PR

​​ジェットスターにリュックで乗る時の注意点、機内持ち込みのサイズ・重量規定と追加料金の全てを解説!

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

低価格航空会社(LCC)の代表格であるジェットスターは、手軽に海外や国内への旅行を楽しむための選択肢として人気です。

しかしながら、この手頃な価格の背景には、手荷物の持ち込みに関する厳格なルールが存在します。

特に、荷物のサイズに関する基準を満たしていない場合、機内への持ち込みが認められないこともあります。

 

コストパフォーマンスの高いLCCならではの規定は、旅行者にとって重要なポイントです。実際に、予定していた荷物が基準に合わず、トラブルに見舞われるケースも少なくありません。

 

本稿では、ジェットスターの持ち込み手荷物に関する規定や重量制限などの詳細を解説します。

これからジェットスターをご利用予定の方は、ぜひこの情報を参考にして、快適な旅行をお楽しみください。

 

ピーチ航空の機内持ち込みについては以下の記事をご覧ください。

ピーチ航空の機内持ち込みサイズギリギリだったらどうなる?手荷物検査は厳しい?

 

ジェットスターの機内持込み手荷物規定:重量制限7kgまでの完全ガイド

ジェットスターでは、機内に持ち込める荷物には一定の制約があります。

標準的には、通常サイズの手荷物1つと小型バッグ1つを合わせて、最大7kgまでが許容されています。

ここで重要なのは、各々の荷物が7kg以下であっても、合計で7kgを越えた場合には超過扱いになるため、荷物の重さをしっかり管理することが肝心です。

 

・重量オーバー時の取り扱い

機内持ち込みが許される荷物の総重量は7kgに制限されていますが、これを超えた場合の選択肢も用意されています。

エコノミークラスの「Starter FlexiBiz」料金プランやビジネスクラス料金、追加の7kgオプションを利用することで、最高14kgまでの荷物の持ち込みが可能になります。

ただし、単一の荷物が10kgを超えることがないように、重量を均等に配分することが求められます。

 

ジェットスターの機内手荷物サイズ規定の詳細

 

次に、ジェットスターの手荷物のサイズ制限について詳しく見ていきましょう。

サイズの基準は「高さ56cm、幅36cm、奥行き23cm」となっており、各辺に個別の長さ制限が設けられています。

合計すると115cmとなりますが、各辺ごとに制限があるので、寸法を正確に把握することが重要です。

 

・キャリーケースの持込みに関して

サイズ規定内であれば、キャリーケースを機内に持ち込むことも可能です。

しかし、この制限サイズ内に収まるキャリーケースは比較的小型のものに限られるため、その大きさはリュックサック程度と考えられます。

 

・サイズ超過時の対処法

もし手荷物のサイズが超過してしまった場合、機内持ち込みは認められず、追加料金を支払って預ける必要があります。

空港で追加で荷物を預ける際は事前予約よりも料金が高くなるため、事前にサイズ制限を確認し、適切な荷物準備をすることが推奨されます。

 

スポンサーリンク

ジェットスターの機内手荷物チェックはどれほど厳格?

ジェットスターにおける機内持ち込み手荷物のチェックの厳しさについて解説します。特に荷物の重量に関しては、かなり厳格な管理がされていると言えます。

 

搭乗ゲートでの手荷物チェックでは、ジェットスターのスタッフが一人ひとり荷物を検査します。

実際に私も重さを量られましたが、超過していなかったため特に問題はありませんでした。

 

・超過時の対応方法

荷物が重量超過してしまった場合、スタッフの指示に従うのが最善です。

機内持ち込みを予定していたキャリーケースが重過ぎる場合、追加料金を払って持ち込むか、受託荷物として預ける必要があるかは、超過した重量によって異なります。

 

・持ち込みのコツ

持ち込みのコツは、荷物の重さを7kg以下に抑えることです。

例えば、脱いだ上着をカバンに入れる代わりに着用すると、荷物の重量にカウントされなくなります。

また、財布などもポケットに入れることで、荷物の重量から外せます。このように、荷物を減らす工夫をすると良いでしょう。

 

リュックを手荷物として持ち込むとバレる?

リュックを手荷物として持ち込む際の注意点についても触れてみます。

ジェットスターでは荷物の重さやサイズを一律の基準で測っているため、リュックだからといって特別扱いされることはありません。

 

ただ、リュックはキャリーケースのように固定された大きさがないため、大きいリュックでも小さく見せることが可能です。

通常使用するリュックサイズであれば、サイズオーバーになることはほとんどないでしょう。

 

また、リュックはキャリーケースよりも軽量な素材で作られているため、同じ重量制限内でもより多くの荷物を持ち込むことが可能になる利点もあります。

 

ジェットスターの機内持ち込み手荷物ルール完全ガイド

ジェットスターの機内持ち込み手荷物に関するサイズや重量の規定をこの記事で詳しくご紹介しました。

多くの方が旅行前に手荷物の規定を知りたがるのは、搭乗時に問題が生じないようにするためですね。

 

事前にジェットスターの規定を理解しておけば、搭乗時のトラブルを避けることができます。

主なポイントは「手荷物は7kgまで」と

「サイズ制限は高さ56cm×幅36cm×奥行23cm」です。

 

これらの基準をしっかりと把握しておけば、

搭乗時にスムーズに進むことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました