PR

読書感想文での適正な文字数と、不足時の対策

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

読書感想文を書く際、どれくらいの文字数が適切なのかは、学生にとってよくある悩みの一つです。原稿用紙を満たすのが難しい場合もあれば、逆に短すぎると先生からの指摘が心配されます。

そこで、小学生から高校生までの生徒たちが、読書感想文を書く上で目安となる文字数についてご紹介します。また、文字数が足りない時に役立つ効果的な方法も併せて解説するので、ぜひ役立ててみてください。

 読書感想文のための文字数の基本ルール

読書感想文を書く際、適切な文字数を知ることは学生にとって大切です。多くの学校は原稿用紙の枚数を指定することが一般的ですが、時には具体的な指示がない場合もあります。

そんな時には、全国青少年読書感想文コンクールの基準を参考にすると良いでしょう。このコンクールでは、以下のような文字数が目安に設定されています。

  • 小学校低学年:800字以内(約2枚分)
  • 小学校中学年:1,200字以内(約3枚分)
  • 小学校高学年:1,200字以内(約3枚分)
  • 中学生:2,000字以内(約5枚分)
  • 高校生:2,000字以内(約5枚分)

文字数不足の時のアプローチ方法

文字数が基準に満たない場合、目安としては指定文字数の約75%が最低ラインです。以下は各学年における推奨される文字数です。

  • 小学校低学年:600字以上
  • 小学校中学年:900字以上
  • 小学校高学年:900字以上
  • 中学生:1,500字以上
  • 高校生:1,500字以上

ただし、これはあくまでも一般的な目安です。評価基準は担当教員によって異なるため、不安な場合は事前に確認が必要です。

高評価を得たい場合

さらに高評価を得たい場合は、指定文字数の90%以上を目標としてください。次のような目安が参考になります。

  • 小学校低学年:720字以上
  • 小学校中学年:1,080字以上
  • 小学校高学年:1,080字以上
  • 中学生:1,800字以上
  • 高校生:1,800字以上

コンクールに参加する場合

コンクールに参加する場合は、95%程度の文字数が望ましいとされています。具体的な目安としては、小学校低学年では760字、中学年で1,140字、高学年で1,140字、中学生で1,900字、高校生で1,900字です。

文字数だけでなく、内容の充実も重要視されます。過去の受賞作品を参考にすることで、良質な感想文を目指しましょう。

 読書感想文での文字数補充のコツ

読書感想文作成時、文字数が足りないという状況は多くの学生が経験します。特に、指定された原稿用紙を満たすのが困難な場合、以下のような対策で文字数を増やすことができます。

あらすじの詳細化

文字数を増やすには、本のあらすじをもっと詳細に書き加える方法が有効です。セリフの引用を含めることで、容易に文字数を増やせますが、あらすじの引用が過多になると感想文としての質が下がるリスクもあるため、注意が必要です。

印象的なシーンの追記

感想文に特に印象に残ったシーンやそのシーンに対する感想を具体的に追加することで、自然と文字数が増加します。例えば、「この場面で主人公が取った行動に深く感動し、私の心に響きました。もし自分がその立場だったら…」のような追記が有効です。

言葉遣いの工夫

シンプルな表現をもう少し複雑な言い回しに変えることでも、文字数を増やせます。たとえば、「面白かった」を「この話は非常に興味深く、私の感情を強く動かしました」といった形に言い換えるのです。

微調整で文字数を調節

ほんの数文字不足している場合には、文章の一部で改行を入れたり、長い文を二つに分けたりして対応します。また、文中の「、」を増やすことでも、自然に文字数を増やすことができます。

これらのアプローチを駆使して、読書感想文の文字数不足を補い、内容の充実した文章を作成しましょう。

スポンサーリンク

 読書感想文で文字数を減らすコツ

たまに、読書感想文の文字数が多くなりすぎてしまうことがあります。そんな時に役立つ、文字数を減らす方法をいくつか紹介します。

  • 丁寧語から常体語への言い換え:「です、ます」調よりも、「~だと思う」のような常体語の方が文字数を削減できます。
  • 不要な読点の削除:必要以上の「、(読点)」は取り除きましょう。
  • 段落や文の統合:複数の段落や文を1つにまとめることで、文字数を減らすことができます。
  • 長い文章の簡略化:長い文を短く、簡単な言葉で表現し直します。

丁寧語から常体語への言い換えは特に効果的ですが、文章全体のバランスを考慮しましょう。また、内容が多く文字数を大幅にオーバーしている場合は、一部のエピソードを省略するのも一つの方法です。

 読書感想文を書く上でのアドバイス

気楽な心構えで書き始める

読書感想文を書く際、完璧を目指しすぎて筆が進まないことがあります。そんな時は、「完璧でなくても30%の出来栄えでいい」という心構えで書き始めてみましょう。一度文章が形になれば、後から修正や追加が可能です。

初稿は箇条書きから

初めに思いつくことを箇条書きで書き出し、その後で文章にまとめるのがおすすめです。この方法だと、自然と文章の構成が整いやすくなります。

パソコンやスマホを活用する

可能であれば、パソコンやスマホで下書きをすると便利です。文章の調整が容易で、文字数のカウントも簡単に行えます。

まとめ

読書感想文の文字数に関しては、最低限75%程度を目安にし、高評価を目指すなら90%以上を目標にしましょう。文字数が足りない場合は、簡単な言い換えや追加で対応できます。この記事があなたの読書感想文作成の助けとなれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました