PR

小学校低学年向け交通安全ポスターの書き方、作成方法:デザインと標語のアイデアを紹介!

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

夏休みの課題の中でも特に人気のある小学校1年生・2年生向けの交通安全ポスターについて語ります。

このポスター作成活動は、子どもたちが親と共に交通安全の重要性を学ぶ素晴らしい機会です。

では、どのようなデザインや標語が交通安全ポスターに適しているのでしょうか。

この記事では、小学校低学年の子どもたちが作成する交通安全ポスターのデザインと標語のアイデアについて解説します。

交通安全ポスター作成の大まかな流れ

交通安全ポスター作成の第一歩: 標語の選定

交通安全ポスターを作る際の最初のステップは、標語を選ぶことです。標語はポスターの中心的なメッセージであり、デザインの方向性を決める重要な要素です。選ぶ標語は、小学校1年生・2年生でも読みやすい簡単な漢字を使用しましょう。慣れない漢字を使うと文字が崩れやすくなります。インターネットで「交通安全ポスター 標語」と検索すると、参考になる標語を見つけることができます。

交通安全ポスター作成の下準備: 丁寧な下書き

いきなり色を塗り始める前に、鉛筆で下書きをすることが大切です。特に交通安全ポスターでは、自転車や車、標識などの細部を正確に描く必要があります。下書きをする際のコツは以下の通りです。

  • あまり濃く書かない:消しゴムで消すのが大変で、鉛筆の跡が残る恐れがあります。硬めの鉛筆(HBやB)を使うことをお勧めします。
  • 色の薄い鉛筆を使う:茶色や黄色など、下書きが残っても目立ちにくい色を選びます。

交通安全ポスターの彩色: 色の使い分け

ポスターを彩る際は、色の使い方が重要です。白線や横断歩道を際立たせるために、道路の色(グレーや黒)はしっかり塗りましょう。暗い道路の色と対照的に、人物や車、自転車は目立つように色を使います。赤、黄色、青などの鮮やかな原色が目を引く効果があります。

小学校低学年のための交通安全ポスター作成ガイド

注意すべき重要ポイント:正確な描写

交通安全ポスターは、正しい交通安全情報の伝達が最も重要です。横断歩道の正しい渡り方や自転車のマナーなど、交通ルールを的確に描くことが必要です。これには、道路や交差点の詳細な描写が欠かせません。

よくある間違いとチェックポイント

  • 信号の色の順番:歩行者用信号は上から赤、青。自動車用信号は左から青、黄、赤。
  • 車の位置:車は正しい車線に描かれていますか。
  • 停止線の有無:交差点には停止線が描かれていますか。
  • 道路標識の正確さ:標識は正しく描かれていますか。

1年生や2年生は、交差点や道路のイメージがまだ定まっていないことがあります。下書きの段階で大人が確認し、必要な部分が描かれているかを見極めることが大切です。

注意が必要なパーツ

自転車や自動車のパーツも正確に描くことが大切です。特に注意を要するパーツは以下の通りです。

  • 自転車:
    • ブレーキ
    • ベル
    • ライト
    • ペダル
    • 反射材

 

  • 自動車:
    • シートベルト
    • ドアミラー
    • ライト
    • ナンバープレート

自転車のブレーキや自動車のドアミラーなど、特に忘れやすいパーツに注意しましょう。事前に写真や動画で確認し、図鑑を活用して自転車や自動車の構造を学ぶこともおすすめです。

自家用車をモデルにする場合は、実際のナンバープレートをそのまま描かないようにしましょう。

固有名詞やキャラクターの使用は避ける

著作権の観点から、既存のキャラクターや企業名、個人名の使用は避けるべきです。特定の車種が識別できるデザインや、有名メーカーのマークの使用も控えましょう。特に小学校低学年の子供たちは、好きなアニメキャラクターを描くことがあるため、注意が必要です。

 

小学校1年生・2年生向けの交通安全ポスターに適した標語

歩行者向けの標語例

  • しっかり見て渡ろう
  • 手を挙げて安全に
  • 道を渡る時は話さず注意

自転車向けの標語例

  • 急に出ない 止まって左右を見て
  • 曲がり角は要注意 車が来るかも
  • ヘルメットは自転車の友だち

自動車向けの標語例

  • 後部座席もシートベルトを
  • 飲んだら運転しない
  • スピード控えめに 安全運転

現代の交通安全への反映

  • スマホより大切なのは命
  • スマホを見ていたら危険が

これらの標語は現代の交通安全に関する問題を反映しており、注目を集めています。標語は、簡潔で理解しやすいものが望ましいです。すべて漢字で書く必要はなく、可能な漢字を使いつつ、ひらがなも活用しましょう。

 

スポンサーリンク

小学校低学年の交通安全ポスターのデザイン例

1年生の交通安全ポスターのデザイン例

信号や横断歩道が正確に描かれ、色彩豊かな人物や車が目を引きます。現代的な要素として、スマートフォンを持った人物も描かれています。どの行動が適切で、どれが不適切かを「〇」と「×」の記号で明確に示しています。

2年生の交通安全ポスターのデザイン例

 

過去の交通安全ポスターコンクールで入賞した作品です。大きく書かれた標語と人物が強い印象を与えます。信号や横断歩道も正確に描かれており、「おおきな」という言葉が赤色で強調されている点が特徴的です。

 

交通安全ポスター制作に役立つアイテム紹介

水彩絵の具の選び方

  • 耐久性の高いソフトビニールケース:紙製のケースよりも長持ち
  • 12色セット:全ての色が活用できる
  • 利用しやすいキャップ:小学生でも開けやすい

この水彩絵の具は、小学1年生・2年生にとっても使いやすく設計されています。使い切った色は単品で購入可能です。

クレヨンの選び方

  • 書き心地が柔らかく、初心者にも使いやすい
  • 16色セット:多彩な色で表現の幅が広がる
  • 簡単な開閉ボタン付き
  • 鮮やかな発色でポスターに映える

小学1年生・2年生でも力をあまり入れずに使えるクレヨンです。

筆圧の調整やぼかし技法で様々な表現が可能です。

 

まとめ

小学校の初期段階でも、適切なツールと方法を知っていれば、素晴らしい交通安全ポスターが描けます。ポスターを描く過程で、交通安全の大切さや基本的な交通ルールを学ぶことができるのは素敵なことです。

タイトルとURLをコピーしました