PR

クリスマスケーキはいつ食べたらいい?24日・25日どっちがいい?

99:雑記・その他
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

クリスマスと言えば、やはり欠かせないのがクリスマスケーキです。

年に一度の特別なホールケーキを食べる機会として、

子どもたちはもちろん、大人もこの日を楽しみにしています。

では、クリスマスケーキはいつ食べるのが一般的なのでしょうか?

 

一般的には、24日のクリスマスイブに食べる家庭が多いですが、

25日のクリスマス当日に楽しむ家庭もあります。

どちらの日に食べるかは家庭や個人の習慣によりますが、

両日にケーキを楽しむ人も多いのではないでしょうか。

 

また、クリスマスケーキを食べる最適なタイミングについても調査しました。

世間一般の傾向としては、

クリスマスイブの夜に家族や友人と集まって食べることが多いようです。

 

クリスマスケーキの選び方についても、

一緒にご紹介しましょう。

 

今年のクリスマスケーキ選びの参考にしていただけると幸いです。

お店やオンラインでの予約状況、ケーキの種類やデザイン、

価格など、さまざまな観点から選ぶ楽しみがあります。

 

どのケーキを選ぶかは、家族の好みや予算にもよりますが、

クリスマスの雰囲気を盛り上げるためにも、

お気に入りのケーキを選んで特別な夜を演出しましょう。

ドイツでの伝統的なクリスマスケーキ「シュトーレン」の楽しみ方

 

ドイツはクリスマスの伝統が色濃い国で、

11月末からクリスマスマーケットが賑わい始めます。

ドイツの代表的なクリスマスケーキ「シュトーレン」には、

ドライフルーツがたっぷり入っており、

お酒に漬けたフルーツを使っているため保存性が高いのが特徴です。

 

ドイツでは、11月末からイエス・キリストの降誕を待つ期間にシュトーレンを食べ始め、

クリスマスに向けて週末ごとに少しずつ楽しむのが習慣です。

クリスマス当日にももちろんシュトーレンは食べられますが、

クリスマス後もゆっくりと味わい続けることが多いです。

ドイツでは、2月頃までシュトーレンを食べる習慣もあるそうです。

 

アメリカのクリスマスにおける食事の文化

一方、アメリカではクリスマスケーキという習慣はあまり見られません。

アメリカのクリスマスには「七面鳥」が欠かせない

メインディッシュです。

 

クリスマスの食事後にはデザートが用意されますが、

これは日本で一般的なクリームがたっぷりのケーキではなく、

ドライフルーツ入りのパウンドケーキやプディング、

クッキーなど日持ちするお菓子が中心です。

 

アメリカのスーパーマーケットでは、

クリスマス用の華やかなケーキも見られますが、

日本のようにクリスマスケーキが大々的に販売されるわけではありません。

アメリカのクリスマスには、

ケーキよりも伝統的なお菓子が楽しまれるのが一般的です。

 

日本におけるクリスマスケーキの普及の歴史

クリスマスはヨーロッパ起源の祝日であり、

クリスマスケーキの習慣もヨーロッパ由来と思われがちですが、

実は日本独自の文化として広まりました。

 

クリスマスケーキを日本で普及させたのは、

有名なお菓子メーカー・不二家の創業者、藤井林右衛門氏です。

彼は1922年に、イエス・キリストの誕生日であるクリスマスに、

バースデーケーキのようなデコレーションケーキを提案しました。

 

その中でも、イチゴのショートケーキが特に人気を博しました。

しかしその当時、日本は大正時代で、ケーキは非常に高価であり、

一般庶民には手の届かない贅沢品でした。

クリスマスケーキが広く普及し、

一般家庭で食べられるようになったのは昭和40年代以降のことです。

 

クリスマスケーキを食べるベストなタイミング

日本では、クリスマスケーキを24日のクリスマスイブに食べるか、

25日のクリスマス当日に食べるか迷うことがあります。

ユダヤ暦では日没で日付が変わるため、

25日のクリスマスは24日の日没から25日の日没までとされています。

したがって、クリスマスケーキを食べる正確なタイミングは、

24日の日没から25日の日没までと言えます。

 

日本におけるクリスマスケーキの食べ方

しかし、実際には日本ではクリスマスケーキの食べるタイミングは様々です。

いくつかの口コミによると、以下のような食べ方があります:

 

24日の夕食後にケーキを食べ、残りを25日に食べる家庭。

家族全員が揃う日にクリスマスケーキを食べる家庭。

日付にこだわらず、23日や週末などにクリスマスパーティーを開催しケーキを楽しむ家庭。

結局のところ、クリスマスケーキはみんなで集まって食べたいものであり、

日付よりも家族や友人との集まりを重視する人が多いようです。

スポンサーリンク

フルーツ愛好家のための「銀座千疋屋 銀座タルト」

フルーツ好きには、フルーツたっぷりのクリスマスケーキがおすすめです。

特に、「銀座千疋屋の銀座タルト」は見逃せません。

銀座千疋屋はフルーツの美味しさで知られるお店で、

そのフルーツタルトはみずみずしいフルーツが豊富に使われています。

タルトの生地はサクサクのクッキー生地で、

甘さ控えめのカスタードクリームとの組み合わせが絶妙です。

 

いちごと抹茶のハーモニー「抹茶アイスケーキ」

アイスケーキが好きな方には、「いちご抹茶アイスケーキ」がおすすめです。

夏だけでなく冬にも美味しいアイスケーキは、

クリスマスケーキとしても人気が高まっています。

このケーキは、可愛らしいいちごのデコレーションと抹茶の風味が特徴で、

甘さ控えめなので甘いものが苦手な方にもぴったりです。

練乳入りのいちごが加わることで、さらに美味しさがアップします。

 

様々な味が楽しめる「irinaのロールケーキ」

クリスマスケーキはホールタイプだけでなく、

さまざまな味を楽しみたい方には、「irinaのロールケーキ」がおすすめです。

25個の小さなロールケーキはそれぞれ異なる味わいが楽しめ、

タワーのように積み上げて飾ることができます。

生クリームやフルーツを追加で用意し、

ロールケーキと合わせてデコレーションすると、

クリスマスパーティーに華を添える豪華なデザートになります。

 

ペット用クリスマスケーキの注目度上昇

クリスマスは家族全員で祝う特別な日ですが、

その家族にはペットも含まれます。

最近のトレンドとして、愛犬用のクリスマスケーキを用意する家庭が増えています。

これらのケーキは見た目は通常のケーキと変わらないものの、

犬の健康を考えて砂糖や生クリームは使用されていません。

 

代わりに鶏肉、豆腐、野菜など健康的な材料で作られており、

愛犬も喜んで食べることでしょう。

このクリスマス、家族の一員である愛犬と共にお祝いするのはいかがでしょうか。

クリスマスケーキを食べるタイミングについてのまとめ

クリスマスケーキは、理想的には24日の夜から25日の夕方までに食べるのがベストですが、

実際にはみんなの予定に合わせて食べることが重要です。

24日と25日が平日の場合、家族全員が揃う日を選んでパーティーを開くのがおすすめです。

 

もし24日や25日に都合が悪ければ、23日やその前の週末にケーキを食べるのも良いでしょう。

 

ただし、あまり遅くなると年末年始のお祝いが近づくので注意が必要です。

 

クリスマスケーキの醍醐味は、

家族や友人と一緒に楽しむことにあるので、

日にちよりもみんなが集まれる日を優先しましょう。

タイトルとURLをコピーしました