PR

ボトルと缶、一緒の分別で大丈夫?不燃ゴミとしての捨て方もチェック!

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

毎日の生活で出るさまざまなゴミ、指定された日に外に出していますよね。

普通、可燃ゴミや不燃ゴミなど種類に分けて捨てるものですが、地域によってはボトルや缶を同じカテゴリーで扱っていることがあります。

これにはどんなわけがあるんでしょうか?また、ボトルや缶は燃えないけど、不燃ゴミとして出しても問題ないのでしょうか?

この記事では、そんな疑問に対する答えをお届けします。

 

ボトルと缶を同じく分別する理由

ゴミ出しの時には、いろいろな種類に分けて捨てるのが一般的です。

自治体によっては、可燃ゴミや不燃ゴミに分けていますが、中にはボトルや缶が含まれることも。

素材が異なるのに、同じように扱うのはなぜでしょう?

実は、ゴミが集められた後の処理過程に理由があるんです。

回収されたボトルや缶は、処理施設へと運ばれ、そこでまず手作業で異物を取り除きます。

その後で、ボトルは色別に、缶は磁力を使って鉄とアルミに分けられるんです。

だから、ボトルと缶を最初から別々に分ける必要がないわけですね。ただし、自治体によって分け方は違うので注意が必要です。

ボトルと缶を別々に収集する地域もあるため、住んでいる地域のルールをしっかり確認してくださいね。

 

ボトル類とアルミ缶、不燃ごみとしての扱いについて

生活の中でよく使うボトルやアルミ缶、これらは本来燃える性質を持たないものです。そういった特性から、不燃ごみとして出すことができるのかという疑問は自然なものです。

ボトルやアルミ缶を不燃ごみとして出すことは適切なのでしょうか?実際、これらはリサイクルを促進するために別々に集められることがほとんどです。

リサイクルを考慮するなら、これらのアイテムは指定された回収日に合わせて出すのがベストです。

とはいえ、リサイクルできないボトルや缶も存在します。

 

例えば、以下のようなアイテムはリサイクルの対象外になることがあります。

 

・割れたり欠けたりしたボトル
・透明でない乳白色のボトル
・普通のガラス製品とは異なる素材で作られたもの
・危険な化学薬品が入った容器

 

これらは普通のボトルや缶と異なる扱いを受けることがあります。

また、中身がまだ残っている缶なども、通常は不燃ごみとして処理することになります。

ただし自治体によっては、アルミ缶を不燃ごみとして扱う場合もありますので、住んでいる地域のルールに従うことが重要です。

 

スポンサーリンク

自治体のゴミの分別方法の確認する方法

ゴミの分別方法は自治体によって異なりますので、正しい分別方法を確認することが大切です。確認する方法としては、以下のような手段がありますね。

自治体の公式ウェブサイト:

多くの自治体が公式ウェブサイトにゴミの分別方法についての情報を掲載しています。検索エンジンで「[自治体名] ゴミ分別」と入力すると、関連するページが見つかるはずです。

ゴミ分別ガイドブック:

自治体から配布されるゴミ分別ガイドブックには、詳しい分別方法が記載されています。新しく引っ越した際にもらえることが多いですし、市役所や区役所などで配布している場合もあります。

自治体の問い合わせ窓口:

分からないことがあれば、市役所や区役所の環境部門などに電話やメールで直接問い合わせるのも一つの方法です。

地域のコミュニティ:

近所の方や管理組合、地域のコミュニティセンターなどに尋ねることも有効です。実際にその地域で生活している人のアドバイスは非常に役立ちます。

どの方法を選択されるかは、ご自身の状況や好みによりますが、正しい情報を得ることで、地域の環境保護に貢献することができますね。

 

まとめ

ボトルや缶を別々に分けずに一緒に出しても良いのは、リサイクル施設で適切に分類されるからです。このステップはリサイクル過程において欠かせません。

しかし、自治体がこれらを不燃ごみとして分類していなければ、不燃ごみとして出すことは推奨されていません。

通常、壊れたボトルや危険な内容物が入った容器、中身が残った缶などは不燃ごみとして出されることが一般的です。

重ねて言いますが、ごみの分別方法は自治体によって異なるため、自分の住んでいる自治体のルールを確認し、それに基づいて適切に処理するよう心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました