PR

12月1日は特別な映画の日って知ってた?割引や成り立ちについて

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク


ロマンチックな物語やスリリングなアドベンチャーを気軽に楽しむことができるのが映画の魅力です。

初デートに映画館を選んだり、家族や友人と映画を観に行くのはとても楽しいですよね。

 

そんな映画をもっと手軽に楽しむためには、

映画の日などで提供される割引料金を活用するのがおすすめです。

さて、この映画の日にはどのような割引が用意されているのでしょうか。

 

ところで、「映画の日」は実は毎月1日ではなく、特に12月1日がその日なのです。

 

ここでは、

・実際の映画の日はいつ?
・映画の日が制定された背景
・映画の日に提供されるサービス
・映画館で利用できる他の割引サービス

について詳しく説明します。ぜひ参考にしてみてください!

映画の日は毎年12/1

毎月1日の「ファーストデー」とは別の特別な日

一般的に「毎月1日は映画の日」と認識されがちですが、

これは「ファーストデー」という名の別のサービスです。

実際に「映画の日」として定められているのは、毎年12月1日なのです。

映画の日が生まれた背景

12月1日が映画の日として選ばれた理由

では、なぜ12月1日が映画の日に選ばれたのでしょうか。

 

日本で最初に一般公開された映画は1896年(明治29年)11月25日で、神戸の「神戸倶楽部」での5日間に渡る上映がその始まりでした。

 

この歴史的な出来事から60年後の1956年(昭和31年)、

日本映画連合会は12月1日を映画の日として制定しました。

 

本来は11月25日が適切でしたが、より覚えやすく、

日付の区切りが良い12月1日が選ばれたのです。

 

平日ガラガラでも映画館は儲かるのか?
ポップコーンの原価
気になるならば以下の記事へ。

映画館は平日ガラガラでも何人入れば儲かるのか?
最近、久しぶりに映画館で映画を観ました。子供が小さかった頃は家族でディズニーやポケモンの映画を観ていましたが、一人で映画館に行くのは何十年ぶりでした。そこで味わったキャラメルポップコーンは格別でした! 平日の映画館はかなり空いていて、10人...
驚き! ポップコーンの原価・製造コストがここまで安いなんて!?映画館が販売する理由も考察!
実はポップコーンの製造コスト、それはいくらなのでしょうか? さて、ポップコーンを作るための費用は実際にはどのくらいなのでしょうか? ほんとうにポップコーンの原価はこれだけ!? まず、ポップコーン用のトウモロコシの販売価格は大体1kgあたり3...

 

初期映画の上映方法

初期の映画は「キネトスコープ」という独特の上映方式で、

大きな箱の中に映像を流し、観客が一人ずつ覗き込んで楽しむ形式でした。

 

音楽が流れない静かな映像だったものの、

動く絵には当時の人々が驚愕しました。

スポンサーリンク

 映画の日に提供される特別サービス

映画の日の割引特典

12月1日の映画の日には、日本全国の映画館で特別割引が適用されます。

 

通常1800円程度の映画チケットが、

たったの1000円で楽しむことが可能になり、

大変お得な機会となります。

映画の日限定イベント

また、映画の日には映画業界への貢献者を表彰する式典や、

名作映画の特別上映、映画関係者によるトークショーなど、

様々なイベントが開催されます。

 

これらのイベントは地元の映画館でも行われることがあり、

地域の情報誌で確認すると良いでしょう。

映画館で利用できる割引サービスの紹介

毎月1日の「ファーストデー」割引

毎月1日は、映画館での「ファーストデー」として知られ、

映画を特別価格で楽しむことができます。

 

多くの場合、この日は全員が1100円(2017年現在の価格)で映画を鑑賞できる特典があります。

 

ただし、12月1日の映画の日とは異なり、

料金が100円高い点に注意が必要です。

 

また、この日は普段より混雑するため、

早めに行くことをおすすめします。

性別に応じた割引日

映画館では「レディースデー」と「メンズデー」の割引サービスがあります。

 

レディースデーは女性限定で、多くの映画館で1100円からの割引が適用され、

主に水曜日や木曜日に設定されています。

 

一方、メンズデーも男性限定で同様の割引がありますが、

設けている映画館が少ないため事前確認が必要です。

 

年齢別割引サービス

映画館では年齢に応じて様々な割引があります。

シニア割引: 60歳以上(一部は55歳以上)で、

証明書があれば1100円で映画鑑賞可能。

学割: 中・高校生(1000円)、大学生(1500円、学生証提示)、

小学生(1000円)、幼児(3歳以上、1000円または900円)で割引が適用されます。

夫婦50割: 夫婦のどちらかが50歳以上の場合、

1人あたり1100円または1000円で映画鑑賞が可能です。

映画館によっては独自の割引サービスを実施している場合もあるため、詳細は各映画館のホームページで確認をお勧めします。

 

映画鑑賞の魅力を再発見しよう

日本の映画界では近年、ヒット作や個性的な映画が数多く上映されています。

洋画の大作や家族で楽しめる映画、

アニメ作品など、さまざまなジャンルの映画が楽しめます。

 

しばらく映画館を訪れていない方は、

12月1日の映画の日を機に映画館での体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

お得な料金やイベントを活用して、映画の大迫力をスクリーンで体感してみましょう。

映画館は平日ガラガラでも何人入れば儲かるのか?
最近、久しぶりに映画館で映画を観ました。子供が小さかった頃は家族でディズニーやポケモンの映画を観ていましたが、一人で映画館に行くのは何十年ぶりでした。そこで味わったキャラメルポップコーンは格別でした! 平日の映画館はかなり空いていて、10人...
驚き! ポップコーンの原価・製造コストがここまで安いなんて!?映画館が販売する理由も考察!
実はポップコーンの製造コスト、それはいくらなのでしょうか? さて、ポップコーンを作るための費用は実際にはどのくらいなのでしょうか? ほんとうにポップコーンの原価はこれだけ!? まず、ポップコーン用のトウモロコシの販売価格は大体1kgあたり3...
タイトルとURLをコピーしました