PR

「図」と「表」の意味と使い分け

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

 

レポートや論文には「図」と「表」を入れることがよくありますが、自分が作っているものが「図」なのか「表」なのか正確に分かっている人は少ないです。間違って使ってしまうという人もいます。

 

「図」と「表」は大切な要素です。レポートや論文を提出する前には、必ず確認しておく必要があります。

 

ここでは、「図」と「表」の違いを説明します。

「図」と「表」の違いとは?

「図」と「表」はよく使われますが、それぞれの特徴や使い分けをしっかりと理解しておかないと、あとでトラブルになることがあります。

 

そこで、それぞれの特徴や使い分けを説明します。

 

「図」とは、「表」ではないもので、物の形や形状を描いたものです。グラフやフローチャート、地図、模式図などが「図」にあたります。

 

レポートや論文でグラフを作ったり貼ったりするときには、「図1」というように書く人が多いです。これが「図」の例です。

 

「表」とは、文字・数字と縦横の罫線だけでできたもので、文字と数字を格子状に並べて見やすくしたものです。

 

「表」を使うことで、データの特徴や傾向などが一目で分かります。相手の理解を深めることもできます。

 

それぞれの違いは、文字・数字・罫線だけでできたものなのか、それ以外の物の形や形状を描いたものでグラフなども含まれるのかということです。

 

きちんとした使い方がある!

「図」と「表」の違いを説明しましたが、それぞれに正しい使い方があることをご存知でしょうか。

 

使い方を間違えると、レポートや論文で指摘されてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

「図」はタイトルは図の下につけるのが本来のやり方です。

 

「表」はタイトルは表の上につけるのが本来のやり方です。

 

タイトルの前に「図1」や「表3-1」のように、通し番号をつけるととてもわかりやすく、目を通しやすいです。

 

どちらも適した使い方がありますが、図や表は1ページにおさめることが大切です。長くしてしまうと相手が読みにくいということもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

図表の使い方を工夫しましょう!

「図」と「表」は読者にとって分かりやすく目に優しいものです。正しい使い方をすれば、読者の理解を助けることができます。

ですから、「図」と「表」を上手に使うことは重要ですが、自分なりに工夫をしてみることも大事です。

面白い使い方をすれば、読者の興味を引くことができたり、簡潔にまとめることで、読者の飽きを防ぐことができます。

そういう工夫をすると、素晴らしい仕上がりになります。

おもしろく図表を使う方法

 

面白く図表を使う方法はいろいろありますが、一般的には以下のようなポイントがあります。

図表の種類やデザインを工夫する

例えば、歯車やフィルターなどの図形を使って、関連性や流れを表現する。

また、色やフォント、アイコンなどを変えて、視覚的に魅力的にする。

図表の内容やメッセージを工夫する

例えば、ワードクラウドを使って、ブログやSNSなどのキーワードを分析する。

また、レーダーチャートを使って、自分や他人の特徴や能力を評価する。

図表の使い方や効果を工夫する

例えば、メーターグラフを使って、目標や進捗を示す5。また、積み上げ棒グラフを使って、構成比や比較を示す。

以上のように、面白く図表を使うには、目的や対象に合わせて、適切な図表を選び、工夫して作成することが大切です。

 

図表は単にデータを表示するだけでなく、ストーリーや感情を伝えることもできます。

ぜひ、面白く図表を使ってみてくださいね。

 

まとめ

 

「図」と「表」は一度は使ったことがあるものですが、その特徴や正しい使い方を覚えておくと、論文レポートがいつもよりもっと素晴らしいものになります。

忘れないでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました