PR

聞き間違いがちだけど意味は別!「練る」「煉る」「錬る」の使い分け

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

言葉の世界は奥深く、耳には同じに聞こえる言葉でも、

実はまったく違う意味を持つことがよくあります。

 

「練る」「煉る」「錬る」という、発音は同じでも意味が異なる三つの言葉が、

その典型例です。それぞれの言葉の意味の違いを、ここでおさらいしておきましょう。

 

それぞれの「ねる」、どんな意味があるの?

「錬る」とは

 

「錬る」という言葉は「ねる」と読みます。この言葉は、ものを加工して品質を向上させる、特に金属などの材料を精錬する工程を指すことが多いです。

 

【使い方の例】

金属を錬る:金属を高温で溶かし、不純物を取り除いて純度を高める。
技を錬る:スポーツや芸術などの技術を繰り返し練習して、上達させる。

この言葉は、物理的な加工だけではなく、比喩的な意味でも用いられます。

たとえば、「精神を錬る」は、厳しい経験を通じて精神力を鍛えることを意味します。

また、「心を錬る」という場合は、自己の内面を磨き、精神的な成長を遂げることを表します。

「錬る」は、物質的なものだけでなく、抽象的な概念や技術、精神的な面においても、それらを磨き上げて質を高めるという意味で使われる言葉です。

「練る」という行為の多様性

「練る」という行為にはさまざまな側面があります。

・「練る」の多面性

「練る」と読むこの言葉は、素材を均等に混ぜ合わせて一体化させる行為、糸を紡ぐ際の繊細な作業、革を柔らかく加工するプロセス、

アイデアを練り直して洗練させる思考の過程、知識や技術の習熟を深めるための練習など、

多岐にわたる意味を含んでいます。

・活用の幅

「練る」という表現は、物質的なものを形作ることから、

アイデアやプランを具体化すること、さらには技能や知識を鍛え上げるための継続的な努力を指す場合にも使われます。物理的なものだけでなく、

思考や技術の向上といった目に見えない領域においても、

改良を加えて質を上げる際に用いられる言葉です。一般的に最も使用頻度が高いのはこの漢字です。

「煉る」という特定の工程

「煉る」という特別なプロセスを詳しく見ていきましょう。

・「煉る」とは何か

「ねる」と読む「煉る」という言葉には、金属をはじめとする素材を高温で処理し、より硬く、耐久性を持たせるという意味があります。

・具体的な使用例

この言葉は、素材を熱で溶かして形を整えるような場合に使用されます。

たとえば和菓子作りで餡を練る際に使われることがありますが、そういった特殊なシチュエーション以外ではあまり使われません。

これはかつての「当用漢字表」に掲載されていなかったことに起因し、その後の書類や文書では使用が減少して、「練る」という表記に置き換えることが一般的となったからです。

日常では「練る」が一番なじみ深い?

「煉る」や「錬る」という表記をあまり目にしないと感じる方は少なくないでしょう。これには理由があります。かつて政府によって作成された「当用漢字表」には「煉る」という漢字は含まれておらず、後に漢字の使い方を簡略化する動きの中で、「練る」という同音の漢字に置き換えることが推奨されました。

ですので、今では「練る」という表記が一般に広く使われているんですね。さらに、「煉る」があまり知られていないのは、その後の「常用漢字表」にも取り入れられなかったからというのが大きな理由です。

 

スポンサーリンク

パソコンで変換すると出てくる「煉る」と「錬る」

現在の「当用漢字表」や「常用漢字表」には掲載されていない「煉る」と「錬る」ですが、パソコンで「ねる」と入力すると、これらの文字も変換候補として現れます。

これらの漢字は、表には載っていないものの、漢字としての存在は確認できるのです。ただし、日々の生活やビジネスの場では「煉る」「錬る」という表記は通じにくいことも多いので、使う際には慎重になる必要があります。

まとめとして

同じ発音でも異なる意味を持つ言葉は、ときに理解を難しくさせます。特に、「練る」「煉る」「錬る」の3つの言葉は、多くの人が混乱する代表的な例です。

普段耳にすることの少ない「煉る」「錬る」ですが、これらの言葉が使われる場面や、使われなくなった背景について学んでおくことは、言葉の理解を深める上で有意義です。

タイトルとURLをコピーしました