PR

節分における豆まきをやるタイミングと正しいやり方を紹介!

99:雑記・その他
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

節分に「鬼は外!福は内!」と掛け声を上げながら豆まきをするのは、日本の古くからの伝統です。恵方巻きの影に隠れがちですが、無病息災を願い豆まきを行う家庭は今でも多くあります。

節分豆まきのやり方は地域や家庭によって異なりますが、実施のタイミングや福豆の意味について知らない方もいるでしょう。今回は、豆まきを行うのに適した時間帯と、正しい方法を5つのポイントで紹介します。

節分の豆まきの正しいやり方

節分豆まきの基本的な手順

節分の豆まきは、無病息災を願う日本の伝統的な行事です。ここでは、一般的に行われる豆まきのステップを見ていきましょう。

福豆の準備:

福豆はスーパーで簡単に手に入りますが、重要なのは「炒った豆」を使用することです。生の豆を使うと縁起が悪いとされています。

豆まきの実施者:

通常、家庭の家長が豆まきを行いますが、年男・年女や厄年の人が行うこともあります。しかし、家族全員で楽しむのが一番です。

豆まきの方法:

「鬼は外~福は内~」と声を出しながら、玄関や各部屋に豆をまきます。面白いことに、一部地域では「鬼は内~福も内~」という独自の掛け声を使う場合もあります。

豆の食べ方:

豆まきが終わった後は、自分の年齢+1の数だけ豆を食べます。これは「健康で過ごせますように」という願いを込めています。

地域による変化

北海道や東北、信越地方では、豆の代わりに落花生を使用する家庭が多いです。これは掃除が簡単で、落としても汚れないため、拾って食べるのに便利です。

豆が多い場合の対処法

もし豆の量が多くて食べきれない場合は、福茶として飲むのも良い方法です。冬の寒い時期には、温かい福茶がおすすめです。福茶のレシピも参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

豆まきの最適な実施時間と方法

豆まきを行う適切なタイミング

テレビではお寺で豆まきをする芸能人の姿をよく目にしますね。学校や保育園では昼間に豆まきを行うことが一般的ですが、伝統に則れば、鬼は夜に出没するとされているので、一般家庭では夜に豆まきを行うことが多いです。

実際に豆まきを行う時間

夜遅くに豆まきをするのは難しいため、実際には夕食の前後が豆まきを行うのに適した時間です。特に、恵方巻きを食べる家庭では、豆まきをしてから恵方巻きを食べることで、より一層の福を家に招くことができます。

タイトルとURLをコピーしました