PR

クリスマスプレゼントのおすすめの隠し場所を7つ紹介!

99:雑記・その他
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

クリスマスの時期は、子供たちにとってサンタクロースからのプレゼントを待ちわびる特別な時です。

 

子供たちがサンタクロースに夢を抱いている間は、

その夢を大切に守りたいですよね。

 

しかし、サンタクロースの存在を疑わせるような出来事は、

子供たちの夢を一瞬で終わらせてしまうかもしれません。

 

例えば、事前に用意したプレゼントを子供に見つかってしまったり、

プレゼントを置く際に子供に目撃されたりすると、サンタクロースの魔法は解けてしまいます。

 

クリスマスプレゼントは、特に人気のアイテムは早めに売り切れることがあるため、

事前に準備しておくことが重要です。

 

しかし、事前に購入したプレゼントをどこに隠しておけば子供に見つからないか、

毎年悩む親御さんも多いでしょう。

 

この記事では、クリスマスプレゼントを隠すためのベストな場所や、

隠す際のコツなどをご紹介します。

 

お子さんの夢を守るためにも、ぜひ参考にしてください。

 

クリスマスプレゼントの隠し場所7つ

クリスマスプレゼントを子供たちに見つからないように隠すのは、

親にとって毎年の挑戦です。

 

子供たちは意図せずとも家の中を探検し、

思わぬところでプレゼントを見つけることがあります。

 

ここでは、サンタ役のお父さん、お母さんが実際に利用して効果的だった隠し場所をいくつか紹介します。

 

1. 車のトランク

大きなプレゼントも隠せる便利な場所。

しかし、子供がトランクを開けた際に見つかってしまう

可能性もありますので注意が必要です。

 

2. 下駄箱の最上段

背の低い子供には手が届かない下駄箱の最上段は、

小さなプレゼントを隠すのに適しています。

 

3. 車庫や物置

鍵をかけられる車庫や物置は、

子供たちが普段立ち入らない場所であれば、

安全な隠し場所となります。

 

4. 衣装ケース

家のどこにでもある衣装ケースは、

押し入れやクローゼットの奥に置かれていることが多く、

子供が開けることはほぼありません。

布類で包んで隠すとさらに安心です。

5. 布団の奥

客用の布団や座布団の奥に隠すのも一つの方法です

。カモフラージュするために毛布やシーツを活用しましょう。

 

6. 実家

近くに実家がある場合、そこを利用するのも良いでしょう。

祖父母に協力を仰ぐことで、

子供たちの目から隠すことができます。

 

7. 会社のロッカー

家ではなく、会社のロッカーを利用するのも一つの手です。

クリスマスイブまでそこに保管しておけば、

子供たちの目に触れることはありません。

 

どの隠し場所を選ぶにしても、

クリスマスプレゼントらしさを消すためのカモフラージュが重要です。

 

段ボール箱や紙袋を利用し、一見してクリスマスプレゼントとは分からないようにしましょう。

特にクリスマス用の包装紙は避け、

子供たちが関心を持たないような見た目にすることがポイントです。

隠す際の注意点

クリスマスプレゼントを隠す際には、

子供たちの手の届く範囲に置かないようにすることが重要です。

 

子供たちは予想以上に好奇心旺盛で、

手の届くところにあるものは必ずチェックする可能性があります。

たとえダンボールや紙袋で覆っていても、

子供たちが中を覗くかもしれません。

 

また、プレゼントのラッピングを見られてしまったら、

サンタクロースの秘密がバレてしまいます。そのため、届かない高い場所に隠すことが推奨されます。

さらに、プレゼント購入時のレシートや紙袋を家のゴミ箱に捨てないことも重要です。

子供がゴミ箱の中身を見ることで、

購入したお店や商品がバレることがあります。

 

特にサンタクロースを疑い始める小学校低学年の年齢の子供には注意が必要です。レシートはすぐに破り、バレないように処分しましょう。

スポンサーリンク

自転車や大きなプレゼントの隠し方

自転車や大きなプレゼントをサンタクロースからのものとして隠すのは一筋縄ではいきません。

家の中に隠すのが難しい場合、

近所の信頼できる家庭に協力をお願いするのが一つの方法です。

ただし、子供がいる家庭は避け、子供がいない家庭に頼むと安全です。

普段からの良好なご近所付き合いが、このような時に役立ちます。

 

友人の例では、ご近所付き合いがなく、

自転車を近くの駐輪場に一時的に隠して、クリスマスイブの夜に自宅に持ち帰るという方法があります。

また、枕元に置けない自転車は、玄関や駐車場に置いておくのも良いでしょう。

リボンを枕元から玄関まで何個か置いておき、

子供を自転車の場所まで誘導するという演出も、

クリスマスの朝のワクワク感を高める素晴らしいアイデアです。

 

サプライズでプレゼントを渡す方法

子どもたちはクリスマスにサンタクロースに会えることを心待ちにしています。

直接会うことはできなくても、

サンタさんとの特別なやり取りを楽しむ方法があります。

クリスマスイブの夜、就寝前に子どもたちにサンタさん宛の手紙やお菓子を準備させ、

子どもたちが寝た後、それらをこっそりと取り除き、代わりにサンタさんからの返信とプレゼントを置きます。

 

朝、サンタさんからの返信とプレゼントを発見した子どもたちは、

きっと大喜びするでしょう。

子どもたちが「サンタさんはお菓子を食べたかな?」と尋ねたら、

話に乗ってあげてくださいね。

 

クリスマスプレゼントをうまく隠して子供の夢を守ろう

親として、子どもたちにはできる限り長くサンタクロースを信じてもらいたいものです。

 

年末は何かと忙しいですが、子どもたちのためにプレゼントをしっかり隠しておくことが大切です。

うまく隠せれば、子どもたちがサンタクロースを信じ続けることにつながります。

 

クリスマスの日には、

子どもたちをファンタジーの世界にどっぷりと浸らせてあげたいですね。

 

プレゼントを隠す際に失敗しないように、

親としてクリスマスまで頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました