PR

電話番号の検索は個人宅も可能?ハローページでの確認方法と削除の手順を解説!

「仕事初め」と「仕事始め」はどちらが正しい?御用始めとの違いも分かりやすく解説!99:雑記・その他
この記事は約9分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

時代が進むにつれ、個人宅の電話番号を探すことは意外と可能になっています。例えば、昔の友人に連絡を取りたい、遠くの親戚に心配の連絡をしたいなど、様々な状況で個人の電話番号が必要になることがあります。

実は、個人宅の電話番号を見つける方法は多様です。その一つがハローページですが、それ以外にも方法は存在します。

この記事では、ハローページを利用した検索方法や他のアプローチを紹介します。また、自分の電話番号を公開したくない人向けの対策も解説します。

さらに、番外編として、見知らぬ番号からの着信があった際の相手の特定方法についてもご紹介します。

個人宅の電話番号を探す方法とハローページの現状

電話番号の検索を行う際は、相手に迷惑をかけないよう注意が必要です。特に、個人宅の電話番号を調べようと思った時、多くの方が思い浮かべるのがハローページでしょう。しかし、ハローページがどのようなもので、誰でも利用できるのか、安全性については疑問が残るかもしれません。

この記事では、ハローページをはじめとする電話番号の検索方法についてご紹介します。まず、ハローページに関する基本情報をご説明します。

ハローページの基本

ハローページは、NTTが提供する固定電話番号が掲載された電話帳で、50音順に整理されています。掲載されているのは、掲載希望を出した個人宅や企業の電話番号、名前、住所です。個人宅の情報は緑色の表紙の電話帳に、企業情報は青色の表紙の電話帳に掲載されています。

しかし、最近はハローページを目にする機会が減っています。実は、NTTは2021年10月以降、ハローページの発行及び配布を終了しているのです。終了時期は地域によって異なりますが、104番の番号案内サービスは継続されます。

発行と配布の終了にも関わらず、ハローページ自体の利用は可能ですが、最新情報が欠けるため、古い情報に注意が必要です。

ハローページの入手方法とその他の電話番号閲覧オプション

NTT東西の固定電話サービス契約者は、自宅設置地の都道府県内で、各電話番号につき1部ずつの個人名版と企業名版のハローページを無料で入手可能です。しかし、これを超える部数を希望する場合は追加料金がかかります。また、ただNTT回線を契約しているだけでは自動的に配布されず、事前予約が必要です。NTT回線を契約していない方でも、ハローページの予約と入手は可能ですが、その場合は1冊から有料になります。契約者も非契約者も、NTTタウンページのウェブサイトを通じて電話帳の検索と予約ができます。

即座にハローページを閲覧したい場合、予約や購入を行わずにアクセス可能な場所があります。それは公立図書館です。ただし、全ての図書館にハローページがあるわけではないため、NTTタウンページの「全国電話帳閲覧場所一覧」をチェックすることをお勧めします。

ネットの電話帳

ハローページの個人名版での電話番号検索が可能であることが分かりますが、ハローページを直接入手するためには予約や購入、あるいは公立図書館への訪問が必要です。もっと手軽な方法としてインターネットを利用する選択肢もあります。ネットでの個人宅の電話番号検索が可能かどうかを調べてみると、驚くべきことに、過去のハローページ個人名版がネットで閲覧できることが判明しました。「ネットの電話帳」では、2000年、2007年、2012年のハローページ掲載の電話番号が無料で検索できます。全ての情報は、ハローページに掲載されていた当時のままで、トップページから都道府県、市区町村、地域名を経由して最終的にその地域の電話帳を閲覧することが可能です。名前だけが分かる場合でも、トップページの検索窓に名前を入力すると、同じ名前の一覧から電話番号、名前、住所を確認できます。有料版も存在しますが、定期的に閲覧する必要がなければ無料版で十分です。手軽に調べたい場合は、ネットの電話帳の無料版が最も迅速です。

「TELECORE」

また、「TELECORE」というサービスも紹介します。こちらは完全に有料で、会員登録が必要です。ハローページは年1回の発行が一般的ですが、TELECOREは新しい情報が反映されるたびにデータベースを更新しています。このサービスは、ハローページに基づいて独自の技術で情報を自動修正し、検索データを構築していますが、部分的な変換ミスがあり、ハローページと比較してヒット率が低い場合があります。ただし、さまざまな検索方法で電話帳を調べることができるため、多くの利用者にとって便利なサービスです。

「電話帳CSV販売.jp」

最後に、「電話帳CSV販売.jp」を紹介します。このサイトでは、ハローページの個人名版と企業名版をCSVデータ形式で販売しています。個人名版のみ、企業名版のみ、両方を含む複数のパッケージが用意されており、購入者のニーズに応じて選択できます。さらに、業種別、個人事業主、新規流入など、さまざまな種類のCSVデータが販売されています。電話帳CSV販売.jpは、主にビジネス向けに販売されているサービスで、特に新規営業に役立ちます。

スポンサーリンク

個人宅の電話番号を素早く検索する方法と104番利用の詳細

個人宅の電話番号をすばやく調べたい時、104番という番号案内サービスが非常に便利です。以前「ハローページとは」のセクションで少し触れたこのサービスですが、まだ多くの方には知られていないかもしれません。104番を利用すれば、電話一本で欲しい電話番号を知ることが可能です。ここでは、104番についてもっと詳しく説明します。

