PR

ハブ空港の意味・由来・起源を分かりやすく解説!世界ランキング、成田・羽田の位置付けについて徹底考察!

99:雑記・その他
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

よく耳にするけれど、具体的に何を指すのかはっきりしない「ハブ空港」という用語。一般的には知っているようで、実際にその定義や背景を詳しく説明するのは難しいものです。

多くの人が概要を把握しているにも関わらず、具体的な意味や起源について問われると答えにくいことが多いですね。

この記事では、「ハブ空港」に焦点を当て、その意義や発祥の経緯、さらには世界的なランキングにおけるその立ち位置を探ります。また、日本国内の主要空港である成田空港や羽田空港がこの分類にどのように関連しているのかも合わせて解説していきます。

疑問1:「ハブ空港」の具体的な定義とは?

「ハブ空港」とは、主に地域の航空交通の核となる国際空港を指します。これらの空港は、地域内外の重要な接続点としての役割を果たしています。

多くの人が「ハブ空港」と聞くと、世界中の多くの航空会社が利用する大型の国際空港を思い浮かべるでしょう。

ハブ空港の具体的な定義を調べると、次のような説明が見つかります。

​​多数の航空路線が集結し、乗客や貨物を別の目的地へ中継する機能を持ち、その地域の中心的な空港。

出典:精選版 日本国語大辞典

要するに、ハブ空港とは、次の2つの特徴を併せ持つ空港です。

  1. 多数の航空路線が集まる点。
  2. 乗客や貨物を目的地へ中継する機能がある点。

ハブ空港に関して重要なのは、ただ大きな国際空港であるだけではなく、周辺地域への乗り継ぎ機能を持つことです。

航空会社ごとのハブ空港の意味合い

「ハブ空港」という言葉は、特定の航空会社がメインとして使用する空港を指す場合もあります。

例えば、

  • ルフトハンザ航空ではドイツのフランクフルトがメインの拠点。
  • エミレーツ航空ではドバイがメインの拠点。

これらは、その航空会社にとっての「ハブ空港」となります。

この文脈においての「航空会社ハブ空港」は、単なる中継地点ではなく、航空会社の主要な基地としての役割を意味します。

疑問2:「ハブ」の語源とは何か?

ハブ空港という言葉の中の「ハブ」とは、実は車輪の構造から来ています。

ハブ空港は、地域内での乗り継ぎの中核を担う空港を指しますが、この名称はどのようにして生まれたのでしょうか。

「ハブ空港」という名称の背景には、「ハブ・アンド・スポーク・システム」という航空路線のネットワークがあります。

このシステムの英語における単語の意味は次の通りです。

  • ハブ (Hub):車輪の中心部分
  • スポーク (Spoke):車輪の中心と外側を放射状に結ぶ棒

このシステムでは、空港を車輪のハブに例え、そこに結集する航空路線をスポークと見立てます。

ハブ空港の貨物輸送からの進化

ハブ空港の概念は、元々は貨物輸送におけるシステムから派生したものです。

「ハブ・アンド・スポーク・システム」は、もともとアメリカの貨物航空会社フェデックスによって開発された輸送方法でした。この効率的な輸送システムは、他の航空会社にも取り入れられ、世界中に普及しました。その後、旅客便にもこのシステムが適用されるようになり、現在のハブ空港の概念へと発展しました。

ハブ空港には、利点と欠点が存在しますが、このような特性を持つ空港は世界中に広く分布しています。

疑問3:ハブ空港を利用する利点は何か?

ハブ空港の一番の利点は、直行便がない都市へのスムーズな乗り継ぎが可能になることです。

ハブ空港の役割は、乗客が次の目的地へ効率的に移動できるようにすることにあります。これにより、乗り継ぎを行う際の便利さが増します。

ハブ空港に到着する航空便は乗り継ぎを考慮したスケジュールで運行されているため、利便性が高いです。

特に、首都や主要都市以外の目的地に行く場合、ハブ空港を経由することでより多くのフライトオプションが得られます。

また、乗り継ぎ時間中の空港内でのショッピングも楽しみの一つです。ハブ空港には多様な店舗があり、ショッピングや食事を楽しむことができます。

ハブ空港の経済的なメリット

ハブ空港は、空港自体とその周辺地域にも経済的利益をもたらします。

空港内には多くの店舗やレストランがあり、これらは雇用創出の一助となります。

ハブ空港の存在は地域の知名度を高め、観光産業を含む地域経済の活性化に寄与します。

疑問4:ハブ空港のデメリットとは?

