PR

ホワイトデーはアジアだけの文化?海外でもあるの?

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

バレンタインデーのチョコレート贈り物に対するお返しの日として広く知られているのがホワイトデーです。バレンタインが海外の文化であるのに対し、ホワイトデーはどのような存在なのでしょうか?ここでは、海外のホワイトデーについて詳しくご紹介します。実際、バレンタインデー自体、日本では独自のアプローチが取られていると言われています。一体どのような背景があるのか、詳細に解説していきます。

日本独自のバレンタインの風習

日本におけるバレンタインデーは、一般的な恋愛の祝日とは異なる特徴を持っています。ここでは、女性が気になる男性にチョコレートやギフトを贈る習慣が根付いています。近年では、豪華なチョコレートや追加のプレゼントを選んで、他人と差別化を図る風潮が見られます。

しかし、世界的に見ると、女性から男性へのギフトは珍しい方です。多くの国では、男性が女性に贈り物をする日として知られており、中には花やプロポーズを行う人もいます。日本の女性にとっては、少し羨ましい伝統かもしれません。

ホワイトデーはアジア独特の文化

バレンタインデーが男性が女性に贈り物をする日とされる国々では、ホワイトデーの概念は必要ないかもしれません。実際、海外ではホワイトデーを祝う国はほとんどありません。

では、日本以外のどの国々でホワイトデーが存在するのでしょうか?答えは意外とシンプルです。ホワイトデーを「バレンタインのお返しの日」として祝うのは、日本とその近隣のアジア圏内の国々だけです。日本発祥のこの文化は、アジアの一部の国々に広まっています。韓国、中国、台湾などでは、ホワイトデーが特別なイベントとして行われており、日本の影響力の広がりを感じさせます。

海外には「義理チョコ」の風習がない

海外では、バレンタインデーが恋人たちの愛を表現する日であり、日本のように「感謝の意を込めた義理チョコ」の文化は存在しません。義理チョコのお返しに悩む男性が多い日本とは異なり、海外ではこのような習慣がないため、多くの人にとっては少し羨ましいかもしれません。バレンタインデーが男性から女性へのプレゼントの機会であるため、義理の文化がなければ、それに伴う心配や負担も軽減されるでしょう。

スポンサーリンク

3月14日の様々な記念日

3月14日は日本ではホワイトデーとして知られていますが、海外では異なる意味を持つ日もあります。例えばアメリカでは「パイの日」や「ステーキの日」として親しまれており、家庭でパイやステーキを楽しむ習慣がありますが、これらはアメリカ全体のポピュラーな記念日とは言えません。ヨーロッパでは3月14日が母の日となることもあり、その年によって変わる日付で母親への愛を表現する日になることもあります。

ホワイトデーの起源

日本のホワイトデーの起源について考えると、一般的な説はバレンタインデーの一か月後に「白」をテーマにしたお菓子を売り出すために設けられたとされます。この日は、商品販売を促進するためのイベントとして考案されたもので、ポッキー&プリッツの日のようなマーケティング戦略から生まれた特別な日です。

 

 

まとめ

海外の状況について話す際に、海外のホワイトデー事情が日本とは大きく異なることに驚きました。

何となく海外の文化についてのイメージはありましたが、それが実は日本が発祥の文化だという事実には驚きました。

確かに、海外の映画やドラマではホワイトデーのシーンを見たことがありませんね。

ホワイトデーにお返しを考えている人は、この話をトピックにして、美味しい食事を楽しみながらプレゼントを贈ってみるのはいかがでしょうか?きっと素晴らしい1日になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました