PR

正月三ヶ日(1/1~3)は祝日で休み?お正月の期間は正式にいつからいつまで?

99:雑記・その他
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

新年を迎えると、多くの人がお正月の特別な雰囲気を楽しむことでしょう。

 

子どもから大人まで、新年の祝いは特別なものです。

 

しかし、いつまでが「お正月」とされているのかは、

一般的にははっきりしていません。多くの企業が1月2日や3日に休暇を取ることはありますが、

具体的に三が日が国の定める祝日かどうかは別の問題です。

 

今回は、三が日に関する基本情報や、

新年の期間に開いているビジネスや店舗について、

深く掘り下げてご案内します。お正月の魅力を最大限に享受し、

新しい年の始まりを祝いましょう。

 

三が日の祝日について

毎年1月1日から3日を指す三が日ですが、

これらが全て祝日かという疑問があります。

 

ここでその疑問に答えてみましょう。

 

元日だけが国民の祝日

 

法的には、1月1日の元日のみが「国民の祝日」として認められています。

 

この日は、社会全体で祝福し感謝する日として特別視されています。

 

一方、1月2日と3日は祝日には該当しません。

 

官公庁や企業の休日取り扱い

 

法的には祝日ではない1月2日と3日ですが、

多くの官公庁や企業では正月休みとして扱われています。

 

これは、行政機関の休日に関する法律に基づくものです。

 

金融機関も三が日は休業することが多く、

年末業務は12月30日まで行われることが一般的です。

 

三が日の伝統と現代におけるその習慣

初詣:新年の幕開けとしての意義

 

新年を迎える際、多くの人が神社や寺での初詣を行います。

この習慣は、かつての「年籠り」という家族の長が大晦日から元日にかけて神社で祈る行為から派生したものです。

 

江戸時代には、氏神様への参拝や恵方参りが一般的でしたが、

現在は自分の好きな場所で初詣を行うことが多くなっています。

 

おせち料理:その起源と変化

 

おせち料理は元々、宮中行事で神様へ捧げられる食べ物から始まりました。

 

「御節句」という言葉が、おせち料理の名前の由来です。

当初は五節句の際の料理を指していましたが、

江戸時代には一般庶民の間でもお正月の豪華な料理として定着しました。

 

お年玉:由来と現代の形

 

お年玉は、「御歳魂」と呼ばれる歳神様への供え物であるお餅が起源です。

 

これが時を経て子どもたちへの贈り物へと変化し、

今日のお年玉として親しまれています。

 

お雑煮:その意味と誕生の背景

 

お雑煮は、多種多様な食材を煮込んだ「煮混ぜ」や「烹雑」が原型です。

特にお正月には、神様に捧げた食材を加え、

「神人共食」の象徴として食されるようになりました。

 

正月の掃除:特別な日のための慣習

 

三が日中の掃除は、新年を迎えるにあたり神様を迎える行為として避けられます。

 

この期間は普段の生活(ケの日)から離れ、特別な日々(ハレの日)を過ごすため、

掃除という日常の行動は控えられるのです。

 

大掃除は大晦日までに行い、

新年を清々しい気持ちで迎える準備を整えます。

 

 三が日の休日慣例の背景

元始祭は、天皇が国民の幸福を祈る宮中祭祀の一環として行われていました。

 

この祭りは明治3年1月3日から開始され、

毎年新年を祝う重要な行事とされていました。

 

元始祭は元日から1月3日まで祝われていた時代もあります。

 

戦後に元始祭は廃止されましたが、

その伝統は今日の三が日の休日慣例として引き継がれています。

 

スポンサーリンク

三が日の業種別営業と休業の状況

 

一般的に官公庁や多くの企業は12月29日から三が日まで休暇をとることが多いですが、

中には三が日も営業する業種があります。

 

以下では、そのような業種とその営業時間について説明します。

 

郵便局

年賀状の配達がピークを迎えるため、

三が日も営業する郵便局が存在します。

 

特に大きな支店では、通常の窓口と時間外対応窓口が開設され、

9時から15時までの営業が行われます。

 

しかし、小さな郵便局や貯蓄、保険窓口は休業することもあります。

 

小売業

 

大型商業施設や家電量販店は、

三が日も休業せずにセールや福袋の販売を行います。

 

ただし、働き方改革の影響で営業を休む場所も増えています。

営業時間は通常より短くなる傾向にあります。

 

ホテル業界

 

年末年始は宿泊需要が高く、

ホテルの従業員は三が日も休むことができません。

クリスマスから年越しにかけては特に需要が高まりますが、

三が日は比較的予約がしやすい時期です。

ただし、料金は高くなることが予想されます。

 

消防士

 

1月から3月は消防士にとって最も忙しい時期であり、

三が日も休日はありません。

冬の乾燥による火災が多くなるため、

24時間体制の勤務が続きます。

 

医療従事者

 

病院では、三が日も休みを取ることは難しく、

特に救急診療や集中治療室では休日出勤が必要です。

また、病院運営に関わる公共機関の職員も休日出勤することが一般的です。

 

三が日の出勤時の特別手当について

 

労働基準法では休日を「法定休日」と「法定外休日」に区別し、

休日出勤の割増賃金には違いがあります。

 

法定休日は1.35倍、法定外休日は1.25倍の割増が適用されます。

ただし、三が日の出勤に特別な割増がない場合が多く、

これは企業の裁量に委ねられています。

特別手当が出た場合は会社の厚意と考えるのが妥当です。

 

お正月の期間の定義と特別な意味

 

お正月には様々な期間の定義があり、

それぞれに特別な意味が込められています。

これらの期間について詳しく見ていきましょう。

 

三が日の意義

 

お正月として特に知られる「正月三が日」は、

1月1日の元日から3日までの期間です。

 

家庭ではおせち料理やお雑煮を食べて新年を祝い、

宮中では1月1日の四方拝や3日の元始祭が執り行われます。

 

松の内の期間とその意味

1月1日から7日までの期間を「松の内」と呼びます。

 

これは新年に飾る門松を置く期間で、関東では7日までとされることが多いですが、

関西では10日や15日まで続く場合もあります。

 

門松は年神様の目印としての役割があり、

縁起の良い松を使用することには特別な意味があります。

 

小正月の期間と習慣

1月1日から15日までを「小正月」と称します。

かつてはこの期間を松の内としていましたが、

特に関東では広まらずに小正月という名で呼ばれるようになりました。

 

地域によっては女正月や帰り正月とも呼ばれ、

この時期には小豆粥や小豆餅を食べる風習があります。

 

また、鏡開きはこの期間の1月11日に行われるのが通例です。

 

まとめ

 

三が日は多くの方が休暇を取る時期ですが、

元日だけが法定祝日であることが理解されています。

 

休日を過ごす人もそうでない人も、お正月の雰囲気を楽しみ、

新しい年の準備をしましょう。

 

家族や親しい人たちと共に、

伝統的な行事を楽しむのも良いでしょう。

 

これで「三が日は祝日で1月2日と1月3日は休み?お正月はいつからいつまで?」についての記事の要点を紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました