PR

昼のひとときも楽しめる?串カツ田中のランチタイムのお会計ルール

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

串カツでおなじみ、串カツ田中。カジュアルに楽しめるこの店、みなさんも一度は訪れたことがあるかもしれませんね。

夜のお食事だけでなく、昼間に足を運ぶ方もいるようです。

さて、串カツ田中のお話となると、お通し代が気になるところ。ランチタイムにもそれは適用されるのかしら?

ランチでもお通し代は必要なのか、そしてワンドリンクのルールはどうなっているのか、気になるポイントをチェックしましたよ。

昼の串カツ田中、お通し代は必要?

大阪発の人気グルメ、串カツ。そのお店の中でも名を馳せるのが串カツ田中。

独自の衣、フライオイル、秘伝のソース。それぞれが特別な配合で、変わらぬ美味しさを守り続けています。

20歳以上のお客様にはお通し代をいただくのが通例ですが、このお通し代、ランチタイムにも影響するのでしょうか。

平日午後3時までのランチタイムならば、お通し代は不要です。ただし、例外がないわけではないので注意が必要です。

ランチメニューには、串カツ定食や唐揚げ定食などがあり、これらを注文した場合のみお通し代が免除される可能性が高いです。

実際に私がランチで定食メニューを体験した時は、お通し代は発生しませんでしたが、その他のメニューを選んだ場合のことは保証できません。

また、店舗によって異なる扱いがあるかもしれませんので、訪れる前には一度店舗に問い合わせてみるのが良いでしょう。

串かつ田中以外にお通し代がかからない店はどこ?

串カツ田中以外でも、お通し代がかからないお店は多数存在します。特にチェーン店やファミリーレストラン、ファストフード店などでは、お通し代を取らないのが一般的です。また、カフェや定食屋、ラーメン店などのカジュアルな飲食店ではお通しを提供しないことが多いため、お通し代が発生することはありません。

しかし、居酒屋や和食店などではお通しを出す文化が根強いため、お通し代がかかることが一般的です。ただし、最近ではお客さんのニーズに応じてお通し代を取らないお店や、お通し代が含まれた価格設定をしているお店も増えています。

地域やお店によって方針が異なるため、事前にホームページを確認したり、電話でお問い合わせするなどして確認するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

昼のひととき、串カツ田中で飲み物はオーダー必須?

串カツ田中の店内でのルールとして、20歳以上のお客様には、最初の1杯を注文するシステムがあります。このルールは、ランチタイムにも適用されるのか、気になるところですよね。

昼食時にはドリンクをスキップしたいと考える方も少なくないでしょう。では、串カツ田中の昼時において飲み物のオーダーは必要なのでしょうか。

実は、平日の午後3時までのランチタイムに限り、ドリンクの強制はないんです。つまり、この時間帯にランチメニューを選べば、飲み物を追加注文する必要はありません。

ただ、この例外もランチメニューに限定されている可能性が高いです。私がランチで定食を楽しんだ際も、ドリンク代は発生しませんでしたが、店舗によっては異なるケースもあるでしょう。

これはお通し代に関することと同じですね。ランチタイムのドリンクオーダーの必要性について確認したい場合は、事前に店舗に問い合わせることをおすすめします。

まとめ:昼の串カツ田中での注意点

串カツを気軽に楽しめる全国チェーンの串カツ田中では、ランチタイムには特別なルールが設けられています。平日の15時までのランチでは、追加のドリンクオーダーは必要ないとされています。

ただし、この免除が適用されるのはランチメニューを選んだ場合に限る可能性があります。そして、店舗によっては異なる対応を見せることも念頭に置いておきましょう。

ランチタイムのお通しやドリンクに関しての詳細を把握するには、訪れる店舗に直接問い合わせることが一番確実です。

タイトルとURLをコピーしました