104番のサービス概要

104番は、NTTが提供する番号案内の有料サービスです。このサービスを使うには、単に104に電話をかけ、知りたい人物の名前や企業名、住所を伝えるだけで、その電話番号が案内されます。NTT回線だけでなく、他の電話回線や携帯電話からもアクセス可能ですが、ハローページに掲載されている、または104番に登録されている番号に限られます。名前や住所が不完全でもできる限り対応してくれますが、少なくとも名前の一部が必要です。

104番の利用料金

104番を利用すると、案内が成功した場合のみ問い合わせ1件ごとに料金がかかります。料金は使用する時間帯や利用回数によって異なるため、料金体系を事前に確認しておくと良いでしょう。公衆電話から利用した場合、一律100円(税込)がかかりますが、案内できなかった場合や、緊急時の問い合わせ、災害時の公衆電話からの利用は無料です。

自然災害などでスマートフォンが使えなくなった場合にも重宝します。親戚などの個人宅の電話番号を調べる際は、名前や大まかな住所が分かっていれば問い合わせ可能です。

NTTタウンページでの番号案内削除・停止の手続き

104番の番号案内は便利ですが、プライバシーの問題もあります。他人の電話番号を不正利用することは絶対に避けなければなりません。ハローページに掲載されている電話番号の削除を希望する場合は、次の方法があります。最も迅速なのは、局番なしの「106」に直接電話することですが、接続が難しいこともあります。また、NTTタウンページのお問い合わせフォームから連絡を取る方法や、タウンページ顧客相談センターに電話をする方法もあります。これらの手段を通じて、番号案内の停止やハローページからの掲載削除の要望が可能です。

個人宅の電話番号を異なる方法で調べる方法と番外編

これまでに紹介した個人宅の電話番号検索方法は、一部有料だったり、時間がかかる場合があります。そこで、住所以外の情報から電話番号を検索する方法や、直接連絡を取る方法をご紹介します。また、知らない番号からの着信に対処するための番外編も含めてお伝えします。

1.GoogleやYahooの活用(検索エンジン)

迅速に個人宅の電話番号を検索するなら、GoogleやYahooの検索エンジンが最も手軽です。意外に思われるかもしれませんが、これらの検索エンジンでは個人宅の電話番号が検索可能です。これは、GoogleやYahooが同様のデータベースを使用しているためです。「ネットの電話帳」などのキーワードで検索すると、名前と住所から電話番号を見つけることができます。また、「フルネーム 電話番号」のように検索することで、個人宅の電話番号も表示されることがあります。

2.Facebookの利用

Facebookを使っている方は、メッセンジャー機能を利用して連絡を取ることが可能です。Facebookは実名での交流が基本であり、偽名での登録は規約で禁じられています。そのため、検索対象の人物がFacebookに登録していれば、メッセージを送ることができます。これには、まずFacebookへの登録が必要です。

・番外編① JPnumberの活用

知らない番号からの着信を受けた経験は多くの人が持っています。そんな時に役立つのが、JPnumberというサイトです。このサイトでは、電話番号を入力すると、その番号に関する情報や他人の口コミが確認できます。迷惑電話や怪しい電話番号を特定するのに便利です。

・番外編② 電話帳ナビの利用

もう一つの無料サービスは、「電話帳ナビ」です。JPnumberと同様に、迷惑電話や怪しい番号の特定に使えます。このサイトの特徴は、無料の会員登録を行うと、追加の機能が利用できる点です。個人と事業者で利用できる機能が異なり、例えば個人ユーザーはブックマーク機能を利用できるようになります。

まとめ

ここまでいかがだったでしょうか。

最後にまとめると以下のようになります。

個人宅の電話番号を調べる方法はいくつか存在します。緑色の表紙を持つハローページ個人名版は、個人宅の電話番号を探す際に役立ちます。この電話帳は事前予約によって入手することができ、また公立図書館での閲覧も可能です。

さらに、ネット上では「ネットの電話帳」、「TELECORE」、「電話帳CSV販売.jp」といったサイトを利用して、ハローページの情報を確認することができます。迅速に個人宅の電話番号を知りたい場合は、104番の番号案内サービスに電話するのが最も速い方法です。

番号案内の停止やハローページからの掲載削除を希望する場合は、最初に局番なし106に電話して手続きを行うことができます。インターネットでの検索では、GoogleやYahooで「フルネーム 電話番号」を入力すると、該当する個人宅の電話番号が見つかる可能性があります。

住所や連絡先が不明でも、Facebookを使えば、メッセンジャー機能を通じて連絡を取ることが可能です。また、知らない番号からの着信に対しては、「JPnumber」や「電話帳ナビ」を利用して、その番号の持ち主を調べることができます。

104番の番号案内サービスを利用する場合、有料で一件ごとに料金がかかります。費用をかけたくない場合は、ネット検索や上記のサイトを活用すると良いでしょう。ただし、電話帳に掲載されている人のみが検索できるため、必ずしも目当ての個人宅の電話番号が見つかるとは限りません。その場合、Facebookで名前を検索し、該当する人物がいればメッセージを通じてコンタクトを取ることもできます。

タイトルとURLをコピーしました