を例にとると、名古屋駅では新幹線が16:48にホームに入り、16:50に発車するのが分かります。これは、乗車可能な時間が発車の2分前、つまり16:48からということを意味します。

また、京都駅での同便は17:25にホームに入り、17:27に発車しますので、17:25から乗車可能です。

結論:指定席は直前、自由席は早めにホームへ

新幹線ホームへの到着タイミングは、自由席か指定席かによって異なります。

まとめると以下の通りです:

・指定席利用者は出発の5分前くらいにホームに着くことを目安にする
・自由席利用者は出発の15分前にホームに着くと座席確保の確率が上がる
・乗車可能時間は時刻表を確認すると分かる

指定席を予約していれば、直前に駆け込んでも間に合うことが多いですが、自由席利用者は乗車する駅、時期、時間帯、自由席車両数を考慮して、ホームへの到着時間を臨機応変に調整することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました