PR

「またいとこ」と「はとこ」の違いは?あなたにとって、それぞれは誰を指す言葉でしょうか?

この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

「「祖父母」「甥」「姪」「いとこ」など、家族関係を表す言葉はよく聞くと思いますが、「はとこ」と「またいとこ」という言葉になると、意外と使う機会が少ないかもしれません。

実際、この言葉の存在は知っていても、普段の生活で使うことは少ないかもしれませんし、関係もあまり深くないかもしれません。

そこで、今回は「はとこ」と「またいとこ」という言葉の違いについてお話ししましょう。

はとことまたいとこの違いとは?

「はとこ」と「またいとこ」は、結論から言うと、同じ意味です。

また、「ふたいとこ」とも言います。

では、どのような関係を指すのでしょうか?

それについて、自分の身近な家族関係を考えながら読んでみてください。

まず、あなたにはご両親がいると思います。そして、あなたのお父さんとお母さんにもそれぞれの両親がいます。

あなたから見ると、祖父母、つまりおじいちゃんとおばあちゃんですね。

その祖父母の兄弟姉妹の孫が、またいとこまたははとこと呼ばれます。

簡単に言うと、自分の両親の兄弟姉妹の子供は「いとこ」となり、そのいとこの子供同士が「はとこ」と呼ばれる関係です。

理解できましたか?少し遠い親戚関係になることが多いかもしれませんが、これが「はとこ」と「またいとこ」の違いです。」

スポンサーリンク

まとめ

以上、はとことまたいとこの違いについてお話しました!

どちらも同じ意味だということがわかりましたね。

長々と説明しましたが、簡単にまとめると、「いとこの子供同士がはとこ」という関係です。

ぜひ、誰かに聞かれたときには、この記事を参考にして、自信を持って説明してみてください(笑)。

タイトルとURLをコピーしました