ハブ空港の主なデメリットは、直行便に比べて目的地までの所要時間が長くなることです。

地理的な条件によっては、乗り継ぎによって飛行時間が大幅に延びることもあります。

例えば、東京からパリへの直行便と乗り継ぎ便を比較すると、直行便は約12時間ですが、乗り継ぎ便はそれより長くなることが多いです。

また、ハブ空港を利用することで経済的なメリットが得られる一方で、乗り継ぎ客による経済効果には限界があります。乗り継ぎ時間が短いため、大きな経済効果を期待するのは難しいです。

さらに、ハブ空港は騒音問題や施設拡張の必要性などの課題を抱えています。発着便が増えるほど、近隣地域への影響や施設の拡張が必要となるため、これらの問題の解決が重要です。

スポンサーリンク

疑問5:日本の主要空港、成田や羽田はハブ空港としての役割を果たしているか?

日本の国際空港、特に成田、羽田、関西、中部空港は、乗り継ぎの中継地としてある程度のハブ空港の機能を担っています。

ただし、世界のトップハブ空港と比較すると、日本の空港は24時間体制での乗り継ぎが完全ではなく、いくつかの制限があります。

例えば、羽田空港は24時間運営を標榜していますが、実際には深夜時間帯の機能は限られています。

また、インフラや規模の面で国際的に競争力を持つアジアのハブ空港と比べて、やや劣る側面があります。

疑問6:世界のハブ空港ランキングはどのようになっているか?

2018年にOAGが発表した世界のメガハブ空港ランキングには、以下の基準が適用されています。

  • 世界の主要200空港を対象。
  • 6時間以内に乗り継ぎ可能な便の数。
  • 国際便を含む。

このランキングは、乗り継ぎの利便性に基づいて評価されています。

世界のメガハブ空港トップ10は以下の通りです。

  1. ロンドン ヒースロー空港(イギリス)
  2. シカゴ オヘア空港(アメリカ)
  3. フランクフルト空港(ドイツ)
  4. アムステルダム スキポール空港(オランダ)
  5. トロント ピアソン空港(カナダ)
  6. ロサンゼルス国際空港(アメリカ)
  7. アトランタ ハーツフィールド ジャクソン国際空港(アメリカ)
  8. シンガポール チャンギ空港(シンガポール)
  9. パリ シャルルドゴール空港(フランス)
  10. ジャカルタ スカルノ ハッタ空港(インドネシア)

アジアの空港では、シンガポールのチャンギ空港が唯一ランクインしています。ヨーロッパとアメリカの空港が上位を占める傾向が見られます。

日本の空港に関しては、残念ながら羽田空港が21位、成田空港が42位という順位になっています。

ハブ空港での旅行を快適にするためのフライトグッズ

ハブ空港で役立つアイテム1

ハブ空港を利用する際、稀に荷物の取り違いや誤配送が発生することがあります。荷物の遅配は一般的ですが、スーツケースに独特なベルトを付けることで、特徴を素早く伝えることができ、非常に役立ちます。

例えば、Alifeブランドのスーツケースベルトは、8色のバリエーションで展開されており、旅のスタイルに合わせて選べる魅力的なアイテムです。これは、スーツケースの誤認を防ぐだけでなく、旅行の際に大変便利なグッズとなります。

ハブ空港で役立つアイテム2

長時間のフライトでは、足の疲れやむくみが心配されます。特にハブ空港を経由する際には、エコノミークラス症候群の予防が大切です。

ドクター・ショールのフライトソックスは、足の疲れやむくみを軽減するために設計されており、男女共用で利用できます。足の血行を促進する特殊構造で作られており、海外旅行の際に一足持っておくと大変重宝します。

ハブ空港の理解を深めてスマートな旅を!

以上、ハブ空港とは何かを中心に、その意味や由来、世界ランキングなどを詳しく解説しました。ハブ空港は非常に便利なシステムですが、利用する際にはそのメリットとデメリットを理解し、効果的に利用することが重要です。

この記事「ハブ空港の全容解明|意味・由来・起源から世界ランキング、成田・羽田の位置付けについて」をお届けしました。フライトグッズを上手に活用して、ハブ空港での旅行をより快適にお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました