PR

速攻で実行!蚊取り線香をすぐに消す方法

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

夏の風物詩、蚊取り線香。でも、いざという時にピタリと止めたいこともありますよね。

通常は燃えている部分を折ってしまうという手もありますが、時間がかかる上にやけどの恐れも。

そこで、もっと手早く消すコツをいくつかご提案します。

時間をかけず消す方法

急いで蚊取り線香を消す必要があるときに試すことができる、様々な方法をご紹介します。合計7つのアイデアをピックアップしました。

1. 水を活用する

火部分に水をちょっとだけ落とすのが一番簡単です。ただし、水の量が多いと再使用時に問題が発生することがあるので注意が必要です。

2. ペンのキャップで窒息させる

燃えている部分にボールペンのキャップをかぶせて、空気を遮断することで火を消す方法です。

3. 壁を利用する

コンクリートの壁に燃えている部分を強く押し付けて、すり消すという手もあります。屋外でないと使えないのがネックですが。

4. ニッパーでカット

燃えている部分を専用のニッパーで切り落とす方法もありますが、火の粉が散ることがあるので、取り扱いには注意が必要です。

5. 金属製のバサミで挟む

金属製の洗濯バサミで燃えている部分を挟むことで、熱を逃がして火を消すことができます。

6. クリップで固定

家にある目玉クリップで挟んで同じ効果を得ることもできます。

蚊取り線香の火を目玉クリップで消す
蚊取り線香の火を目玉クリップで消します。◆チャンネル登録はこちら◆使用機材など

7. 金属皿を使う

蚊取り線香を乗せている金属皿の端に燃えている部分をくっつければ、熱が伝わって火が消える仕組みです。

これらの方法によって、安全かつ迅速に蚊取り線香を消すことが可能です。ただし、どの方法を選ぶにせよ安全には十分注意してください。

蚊取り線香を時間差で消す方法

外出する時や寝る前など、すぐには消さずに一定時間後に蚊取り線香を止めたい時がありますよね。

そんな時に役立つ「時間を設定して消すテクニック」を3つご紹介します。

8. ホッチキスの針を利用する

ホッチキスの針を線香の上に置くと、空気が遮断されて徐々に火が消えます。

9. ゼムクリップで挟む

燃えている部分をゼムクリップで挟むと、空気の流れが止まり火が消えるんです。

 

10. ヘアピンで固定する

燃えている部分をヘアピンで挟んでみてください。燃焼が進んで挟んだ部分まで来ると、火が自然と消えます。

 

以上が、後で消火したいときに使える3つの方法です。実際に試して、最適な方法を見つけてみてください。

スポンサーリンク

蚊取り線香を使う時の7つの注意点

蚊取り線香を使用する際には、以下の注意点を守ることが重要です。

安全な場所で使用する:

蚊取り線香を燃やす際は、火災を防ぐために不燃性の受け皿を使用し、燃えやすい物質から離してください。

換気を良くする:

線香の煙は室内の空気を汚すことがあるため、使用中は適切な換気を心がけましょう。

子供やペットの手の届かない所で使用する:

小さな子供やペットが触れないように、高い位置や安全な場所で使用してください。

直接吸入しない:

蚊取り線香の煙は直接吸入すると健康に影響を与える可能性があるため、近くで長時間吸い込まないようにしましょう。

使用後の火の始末をしっかりとする:

使用後は線香が完全に消えていることを確認し、火の始末をしっかりと行ってください。

保管は乾燥した冷暗所で:

未使用の蚊取り線香は湿気を避けて冷暗所に保管し、品質を保つようにしましょう。

使用説明書を読む:

パッケージに記載されている使用上の注意をよく読み、正しく使用してください。

これらの点に注意して、蚊取り線香を安全にお使いください。

 

蚊取り線香は注意して使えば危険ではないですが、使い方を誤ることもあります。

さらに安全な蚊対策に使える製品も紹介します。

 

蚊取り線香より安全とされる蚊対策の方法や製品

蚊取り線香より安全とされる蚊対策の方法や製品には、次のようなものがあります。

電子蚊取り器:

電気を使って蚊を誘引し、ファンで吸い込むか、電撃で退治する器具です。火を使わないため、火災のリスクが低く、室内でも安心して使用できます。

蚊取りプラグ:

電源に差し込んで使用するタイプで、薬剤を熱で蒸発させて蚊を退治します。火を使用しないため、蚊取り線香より安全です。

蚊よけスプレー:

肌に直接スプレーするタイプのものや、空間に散布するタイプのものがあります。化学薬品を使用するものが多いですが、火を使わずに蚊を寄せ付けない効果があります。

超音波蚊よけ器:

人間には聞こえない超音波を発して蚊を寄せ付けないようにするデバイスです。効果には賛否両論がありますが、安全性は高いです。

粘着式蚊取り器:

蚊が好む光を発し、近づいた蚊を粘着シートで捕らえるタイプの製品です。化学薬品を使用せず、安全に蚊を捕まえることができます。

天然成分の虫よけ剤:

シトロネラオイルなどの天然成分を使用した虫よけ剤もあります。環境に優しく、人体への影響も少ないとされています。

これらの製品や方法は、使用環境や個人の好みに応じて選ぶと良いでしょう。ただし、どの製品を使用する場合も、製品の説明書や安全上の注意をよく読んでから使用してください。

 

まとめ

ここまでいかがだったでしょうか。

ここまで蚊取り線香の消し方と安全な使い方、蚊取り線香より安全に使えるものを紹介してきました。

蚊の対策をして快適な時間と空間をすごしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました