PR

アナウンサー、キャスター、リポーターの意味と違い、仕事は何が違う?

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

テレビ番組を楽しんでいると、

スタジオの中心にいるアナウンサーが外部のリポーターに切り替えるシーンに

出くわすことがあります。

 

また、ニュース番組においては、キャスターが様々な専門家と

意見を交わす光景も見られます。

 

多くの人々にとって、アナウンサーは魅力的な職業として認識されていますが、

キャスターとの具体的な違いについては詳しく知らないことも多いでしょう。

 

今回は、アナウンサー、キャスター、リポーターの役割と

それぞれの差異に焦点を当ててご紹介します。

 

アナウンサーの仕事:役割と職責

原稿を読む専門家

アナウンサーは、テレビやラジオでニュースや情報を伝える専門家として知られています。

彼らの主な役割は「アナウンス」、つまり放送を通じてのお知らせや案内、

発表などを行うことです。これらの情報を伝えるために、

アナウンサーという職名が用いられています。

 

日本ではアナウンサーが多くの場合、テレビ局の社員として勤めており、

「局アナ」と呼ばれることが一般的です。

 

一方で、テレビ局に属さない「フリーアナウンサー」もおり、

彼らは多様な番組で活動しています。

 

原稿読み以外の業務も多岐に渡る

アナウンサーの主要な仕事は番組やニュースの原稿を読むことですが、

日本ではさらに多くの業務を担当することがあります。

 

例としては:

  • スポーツ中継での実況や選手へのインタビュー
  • CMの制作におけるナレーション
  • バラエティ番組での司会やアシスタント業務、外部での取材やインタビュー

特にテレビ局に所属しているアナウンサーは、原稿読みだけではなく、

これらの幅広い業務をこなすことが多いです。

 

場合によってはタレントのような活動を行ったり、

ニュースの読み手ではない役割を担うこともあります。

 

キャスターの職務とその特徴

自己の意見を表明する職業

キャスターは、「ニュースキャスター」という言葉の略称で、

日本独自の用語です。

 

アメリカでは「アンカーマン」や「アンカーウーマン」として知られ、

イギリスでは「プレゼンター」と呼ばれています。

 

彼らの主な仕事は、報道番組を進行しつつ、

報道される事項に対して自らの意見を加えることにあります。

 

他の出演者との議論や、自分で取材した内容を番組で報じることもしばしばです。

 

そのため、放送局や新聞社の記者がキャスターとして活動することが一般的になっています。

アナウンサーとの区別

アナウンサーとキャスターには、大きな違いがあります。

 

アナウンサーは個人的な意見を挟まず、

情報をただ伝えることや原稿を読むことが主な仕事です。

 

一方、キャスターは自分の意見を表明したり、

他の出演者との討論を行うことが仕事の一環となります。

 

番組によってはアナウンサーがキャスターとして活躍することもあれば、

その逆もあります。

 

しかし基本的に、アナウンサーは与えられた原稿をそのまま読むのに対し、

キャスターは原稿に自分の意見を織り交ぜて伝える、というのが彼らの主な違いです。

スポンサーリンク

リポーターの仕事とその特徴

現場から直接伝える役割

リポーターは、現場に直接赴き、そこで収集した情報を伝える人々です。

彼らは様々な分野で活躍しており、特定の分野に特化した人もいます。

例えば、芸能界に焦点を当てた「芸能リポーター」や、

食に関する体験をレポートする「グルメリポーター」が知られています。

 

これらは、特にテレビの情報番組でよく目にすることができます。

リポーターの大きな特徴として、アナウンサーやキャスターと異なり、

実際の現場から情報を伝える点が挙げられます。

中には、情報収集を他人に委ね、報告のみを行うリポーターもいます。

 

「リポーター」と「レポーター」の違い

「リポーター」と「レポーター」という用語は存在しますが、

実際には同一の職業を指す言葉です。英語の「reporter」に基づいており、

「リポーター」という表現はその発音に近いため、

この表現がより一般的に使用されています。

 

現在、新聞社や放送局では「リポーター」という言葉が主流となっており、

「レポーター」という用語はそれほど使われていません。

 

テレビ業界の職業:アナウンサー、キャスター、リポーターの違いまとめ

アナウンサー、キャスター、リポーターの特徴

テレビ番組では、アナウンサー、キャスター、

リポーターという職業が重要な役割を果たしています。

 

それぞれの職業には特有の役割と責任があり、

以下のように区別されます。

 

アナウンサー

アナウンサーは、提供された原稿や情報を番組内で読み上げる専門家です。

彼らは通常、自分の意見を表明することはありません。

 

多くはテレビ局に所属する「局アナ」ですが、

放送局に所属していない「フリーアナウンサー」もいます。

キャスター

 

キャスターは、ニュースや報道番組の進行を担当し、

番組内で自分の意見を述べることもある人です。

「ニュースキャスター」の略称であり、

テレビ局のアナウンサーや放送局、

新聞社の記者がこの役割を担うことがあります。

 

リポーター

リポーターは、現地に赴いて、

その場で入手した情報を伝える役割を担います。

 

自分で情報をまとめることもあれば、

他者が取材した情報を伝えることもあります。

 

「レポーター」とも呼ばれますが、

現在は「リポーター」という呼称が一般的です。

 

テレビ番組をもっと楽しむために

アナウンサー、キャスター、リポーターはそれぞれ異なる役割を持つ重要な職業です。

 

アナウンサーは原稿を読む専門家、キャスターは司会進行と意見表明を兼ねる、

リポーターは現場での情報収集と伝達を担います。

 

これらの役割を理解することで、

テレビ番組を視聴する際の楽しみが増えるでしょう!

タイトルとURLをコピーしました