PR

四千円のお年玉はタブー?偶数の縁起について徹底調査!

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

お正月は一年の始まりで、子どもにとってはお年玉が大きな楽しみの一つです。

「お年玉!」という答えが多いのも納得です。

しかし、子どもから大人になり、お年玉を贈る側になると、そのルールやマナーに戸惑うことがあります。

 

様々な意見や伝統がある中で、「お年玉に四千円は適切か?」や「偶数は縁起が悪いのでは?」といった疑問が生じることも。

 

実際、子どもの頃には気にしなかったこれらの疑問に、

大人になってから悩む方も少なくありません。

 

そこで、お年玉の適切な額や偶数の縁起について調査しました。

 

お年玉で4000円は問題?偶数額の縁起について

お正月といえば、子供たちにとってお年玉は特別な楽しみです。

しかし、大人になると「いくら渡すべきか」という疑問が生じます。

特に「4000円」のような額面や偶数額には、様々な意見があります。

 

通常、お年玉の額は年齢によって変わります。赤ちゃんや未就学児には1000円、小学生には学年ごとに1000円を加算し、中学生以上には5000円から10000円が一般的です。

しかし、小学4年生の場合、4000円になり、ここで悩む方もいます。

伝統的に「4」は忌み数とされ、避けられてきました。

 

4000円のお年玉は適切か?

4000円は、伝統的に忌み数とされる4のため、現代でも敬遠する傾向があります。

受け取る側もこの額面に対して縁起の悪い感覚を持つことがあるため、避ける方が無難です。

 

そのため、小学3年生と同じ3000円、または5000円にする方が一般的です。

近年では、4を幸福の象徴と捉える新しい考え方もあります。

 

しかし、その思いが受け取る側に伝わらないことも多いため、

意図を明確にするためのメッセージや説明を添えることが大切です。

特に親御さんにはその意味を事前に伝えておくと良いでしょう。

 

お年玉で偶数額は問題ある?

 

一般的には、婚礼などで偶数額の贈り物が避けられることがありますが、

お年玉に関してはそのような話はあまり耳にしません。

忌み数には注意が必要ですが、偶数額自体が問題視されることは少ないようです。

それでも、偶数額に対する不安がある場合は避けるのが無難かもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ:お年玉としての4000円、縁起の良し悪し​​

 

「お年玉に4000円は適切か、偶数額は縁起が悪いのか」という疑問について調査しました。

忌み数は一部で避けられていますが、現代ではポジティブな解釈をする動きもあります。

しかし、相手がそのような解釈を受け入れるかどうかを見極めることが重要です。

 

お年玉を贈る際には、受け取る人やその家族がどう感じるかを考慮し、

誤解を避ける工夫が必要です。特に忌み数や偶数額に関する意見は多様であり、

お互いに心地よい新年を迎えるためにも慎重な対応が求められます。

タイトルとURLをコピーしました