PR

買い替えと買い換え、使い分けのポイントと例文で理解する方法

99:雑記・その他
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

私達の日常では、使っている品物を新しいものへと更新するタイミングが個人によって違います。

オンラインで商品レビューを読んだり、商品の種類を調べたりする際に、ふと「買い替え」と「買い換え」の選択に立ち止まることはありませんか?私も時々、どちらの用語を使用すれば良いのか逡巡することがあります。どちらも同じ様な意味に感じるものの、実は使い方には微妙な違いがあります。

今回の記事では、「買い替え」「買い換え」というよく似ているが異なる二つの用語にスポットを当てます。例文を用いながらその違いを明らかにし、それぞれの言葉を適切に使い分ける方法を詳しくみていきましょう。

 

「買い替え」と「買い換え」の使い分け方

何を買うか、いつ買うかを決めるには、「買い替え」と「買い換え」の違いを知ることが大切です。

買い替えの意味

まず、「買い替え」の意味を見てみましょう。

漢字の「替」は、古いものと新しいものを入れ替える、あるいは何かを別のものに変えるという意味があります。

 

つまり、「買い替え」は、今あるものを新しいものに取り替えることを言います。

「替」の字は、昔の官僚が仕事を交代する様子を表しており、入れ替わりという考え方につながりました。

買い換えの意味

次に、「買い換え」の意味を説明します。「換」は、何かを他のものに変える、着替えるという意味があります。

「変える」ということは、「買い替え」と似ていますが、「換える」ということは、古いものを新しいものに置き換えるというニュアンスがあります。

 

漢字の「換」は、世代が変わることを意味する場合に使われます。

では、入れ替えと置き換え、この二つの考え方はどう違うのでしょうか?

入れ替えるとは、一つのものが別のものになる過程、またはその逆のことです。

 

一方、置き換えるとは、古いものを新しいものに変えることです。

このように考えると、二つの違いがはっきりとわかりますね。

 

「入れ替える」は同じ種類のものを新しくすること、「置き換える」は違う種類のものを使うこと、という感じがします。

 

「交替」と「交換」という単語も同じような意味ですが、前者は同じようなものを入れ替えること、後者は違うものに置き換えることに注目します。

 

「買い替え」と「買い換え」は似ているけれども微妙に違う言葉です。その使い方を完璧に理解するためには、実際の文章で使われている例を見ることが有効です。

 

買い替えと買い換えの区別の仕方

買い替えと買い換えの区別の仕方を、実際の例文を使って説明していきます。

・買い替え

今着ているコートを捨てて、今年のトレンドのコートに買い替える 今使っている車が古くて修理代が高くなってきたので、新しい車に買い替える 以前使っていたiPhoneが故障してしまったので、新型のiPhoneに買い替える 買い替え、という漢字は、古いものを新しいものにするときによく使います。

上の例文では、古いコートと新しいコートは、「コート」という同じ機能の服ですが、古いものを捨てて新しいものに変えています。

変えたものを、変える前のものと同じ目的で使っています。

コート、車、iPhoneという同じカテゴリのものを、古いものから新しいものに変えているのです。

「変える」という言葉は「換える」とは書きませんので、このように覚えるといいでしょう。

ここで古いものを引き取りに出して別のものを買っている場合は、「買い換え」になります。

・買い換え

電子レンジとトースターとオーブンをそれぞれ買ったら家に置くスペースがなかったので、オーブン機能のある多機能電子レンジに買い換える 自宅をマンションから一戸建てに買い換える デスクトップPCをノートパソコンに買い換える 買い換え、という言葉は、新しいものと交換するときに使います。

上の例文では、電子レンジとトースターとオーブン、という3つの家電を交換して、多機能電子レンジを買っています。

電子レンジ・トースター・オーブンと多機能電子レンジは違うものなので、買い替えるとは言いません。

デスクトップPCをノートパソコンにすると、できることはデスクトップPCよりもノートPCのほうが多くなりますよね。

元々家にあったデスクトップPCとノートパソコンを電気屋で交換しているので、この場合も買い換えるという言葉が適切です。

買い替えと買い換えを区別するときは、元々あったものと同じ機能を持つか、新しいものは同じカテゴリか、ということを考えると区別しやすいです。

買う以外のことでも、「替える」と「換える」という漢字を使う言葉は多くあります。

両替

「替」という言葉で一番使うのは「両替」でしょう。

両替はお金という同じカテゴリのものに使う言葉です。

新しくするということではなく、自分の持っているお金と変えて、同じ通貨としての機能を果たしています。

変えたものは元々あったものと同じ機能を果たす、ということが大事なポイントです。

交換

反対に、「換」という言葉で一番使うのはさっきも出てきた「交換」だと思います。

交換するものは、同じカテゴリでなくてもいいです。

例えば、友達の実家で採れた野菜と自分が作った服を交換する、という文は普通に使えますよね。

野菜と服は違うカテゴリのもので、それぞれ違う機能を持っているものですが、機能が違うものと変える、という意味の「交換」を使うことで意味が通じます。

この文を、友達の実家で採れた野菜と自分が作った服を交代する、とすると、なんだか変ですよね。

これは「交代」という言葉が、同じ機能を持つものと変える、という意味を持っているため、違う機能を持つもの同士に使っていると変になるのです。

スポンサーリンク

買い替えと買い換えの使い方のポイントは?

買い替えと買い換えの意味の違いは以前説明しましたが、それではどちらを使うと便利なのでしょうか。

状況に応じてどちらが正しいか考えて使い分けるのが理想ですが、どちらを使えばいいか迷ったら「買い替え」を使うといいです。

買い換えは別のカテゴリのものに乗り換えるときに使う言葉ですが、買い替えは同じカテゴリのものを新しくするときに使う言葉です。

買いかえるという言葉を使うときは、同じカテゴリのものを新しくすることのほうが多いのではないでしょうか。

一般的にも「買い替える」という漢字のほうがよく見かけるので、買い換えとどちらを使うか迷ったら、買い替えるという漢字を使っておけば問題ないです。

まとめ

買い替えは同じカテゴリのものを新調すること 買い換えは異なるカテゴリのものと交換すること 迷ったら買い換えではなく買い替えを使っておくと間違いない 同じ読みで似たような意味の漢字があるのは日本語の面白さの一つですが、実際に使い分けるのはとても難しいですよね。

買い替えと買い換えのように、意味は近いけどどちらを使うか分からない、という言葉は数多くありますので、興味を持った方は調べてみると楽しいかと思います。

文字を書いて覚えるようにすると、日本語の奥深さにも触れることが出来るのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました