PR

浄土寺(尾道市)初詣2024年の混雑時間や駐車場、アクセスや屋台の営業情報を徹底解説!

この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

尾道市にある浄土寺の初詣について考えています。

この寺院は毎年数多くの参拝客で賑わい、非常に人気がありますね。

 

混雑を避けつつ最良の訪問時期を選ぶのは一苦労です。

 

特に三が日に訪れたいと思っていますが、

新年の挨拶を怠ると一年の運勢が気になってしまいます。

 

しかし、混雑を考慮しても、浄土寺の魅力は訪れる価値が十分にあります。

この寺の魅力をまだ知らない人のために、詳細情報をお伝えします。

 

この記事では、浄土寺の初詣に関する以下の情報を提供します。

  • 尾道浄土寺の初詣時の混雑具合
  • 参拝者数、駐車場の詳細
  • 尾道浄土寺への行き方や屋台の情報

浄土寺初詣の基本情報とアクセス

毎年約3万人が訪れる浄土寺は、

初詣に最適な場所として広く知られています。

 

浄土寺の基本情報から見てみましょう。

 

浄土寺の歴史と特徴

創建されたのは616年とされる浄土寺は、国の文化財にも指定されています。

国宝指定を受けた本堂や多宝塔、

重要文化財に指定された山門や阿弥陀堂などが見どころです。

 

浄土寺は、特に勝利や成功を祈願する場所として有名です。

足利尊氏公が湊川の戦いに勝利するために祈願したことで知られ、

多くの就職希望者やスポーツ選手が訪れます。

 

この場所には、国宝に指定されている建築物が二つあります。この寺は足利尊氏と関連があるとされており、勝負事に関する願いをかけるのに適していると言われています。

 

開運、厄除け、健康回復、子宝、安産などのご利益もあります。

 

浄土寺の初詣イベントは、

  • 12月31日の除夜の鐘(参拝者が撞くことができる)
  • 12月31日から1月9日までの七福神祭り
  • 1月1日から3日14:00までの護摩祈願(節分まで厄除けや交通安全の祈願も)

などが行われます。

 

浄土寺へのアクセス

浄土寺の住所は広島県尾道市東久保町20-28です。

電話番号は0848-37-2361。

参拝は終日可能で、拝観時間は9時から16時です。

 

拝観料は大人600円、小学生・中学生は300円、団体割引も用意されています。

尾道駅からバスで約10分、バス停「浄土寺下」で下車し、徒歩約3分で到着します。

 

浄土寺初詣の混雑状況

1月1日から3日の11時から15時は特に混雑が見込まれます。

 

お子様連れの方は、ベビーカーではなく抱っこ紐を使用することをお勧めします。

 

これにより、安全で快適な参拝が可能です。

 

浄土寺初詣の駐車場情報詳細

浄土寺には境内に無料駐車スペースが設けられており、

約15台の車を収容できます。

 

 

 

詳細地図:https://ermjp.com/j/temple/access/map3.htm

 

ただし、混雑時には駐車場が満車になることも想定されます。

駐車場は繁忙時間帯には満車になることがありますが、

それ以外の時間なら比較的駐車しやすいです。

その場合、駐車場予約サービス「akippa」を利用すると便利です。

 

akippaに関する情報は、

紹介されている動画で詳しく説明されていますので、

ぜひチェックしてみてください。

 

道が狭いので、3ナンバーは難しいかも!バスで行くのもおすすめ

ただし、境内にある駐車場へは、狭い道を通らなければならず、

地元の人や慣れている人以外には少し難しいかもしれません。

 

ナビゲーションに従って行くと、駐車場に辿り着くことができましたが、

非常に狭い場所がいくつかありました。

 

特に大きな車である3ナンバーの自動車では駐車が難しいかもしれません。

 

そのため、尾道駅から約10分で行ける「浄土寺下」で降りるバスを利用することをお勧めします。

バスでの移動はとても便利です。

 

スポンサーリンク

浄土寺の見どころと屋台、訪問者の感想

浄土寺は、広島県尾道市に位置し、

飛鳥時代に聖徳太子によって開創された歴史ある寺院です。

 

足利尊氏との関連も有名で、

中国地方でも特に古い寺院として知られています。

 

本尊は十一面観世音菩薩で、

これは太子自らが作った秘仏であり、重要文化財に指定されています。

寺域は国宝に指定され、本堂や多宝塔、山門、阿弥陀堂が重要文化財として、

また庭園は名勝に指定されています。

 

豊臣秀吉にゆかりのある茶室「露滴庵」も寺院内に存在します。

 

毎年約3万人の参拝者が訪れるこの寺院では、

除夜の鐘が12月31日に参拝者によって撞かれ、1月1日から3日には修正会という行事が開催されます。

尾道を訪れる際には、ぜひ立ち寄ってみる価値があります。

 

屋台の情報は確認できませんでした。

期待しないほうがよいでしょう。

 

初詣に持参すべきアイテムとお役立ちグッズ

初詣に持っていくべきものについて調べました。

以下にその内容をまとめてみました。

御守りや御札、お賽銭に関して

初詣では、前年に購入した御守りや御札を持参し、返納するのが一般的です。

これらは一年間のご利益があるとされています。

返納用の箱が設置されているので、そちらを利用しましょう。

 

また、お賽銭のために小銭、特に5円玉を用意しておくと良いでしょう。

御守りに5円玉が入っていることも多く、縁起が良いとされています。

防寒対策は万全に

初詣は寒い時期に行われるため、防寒対策は重要です。

特に1時間以上外にいることも多いため、

以下のような防寒グッズを準備しましょう。

  • 厚着(ジャケット、手袋、マフラーなど)
  • カイロ
  • マスク

冬は風邪、インフルエンザが流行するため、大勢の人が集まる初詣ではマスクの使用が推奨されます。

ただし、神様に挨拶する際はマスクを外すのがマナーです。

風邪、インフルエンザ対策には、通常のマスクよりも「N95マスク」や「サージカルマスク」が効果的です。

また、普段から体温を高めておくという日々の免疫力を高めるように努力することも大事です。

風邪をひいた状態で無理して参拝はしないようにしましょう。

尾道浄土寺初詣の混雑具合と駐車場のまとめ

今回は、尾道浄土寺の初詣における混雑状況や駐車場、アクセス方法、屋台について紹介しました。

 

浄土寺の初詣は混雑していますが、

その価値はそれを上回るものがあります。

上記の情報を参考に、今年の初詣を浄土寺で検討してみてはいかがでしょうか。

きっと来年も再訪したいと思えるような経験ができるはずです。

それでは、楽しい初詣の旅をお楽しみください!

タイトルとURLをコピーしました