PR

ツバメの巣立ちタイミングはいつ?その後の巣の扱いにどうしたらいい?壊したらダメ?

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

家の軒下でヒナを育てるツバメの巣立ち時期に関心を持つ人は多いです。ツバメのヒナが巣立つのはいつ頃なのか、そして巣立ち後の巣の対応や、来年も同じ場所にツバメが戻ってくる可能性について、多くの疑問が寄せられます。

この記事では、ツバメの巣立ちがいつ頃行われるのか、巣立ち後の巣の適切な取り扱い方法、そして次の年にツバメが元の巣に戻るかどうかについて、詳細にわたってご説明いたします。

日本におけるツバメの巣立ち時期とその地域差

ツバメの生態サイクルと一般的な巣立ち時期

ツバメは南方で冬を過ごした後、春になると日本へと渡り、ここで繁殖を始めます。彼らが巣立つ時期は、4月から9月までで、ピークは6月になります。巣作りからヒナの巣立ちまでの平均期間は約6週間で、通常は3月の終わりごろに巣作りがスタートします。

日本各地での巣立ち時期の地域差

ツバメの巣立ち時期は地域によって大きく異なります。これは、日本の気候が地域によって様々であるためです。ツバメは、暖かくなりエサとなる昆虫が活動を始めるまで巣作りを開始しません。このため、気温の差により地域ごとに繁殖時期に違いが出ます。

各地域におけるツバメの巣立ち時期

  • 九州地方: 2月には既にツバメが飛来し、4月には巣立ちを迎えることも。
  • 四国・瀬戸内海沿岸: 3月初旬にツバメが現れ、5月のゴールデンウィーク頃に巣立つことが多い。
  • 近畿・東海・南関東: 3月中旬から下旬にかけてツバメが到着し、5月中に巣立ちを迎えることも。
  • 北陸・東北: 4月からツバメが飛来し、6月頃が巣立ちの時期。
  • 北海道: 4月中旬以降にツバメが姿を見せ、6月以降に巣立ちを迎える。

これらの時期は目安であり、年度によっては変動することがあります。

 

ツバメの生活サイクル

ツバメの巣作り期間の特徴

ツバメはオスとメスがペアとなり、巣作りと育児に協力します。巣の作成期間は一般に1週間程度ですが、以前使われた巣の修復の場合、わずか3日で完成することもあります。新規に巣を作る場合や巣の損傷があると、作業は最大1ヶ月に及ぶこともあります。

ツバメの巣完成後の孵化過程

巣が完成すると、メスが卵を産み、孵化するまで温めます。この孵化期間は約2週間とされており、この間、オスは巣の警備や卵温めの役割も果たします。

ヒナの成長と巣立ちまで

ヒナが孵化した後、親鳥は共に餌を運び、ヒナの成長を見守ります。ヒナは生後約20日で巣立ちに適した成長を遂げ、この時期には愛らしい姿や鳴き声が観察できます。

年2回の繁殖活動

春に始まるツバメの繁殖は、6月に最も活発になり、7月までに第一回目の巣立ちが完了します。一部のツバメは7月初旬に再び繁殖を開始し、第二回目の巣立ちはお盆頃を目安に行われます。

巣立ち

巣立ち後のツバメの行動パターン

巣立ちを終えた若いツバメは、最初の10日間程度は親鳥の近くで過ごし、餌を受け取ります。この期間は、自立に向けた重要なスキルを習得します。

集団生活への移行

自力で餌を取れるようになると、若ツバメは同年代の群れと共に集団生活を開始します。この時期はまだ成鳥のサポートを受けることもありますが、夏の終わりには完全に自立し、成鳥も集団での生活に移行します。

渡りの準備期間

秋になると、ツバメは南方への渡りに備えてエネルギーを蓄積します。この時期はツバメが河原などに集まり、ねぐらを作る姿が観察されます。

スポンサーリンク

ツバメの帰巣習性と巣の管理について

繰り返し帰巣する親ツバメの行動

巣立ち後に空になった巣を前にして、翌年も同じツバメが戻ってくるのかは多くの人が気にする点です。研究によると、生存している間、親ツバメはほとんど同じ場所に戻ることが多いです。特定の商店街での調査では、約4割のツバメが元の巣に戻り、残りのツバメも近辺に戻っていることが観察されました。

巣立ちした子ツバメの繁殖パターン

前年に巣立った若いツバメは、1歳の時は親の地域に戻ることもありますが、繁殖に際しては多くが異なる場所を選びます。これは近親交配を避けるための自然の戦略と考えられます。

巣立ち後の空巣の対応

巣の残置に関する考え方

ツバメの巣立ちが完了した後、空巣をどう扱うかが問題になります。ツバメは既存の巣を再利用することが一般的であるため、巣をそのままにしておくことが推奨されています。これにより、ツバメは巣作りの手間を大幅に削減できます。

巣の撤去タイミング

景観や衛生の問題で巣を撤去する必要がある場合、秋まで待つことが好ましいです。ツバメは一年に2回繁殖する可能性があり、巣立ち後も時々巣に戻ることがあります。そのため、ツバメが南方に渡る秋までは巣を維持することが望ましいです。

まとめ

​​ このたびは、ツバメの巣立ちのタイミングや、巣立ち後の巣のお手入れについて、詳しくご説明しました。

ツバメたちのかわいらしい姿が巣立つとき、寂しい気持ちになりますが、来年も彼らが帰ってくることを願いながら、お待ちいたします。

タイトルとURLをコピーしました