PR

夜行バスの4列シートは地獄できつい理由を徹底考察!改善案も提案!

「仕事初め」と「仕事始め」はどちらが正しい?御用始めとの違いも分かりやすく解説!99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

夜行バスは、コストパフォーマンスが高い交通手段ですが、長時間の移動が辛いとの声も聞かれます。

多くの利用者が、再度利用することに抵抗を感じることがあります。

今回は、そういった意見を踏まえつつ、私の個人的な体験を交えて夜行バスについてご紹介します。

興味のある方は、是非この記事を参考にしてください。

夜行バスとは?

夜行バスは、夜に出発し翌朝に到着する長距離バスのことです。

多くの方が知っていると思いますが、特に東京から大阪へのルートが一般的です。休憩を含めて、約8~9時間の移動時間がかかります。

新幹線なら約2時間半で到着しますが、夜行バスは時間がかかります。

しかし、その分価格が安いのが魅力です。

 

特に平日などの安い時期には、

東京から大阪まで2000円台で利用できることもあります。

夜行バスに2度と乗りたくない2つの理由

夜行バスを再利用したくないという意見について考えると、

以下の2点が主な理由です。

 

・長時間の拘束

夜行バスは長時間拘束されるというイメージがありますが、実際に利用するとその辛さを実感する人も多いです。

 

私も東京と大阪を行き来する際に夜行バスを利用しましたが、

バス内は窮屈で、リラックスするのが難しかったです。

 

・睡眠の困難さ

夜行バスでは睡眠をとることが難しいことも一つの問題です。

人によってはバスの中でも快適に眠れる方もいますが、

私は車内での睡眠が苦手で、リクライニングシートを倒してもほとんど眠れませんでした。

 

睡眠が取れないと、長旅はかなり苦痛に感じられるでしょう。

 

スポンサーリンク

4列シートの夜行バスがつらいと感じる3つの理由

次に、最も経済的な選択である高速バスの4列シートについて触れます。

この選択にはいくつかの欠点が存在します。

・隣席との密接な距離

最もストレスを感じる点は、隣の人との距離が非常に近いことです。

親しい人となら問題ありませんが、見知らぬ人とは長時間を共に過ごす必要があります。

 

例えば、東京から大阪までは約9時間。

この間、隣人が特徴的な行動や大きないびきをしていた場合、

非常に不快に感じるでしょう。

 

・狭い座席

また、座席の狭さも問題です。

4列シートはバスのサイズ上、どうしても狭くなりがちです。

体の大きな人にとっては、隣人との接触を避けるのが難しいことも。

 

狭いスペースが苦手な人にとっては、かなり不快な旅になり得ます。

 

・移動の制限

 

窓際の席に座ると、移動が困難になることも一つの欠点です。

たとえ車内にトイレがあっても、通路側の人がいると自由に出入りが難しいです。

頻繁に動きたい人は、座席指定可能なバスや3列シートを選ぶと良いでしょう。

 

快適な夜行バスは存在する?

夜行バスの中でも特に快適な車両はあるのか、という疑問に答えますと、最高級の2列個室型夜行バスも存在します。

これは完全に個室化されており、他の乗客と接触することなく目的地まで行けます。

 

さらに、座席スペースが広く、完全にフラットになるため、快適な移動が可能です。

ただし、価格はかなり高めで、東京から大阪まで約2万円かかります。新幹線と比較すると、価格面で考慮する必要がありますが、夜行バス愛好家には価値のある選択です。

 

それでも、3列シートを選べば、それなりにプライベートスペースを確保しつつ快適に過ごせるでしょう。

個人的にも3列シートを利用したことがありますが、カーテンで区切られているため、他の乗客とほとんど関わることなく移動でき、おすすめです。

 

価格も、5000円台で大阪まで行ける場合があり、

新幹線と比べるとかなり経済的です。

 

まとめ:「二度と乗りたくない」と感じる夜行バスの理由

今回は、夜行バスでの「もう二度と乗りたくない」という感覚と、

4列シートの欠点についてお話しました。夜行バスの最大の問題は、

長時間の拘束と狭い空間でのストレスです。

 

すぐに眠れる人には問題ないかもしれませんが、

眠りにくい人にとっては、これが苦痛の原因となります。

タイトルとURLをコピーしました