PR

JR札幌駅とさっぽろ駅の違いと行き方:所要時間と距離の解説

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

北海道の札幌市には、同じ名前を持つが異なる二つの駅が存在します。一つはJRの「札幌駅」、もう一つは地下鉄の「さっぽろ駅」です。ここでのポイントは、JRの駅は漢字で、「さっぽろ駅」はひらがなで表記されていることです。これにより、両駅の区別が容易になっています。

JR札幌駅から地下鉄さっぽろ駅への移動方法

このセクションでは、JR札幌駅から地下鉄さっぽろ駅への移動方法、そして所要時間について説明します。

地下鉄さっぽろ駅:乗り場の案内

地下鉄さっぽろ駅内では、南北線と東豊線の乗り場がそれぞれ異なる場所に設置されています。南北線の乗り場は比較的近いですが、東豊線への移動にはおよそ7分を要します。

最初に、南北線のさっぽろ駅へのアクセス方法をご案内します。

JR札幌駅から地下鉄さっぽろ駅(南北線)への道順

JR札幌駅には、西と東の二つの改札口があります。地下鉄南北線へは西改札口から出て、左に曲がるとすぐに地下へ降りるエスカレーターや階段が見えます。地下へ降りた後は、地下街「アピア」を直進し、再度降りる階段を通って南北線のさっぽろ駅へ到着します。ホーム中央付近にはエレベーターも設置されています。

JR札幌駅から地下鉄さっぽろ駅までは約300mの距離で、移動時間はおよそ3分です。ここでは、JR札幌駅の西改札口から南北線のホームへの道のりを撮影した動画もご覧いただけます。

※注意:地下鉄東西線へは札幌駅から直接乗ることはできません。隣の「大通駅」での乗り換えが必要です。

JR札幌駅から地下鉄さっぽろ駅(東豊線)への案内

地下鉄東豊線への移動について

JR札幌駅から地下鉄の東豊線へは徒歩で約7分の距離です。荷物が少ない場合、速足であれば5分程度で到達することも可能です。

東豊線への道のり

JR札幌駅の東改札を出て、右に進むと地下へ降りるエスカレーターや階段があります。地下に下りた後、案内看板に沿って左に曲がり、直進します。途中、ESTAの食品売り場を通過し、突き当りまで進んだ後、右に曲がってさらに下へ行くと、東豊線の改札口があります。

この道のりについての写真と詳細な説明が含まれる動画もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

地下鉄さっぽろ駅利用時の注意すること

地下鉄さっぽろ駅での乗り換え方法

地下鉄さっぽろ駅には、東豊線と南北線の2つの路線がありますが、これらの路線は改札内で直接繋がっていないので、乗り換える際は一度改札を出て、再び入る必要があります。

南北線さっぽろ駅へのアクセス

南北線のさっぽろ駅に行く場合、JR札幌駅の西改札口が正しい出口です。間違って東改札口から出ないよう注意しましょう。

改札口による路線アクセスの覚え方

  • 東豊線さっぽろ駅へは、JR札幌駅の東改札口から
  • 南北線さっぽろ駅へは、JR札幌駅の西改札口から

これらの点は、地下鉄さっぽろ駅を利用する際に是非覚えておきたいポイントです。

JR札幌駅から東豊線さっぽろ駅への道案内

以上はJR札幌駅から東豊線さっぽろ駅へのアクセス方法に関する説明でした。

 

まとめ

地下鉄さっぽろ駅を利用する際には、南北線を使う場合は西改札からのルートが便利です。こちらは約300m、約3分の距離です。一方、東豊線を利用するならば、東改札からのルートが推奨され、所要時間はおおよそ7分です。

タイトルとURLをコピーしました