PR

厳島神社2024年初詣の屋台の営業場所・時間・出店状況まとめ!口コミも紹介!

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

2024年、広島県廿日市市の世界遺産・厳島神社での初詣では、屋台の営業は12月31日の夕方から1月3日の夜までです。

 

毎年、約30万人の参拝客が訪れるこの神社では、

参道や鳥居周辺に屋台が立ち並び、賑わいを見せます。

 

屋台の営業時間

 

厳島神社の初詣屋台は、通常午後5時から翌午前2時まで営業しています。

元日には、特別に午前5時から午後10時までの営業時間が設けられます。

 

夜間は屋台がライトアップされ、幻想的な雰囲気が演出されます。

さらに、中には朝まで開いている屋台もあります。

 

この記事では、2024年の厳島神社初詣における屋台の営業時間や出店場所について詳しく紹介しました。

初詣の際は、神社の歴史と美しい景観を楽しみながら、屋台での食事もお楽しみください。

屋台の種類と数

2024年の厳島神社初詣では、約50店舗の屋台が出店します。

これらの屋台では、25種類の異なる食品を提供しています。

広島の代表的な料理、例えばお好み焼き、

牡蠣、あなご飯などの地元の味から、たこ焼き、焼きそば、

フランクフルトなどの定番スナックまで幅広く取り揃えています。

 

デザート愛好者には、わたあめ、チョコバナナ、クレープなどが用意されており、

珍しい鹿肉の串焼きや猫の形をしたパンケーキなども楽しめます。

屋台の価格帯

屋台の価格は、品目によって異なりますが、

一般的には300円から1000円の範囲です。

 

  • お好み焼きは500円~700円、
  • 牡蠣1000円、
  • あなご飯800円、
  • たこ焼き300円、
  • 焼きそば400円、
  • フランクフルト300円、
  • わたあめ300円、
  • チョコバナナ300円、
  • クレープ400円

 

などがあり、どの料理も手頃な価格で提供されています。

屋台の設置場所

 

屋台は、厳島神社の約800メートルに渡る参道と鳥居周辺に設置されます。

特に鳥居周辺の屋台は海上に浮かぶように設置され、

潮の満ち引きによって高さが変わります。

 

この配置は厳島神社ならではの特徴で、

神社の美しい景観を背景に屋台を楽しむことができます。

 

スポンサーリンク

屋台のテーブル席の有無

屋台にはテーブル席がないため、

近くのベンチや石段で食事を楽しむことができます。

 

ただし、混雑時は座る場所が不足することがありますので、

持ち歩きやすいように工夫された食品が提供されています。

 

厳島神社での2024年初詣時には、

屋台以外にも食事を楽しめる場所が多数存在します。

 

神社の周辺には、様々なレストラン、カフェ、居酒屋などが点在しており、

屋台とは異なるメニューと雰囲気を提供しています。

 

これらの飲食店は、屋台の賑やかな雰囲気が苦手な方や、

ゆっくりと座って食事をしたい方に特におすすめです。

 

屋台に関する口コミ

2024年の厳島神社初詣の屋台についての口コミは、

非常にポジティブなものが多いです。

訪れた方々は、屋台が神社の歴史的な雰囲気と調和している点や、

広島の地元の食材を活用した新鮮で美味しい料理、屋台の楽しい雰囲気と親切な店員たち、

そして夜になるとライトアップされる鳥居や神社の幻想的な景色を高く評価しています。

 

まとめ

この記事では、厳島神社の2024年初詣時の屋台に関する情報を紹介しました。

屋台は大晦日から1月3日まで営業し、さまざまな種類の食事オプションが提供されています。

 

初詣の際には、参拝だけでなく屋台での食事を楽しむことも、

訪問者にとって大きな魅力の一つです。

 

厳島神社への初詣を計画している方は、

ぜひこれらの情報を参考にしてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました