PR

新幹線トイレのランプ表示の秘密!点灯と消灯が示す使用状況

99:雑記・その他
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

新幹線に乗っている際、トイレのドア付近に設置されているランプに注目したことはありますか?ランプが点灯しているか消灯しているかによって、トイレが利用可能かどうかが示されています。

実際にトイレに向かうと、もしそこで待たなければならないと面倒ですし、中に誰かがいて戻る必要があるのも同じくらい手間ですよね。このような状況を避けるために、今回は新幹線のトイレのランプの意味を詳しくご説明します!

新幹線トイレのランプサイン詳細解説!点灯と消灯の意味とは?

東海道新幹線の一部車両にはトイレ設備が備わっており、トイレ近くの自動ドアの側にはトイレのマークがあります。

このマークのランプが点灯している時は「使用中」、消灯している時は「空き」を示します。

このシステムは家庭のトイレと似ており、ランプが点灯していれば誰かが使用中、消灯していれば使用可能ということです。

ただし、新幹線の男性用トイレにはランプの点灯・消灯機能はなく、男性のトイレ使用時間が短いためランプ表示を省略しています。

新幹線トイレのランプが点灯する仕組みとは?

では、新幹線のトイレランプはどのようにして点灯・消灯しているのでしょうか?

実は、トイレの鍵の状態がランプの点灯・消灯を制御しています。

鍵を掛けるとランプが点灯し、鍵を開けると消灯します。鍵が閉まり金属部分が接触することで通電し、ランプが点灯するようになっています。

このメカニズムには「マイクロスイッチ」という部品が使用されており、非常にシンプルな構造です。

スポンサーリンク

新幹線トイレの非常用ブザーが鳴った場合のランプについて

新幹線のトイレには非常用ブザーも設けられています。これは、トイレ内で何か非常事態が起きた際に利用されます。

非常用ブザーを押すと、トイレの外に設置された天井ランプが赤く点灯し、トイレ周辺で警報音が鳴ります。同時に、どのトイレで非常ボタンが押されたかが新幹線の乗務員に通知され、対応に向かいます。

このシステムは、体調不良や扉の故障、トイレットペーパーが切れた場合など、多様な緊急時に活用されるように設計されています。

 

まとめ

終点に近づくほど新幹線の洗面所の利用者数が増加するのは、多数の旅客が下車する前に用を足そうとするためです。計画的に行動し、混雑の少ない時に済ませることをお勧めします。

特に小さいお子さまをお連れの場合、予想外の事態が発生する可能性がありますが、予め情報を知っておくことで対応がスムーズになります。安全を考慮して、新幹線が駅に停車している時はトイレの使用は控え、大切な貴重品は身に着けておくことが大切です。

新幹線のトイレ設備は進化しており、おむつ交換台などの清潔で便利な設備が整っていて利用者の快適さが増しています。お子さま連れでも安心して使えるような施設があります。

子供連れでは荷物も多くなりますし、他の乗客にも配慮が必要です。新幹線では多機能室を設けており、広々としたトイレスペースにはおむつ交換台もあり、授乳室としても利用できます。乗客の移動にも配慮した広いデッキや通路があり、子供連れの方には特に便利です。

多機能室の近くの駅にはエレベーターの設置など便利な設備が充実しています。これらの便利な機能を駆使して、新幹線での旅を快適にお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました