PR

5分の車の移動距離を徒歩と自転車で測定!移動中に気をつける点も再確認!

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

車での5分間の移動を、

徒歩と自転車でどの程度の時間がかかるか実際に試してみました。

道中に交差点が2か所存在します。

車で5分の道のり、徒歩だとどのくらい?

車で5分で行けるとされる距離を歩いてみた結果、

だいたい40分の所要時間がかかりました。

 

これは40代女性が一般的な速さで歩いた場合の目安です。

途中の信号待ちもこの時間に含んでいます。

 

市街地では、歩く速度の目安として1キロメートルに15分程度とされており、

それに基づくと車で5分の距離は約2.5キロメートルになります。

この計算から、徒歩では概ね40分弱がかかると考えられます。

 

信号待ちや坂道の存在を考えると、余裕を持って1時間は見積もるのが妥当です。

車で5分の距離、自転車はどれくらい?

 

車で5分の距離を今度は自転車で移動してみたところ、約15分で到着しました。

ここにも横断歩道での待ち時間が2回含まれています。

平坦な道のりで、坂や下りがなければ、

自転車での移動には大体15分ほど見ておけば良いでしょう。使用したのは一般的なママチャリタイプの自転車です。

スポンサーリンク

徒歩の移動中に気をつけること

徒歩での移動中に気をつけるべきことはいくつかあります。安全かつ快適な歩行を心掛けるために、以下のに注意しましょう。

交通ルールを守る:

歩道を歩く、横断歩道を利用する、信号を守るなど、交通ールを遵守してください。

周囲の環境に注意する:

車や自転車の動きに注意し、特に交差点や車道の近くでは周りの状況をよく見て歩くことが重要。

適切な装備をする:

天候に応じた服装をし、歩きやすい靴を履くことで、足への負担を軽減できます。

水分補給を忘れずに:

長距離を歩場合は、特に暑い日には水分補給をこめ行うことが大切です。

体調を考慮する:

体調がすぐれないときは無理せず、休憩を取りながら歩くことが大切です。

暗い時間帯は特に注意

夜間や早朝などの暗い時間帯に歩く場は、反射材やライトを使って自分の存在を明しましょう。

荷物は軽く:

重い荷物は体に負担をかけるため、必要最低限のものだけを持ち歩くこと推奨されます。

周囲とのコミュニケョン:

人混みの中や他の歩行者とのれ違いでは、適切な距離を保ち、必要な場合譲り合うことが大切です。

これらの点に注意して、安全に持ちよく歩行しましょう。

自転車の移動で気をつけること

 

自転車で移動する際に注意すべきことは、安全と法規制の遵守を最優先に考えることが重要です。以下、いくつかのポイントを挙げます。

ヘルメットの着用:

脳を保護するために、特に子供やスポーツ走行時にはヘルメットの着用を推奨します。

交通ルールの遵守:

車道の走行、一方通行の遵守、信号や標識の順守など、交通ルールを守りましょう。

ライトと反射材の使用:

夜間や視界が悪い条件下での走行時には、ライトの点灯や反射材の装着で存在を明らかにすることが大切です。

適切な速度:

自転車の速度を状況に応じて調整し、急なカーブや交差点では速度を落としてください。

歩行者への配慮:

歩道を走行する場合は、地域の規制を確認し、歩行者優先の原則に従って行動してください。

適切な距離の確保:

他の車両や自転車、歩行者との間には十分な安全距離を取りましょう。

手信号の使用:

曲がる前にはしっかりと手信号を出して、他の交通参加者に意図を伝えます。

点検とメンテナンス:

定期的に自転車のブレーキやタイヤの空気圧、チェーンの潤滑などの点検とメンテナンスを行うことが重要です。

荷物の安全な積載:

荷物はバランスを崩さないように適切に積載し、荷物用のカゴやパニアバッグを活用しましょう。

体調と気象条件の考慮:

体調が悪い時や悪天候の中では、自転車の運転を避けるか特に注意深く運転してください。

自転車は環境に優しく健康的な移動手段ですが、安全に利用するためにはこれらの点に気をつける必要があります。

 

徒歩と自転車での移動時間、実測結果まとめ

実際に車で5分の道のりを測定してみた結果、

徒歩だと約40分、自転車であれば15分で移動できることがわかりました。

 

歩く際は急がず、信号や地形を考慮して余裕を持った時間計画を。

自転車での移動に関しては、坂がなければ15分程度で到達可能です。

タイトルとURLをコピーしました